歩く時にかかとが痛い!痛みの原因と施術法

歩く時にかかとが痛い!痛みの原因と歩きやすい踵にする方法
Pocket

歩く時にかかとが痛い。

こういう症状があると毎日困りますよね。でも、そもそもなぜかかとが痛くなるのでしょうか?そして、どう対処すれば良いのでしょうか?

歩く時にかかとが痛いという症状の原因と対処法についてまとめましたのでご参考下さい。

1 かかとが痛いのはここが原因

歩く時にかかとが痛いという症状の原因は多くの場合アキレス腱にあります。

アキレス腱というのはかかとの骨に付いています。そして、このアキレス腱が疲労して固まってしまっていると歩く時にかかとが痛いという状態になることが多いのです。

レントゲンの検査で骨折がない、また捻挫をした覚えも全くない。でも歩く時にかかとが痛いという状態ならほぼ間違いなくアキレス腱が固まっていることが原因と考えられます。

2 アキレス腱が原因でかかとが痛い場合はどうすれば良いの?

骨折や捻挫がなく、アキレス腱が固まってしまっていることが原因で踵が痛いという場合、楽に歩けるようになるためには、固まったアキレス腱を緩めることが必要です。

また、アキレス腱はふくらはぎの筋肉とつながっていますから、ふくらはぎの筋肉も固まってしまっている場合同じく緩める必要があります。

原因になりやすい部分を写真で紹介します。

かかとの痛みの原因になりやすい部分

かかとと、ふくらはぎに印を付けています。

この辺りが痛みの原因になりやすい部分です。この班員の中で固まってしまっている部分がある場合、そこを緩めることがスムーズに歩けるようになるために必要なことになります。

3 かかとの痛みとトリガーポイント鍼療法

固まってしまったアキレス腱や筋肉がかかとの痛みの原因になっている場合、それらを緩めることが必要だということをお伝えしました。

では、どういう対策があるのというと、方法の1つにアキレス腱や筋肉に直接施術をすることが出来るトリガーポイント鍼療法があります。

一般的な鍼の施術とは異なり、固まって痛みの元となっている筋肉や腱に施術を行う療法です。ですから、固まってしまったアキレス腱やふくらはぎの筋肉が原因でかかとが痛いという場合施術が可能ということがとが言えるのです。

施術をする部分は先ほど写真で紹介したようなかかと周囲、ふくらはぎなどに対して行います。

4 歩く時にかかとが痛い症状に対してのセルフケア

かかとが痛い症状に対してセルフケアはないかな?と思う方も多いと思います。

そこで、簡単に取り組めることを紹介します。

  • ふくらはぎを伸ばす
  • かかと周囲に湿布を貼る
  • ふくらはぎやアキレス腱のマッサージ

こういったことなら誰でも簡単に取り組めるかと思います。

ただし、やり過ぎには注意してくださいね。また、湿布でかぶれやすい方は市販の塗り薬でも構いません。

5 かかとの痛みがある時に気を付けて欲しいこと

かかとの痛みがある時に気を付けて欲しいことは、痛みがあるのを我慢し続けることです。

例えば、固まったアキレス腱や筋肉が原因でかかとに痛みが出ている場合、痛みを我慢しながらでも動いていると一時的に痛みが軽くなることがあります。

そうすると、放っておいても大丈夫かな?という気持ちになりがちです。

ですがこれは、無理に動いている結果固まった部分が少しほぐれるので一時的に痛みが少し軽くなるというだけです。こういうことを続けていると痛みはドンドン増してしまいます。

ですから、気になるようなら早い段階から病院を受診したり、治療院での施術を受けるのが良いですね。

まとめ

  • 歩く時にかかとが痛いという場合、原因の多くはアキレス腱やふくらはぎの筋肉が固まったことにある
  • アキレス腱や筋肉が固まったことでかかとが痛い場合、それらを緩めることが楽に歩けるようになるために必要
  • 固まったアキレス腱や筋肉への対策の1つとしてトリガーポイント鍼療法がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。