こんな状態が続いているのなら

LINEで送る
Pocket

坐骨神経痛でお尻からふくらはぎにかけて痛む。

湿布を貼ってもダメなのでロキソニン・リリカを飲む💊

でも痛い・・・。

こんな状態が続いているのなら知って欲しいことがあります。

それは、坐骨神経痛は神経圧迫が原因ではないということ

朝起きた直後は痛むけど、動いているとふくらはぎの痛みが徐々に治まってくる。

この状態は筋肉が原因の痛み。

なぜなら、神経圧迫が原因なら動いていて治まることはないからです。

神経圧迫の状態は24時間同じ。でも動くと痛みが治まってくるって変でしょ🤔

つまり、筋肉の状態に影響されている証拠。

固まった筋肉が原因の場合、湿布もロキソニンもリリカも効きません

なぜなら、それらには固まった筋肉をゆるめる作用がないから。

筋肉が原因なら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法があります。

痛みの原因になっている筋肉に鍼をする方法。

湿布や薬が悪いのではなく、痛みの原因が筋肉なら治療方法が合っていないのです。

湿布、薬で痛みが変わらないなら、一度筋肉への施術を試してみてください。

大丈夫ですよ😊

■施術をご希望の方はご予約ください■

ご予約はホームページからどうぞ

————————————
無料レポートプレゼント中
————————————

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症などで、朝起きた時は腰や足が痛い。

そんな方向けの無料レポートです。

ご希望の方は公式LINEに登録してくださいね。

🎁無料レポート🎁

🔻こちらからどうぞ🔻

「朝起きた時に体がガチガチで腰やお尻が気になる方のためのセルフケアレポート」

🍀プロフィール

プロフィールはこちら

🍀三宅鍼灸院のホームページ

ホームページはこちら