効かないじゃない、作用がないんだ

LINEで送る
Pocket

腰のヘルニアになり、ロキソニンを処方してもらって飲んでいる方は多くいます。

ロキソニン自体は良い薬です💊

でも、飲んでも痛みが変わらないという場合ありますよね。ちゃんと飲んでても痛いと、効いてないのかな?って思いますよね😫

この場合、効いてないんじゃなくて、そもそも作用がないと考えるのが良いことが多いです。

なぜなら、ロキソニンは消炎鎮痛剤といって、炎症が原因で起きている痛みに作用がある薬です。

でも、痛みの原因が筋肉にある場合はそもそも作用がありません。

ヘルニアで痛みが出ている場合でも、その原因は実は筋肉にあることは多いです。こういう筋肉が原因の痛みのことを筋膜性疼痛症候群と言います。

筋肉が原因なのにロキソニンを飲むというのは、熱がないのにバファリンを飲むのと同じと言えばイメージしやすいでしょうか。

ロキソニンが必要な場合はあります。

でも、不要な場合があるのも事実。

何でも筋肉が原因とは言いませんが、何でも炎症が原因で痛みが出ているわけでもないのです。

ご参考くださいね😊

■施術をご希望の方はご予約ください■