背中や肩甲骨周りが痛むのはなぜ?考えられる原因と症状の対策まとめ

背中や肩甲骨周りが痛むのはなぜ?考えられる原因と症状の対策まとめ
Pocket

背中や肩甲骨周りが痛い。

こういう症状の原因には何が考えられるのでしょうか?単純に背中の筋肉が原因の場合もあればそれ以外のこともあります。

複数考えられる背中の痛みの原因やその対策についてまとめました。

1 背中や肩甲骨周りが痛む原因は?

背中の痛みの原因

背中や肩甲骨周りが痛む場合に考えられる原因を挙げていきたいと思います。

1-1 筋肉が原因の場合

背中や肩甲骨周りの痛みは筋肉が原因の場合があります。

簡単に言うと、筋肉が肩こりのように凝っている状態であったりもっとひどく固まってしまっている状態の場合です。

筋肉が原因の場合、背中や肩甲骨周りの筋肉だけではなく首や肩などの筋肉が原因で背中に痛みが出ることも珍しくはありません。

1-2 内臓が原因の場合

内臓が原因で背中に痛みが場合があります。

どの臓器が病気になると背中に痛みが出るのかいくつか例を挙げてみます。

膵臓

膵臓が原因で背中に痛みが出る時に考えられるのは、膵炎や膵臓がんの場合です。

腎臓

腎臓が原因で背中に痛みが出る時に考えられるのは、腎盂腎炎や腎結石の場合です。

心臓

心臓が原因で背中に痛みが出る時に考えられるのは、狭心症や心筋梗塞の場合です。

血管

血管が原因で背中に痛みが出る時に考えられるのは、急性大動脈解離の場合です。

腸が原因で背中に痛みが出る時に考えられるのは、十二指腸潰瘍の場合です。

※一般的に考えられる病名を挙げていますので予めご了承下さい。

1-3 骨格系が原因の場合

骨格系が原因で背中に痛みが出る場合は、脊髄腫瘍や骨粗鬆症などが考えられます。

2 背中の痛みの原因になる筋肉はここ

背中や肩甲骨周りの痛みの原因は筋肉や内臓、骨格系と原因が複数考えられます。ここからは、筋肉が原因の場合についてお伝えしていきます。

筋肉が原因で背中や肩甲骨周りに痛みが出る場合、どの筋肉が原因になりやすいのかを紹介します。

写真をご覧下さい。

首や肩の筋肉のトリガーポイント

1 首や肩の筋肉

背中と肩甲骨周りのトリガーポイント

2 背中・肩甲骨周りの筋肉

首の前のトリガーポイント

3 首の前の筋肉

3枚の写真にそれぞれ赤い丸で印を付けています。

この部分にある筋肉が肩こりのように凝ってしまったり、さらに固まったしまった状態になると背中の痛みになります。

写真の1と2は背中の痛みの原因になるというのは分かるかと思います。ですが、3はいかがでしょうか。ちょっとイメージしにくいかもしれません。

ですが、首の前にある筋肉が固まってしまうことで背中や肩甲骨周囲、さらには肩甲骨から脇の下にかけて痛みが出るようになることもあります。

背中が痛い、だから原因は背中だとしてしまうと背中以外の筋肉や内臓、骨格系の原因を見逃してしまうので注意しましょうということですね。

3 背中の痛みの対策

背中の痛みの原因にはいろいろな要因があることをお伝えしました。

ここからは背中の痛みの対策についてなのですが、筋肉が原因の場合についてお伝えしていきたいと思います。

3-1 マッサージ

筋肉が固まったことで背中に痛みが出ている場合、マッサージをすることは構いません。

ただし、長時間強くマッサージし過ぎると後から痛みが増すこともありますから気をつけて下さい。

3-2 背中や肩甲骨周りの筋肉を伸ばす

マッサージと同様、筋肉を伸ばしてあげることも良いでしょう。

ただし、こちらもやり過ぎたり強引に力任せに行うのは良くないので注意して下さい。

3-3 運動療法

運動療法というのは、簡単に言うといわゆる体操とお考え下さい。

首や肩周りの筋肉を動かす体操が多々あると思います。その中でご自身に合った物を選んで行ってみて下さい。

ただし、運動療法は比較的痛みが軽くなってから行うのが良いでしょう。

4 筋肉が原因の背中の痛みに対するトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

背中が痛む場合に鍼治療はどうなのか?と思った方もいると思います。

当院のような鍼灸院でも背中の痛みに対しての施術は行っております。特に筋肉が原因で痛みが出ている状態に対しては筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

通常、鍼治療というとツボを思い出す方が多いと思います。実際、ツボに対して鍼の施術をして背中の痛みに対する施術を行っている鍼灸院も多くあります。

ですが、トリガーポイント鍼療法では先ほど写真で紹介した筋肉の中から背中や肩甲骨周りの痛みの原因になっている筋肉に対して鍼の施術を行います。

背中の痛みに対する治療方法はたくさんありますが、鍼治療もそのうちの1つだということを知ってもらえればと思います。

5 背中の痛みがある時にまずすべきこと

病院

背中の痛みがある時に最初にすべきことは病院を受診することです。

軽い痛みだからとか、そのうち良くなるのではと考えてしまうのはよく分かります。日々忙しいと特に病院に行く時間がないという方も多いでしょう。

ですが、背中の痛みが単に筋肉が固まった状態であれば症状としては痛みはあるけれどもまだ安心できます。

ですが、内臓が原因で痛みが出ていることも多々あります。こればかりは病院で検査等を受けなければ分かりません。

ですから、軽く考えすぎてしまうのは少々問題です。忙しいかもしれませんが早めに受診するのが良いですね。

まとめ

  • 背中や肩甲骨周りが痛む原因には筋肉、内臓、骨格系など複数考えられるものがある
  • 筋肉が原因で背中の痛みがある場合はトリガーポイント鍼療法という施術がある
  • 背中の痛みを感じたらまずは病院を受診することが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。