脊柱管狭窄症で足の痛みと仰向けで寝られなかった男性

LINEで送る
Pocket

脊柱管狭窄症の男性の施術例です。

ご来院時の症状は

歩くと腰から太ももの前側にかけて痛み。
足を少し引きずり気味。
腰が痛くて仰向けになれない。

という感じ😣

この方の場合、確かにMRIの画像上は狭窄症とのことでした🏥

でも、ホントの原因は筋肉にありました。そのため鍼で施術。

今も施術を継続している途中ですが、こんな風になりました。

歩行時の足の痛みはかなり軽減。
足を引きずることはない。
横向きでしか寝られなかったが仰向きができるように。

という感じ👍

まだ少し痛みは残っている様子ですが、このまま施術を続ければ大丈夫です。

狭窄症で神経が原因なら神経への治療が必要。

でも、痛みの本当の原因が筋肉なら筋肉への施術をすればこうなれます。

そして、施術を続けることで元通りに。

大丈夫ですよ😊

■施術をご希望の方はご予約ください■

ご予約はホームページからどうぞ

————————————
無料レポートプレゼント中
————————————

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症などで、朝起きた時は腰や足が痛い。

そんな方向けの無料レポートです。

ご希望の方は公式LINEに登録してくださいね。

🎁無料レポート🎁

🔻こちらからどうぞ🔻

「朝起きた時に体がガチガチで腰やお尻が気になる方のためのセルフケアレポート」

🍀プロフィール

プロフィールはこちら

🍀三宅鍼灸院のホームページ

ホームページはこちら