前屈して手が床につかないのは良い?悪い?

LINEで送る
Pocket

前屈して床に手がつかないどころか指先すら届かない。

なんなら床まで10センチ以上ある。

これって良いことでしょうか?悪いことでしょうか⁉️

結論から言うと、良い・悪いはありません。どちらでもOK。

例えば腰痛の方で前屈して手がつかないと悪いように思えますよね。

でもね、その判断基準で考えなくても大丈夫ですよということを知って欲しいのです👍

なぜなら、床にベタって手がつく人でも腰痛になることはあります。

ほとんどつかない人で腰痛が全くない人だっています。

なので、床に手がつくのが良くて、つかないのが悪いという基準で判断はしなくて良いですよということ。

床に手がついても・つかなくても、痛みのない状態が続いていればOKです⭕️

無理して床に手をつけようとするのではなく、痛みのない状態を維持することが大事。

そのためには、床に手がつかなくても別にいいので、筋肉の疲れをためないようにすること。

こういう基準で考えも大丈夫ということを知ってもらえればと思います。

大丈夫ですよ😊

■施術をご希望の方はご予約ください■

ご予約はホームページからどうぞ

————————————
無料レポートプレゼント中
————————————

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症などで、朝起きた時は腰や足が痛い。

そんな方向けの無料レポートです。

ご希望の方は公式LINEに登録してくださいね。

🎁無料レポート🎁

🔻こちらからどうぞ🔻

「朝起きた時に体がガチガチで腰やお尻が気になる方のためのセルフケアレポート」

🍀プロフィール

プロフィールはこちら

🍀三宅鍼灸院のホームページ

ホームページはこちら