坐骨神経痛でイスに当たる部分が痛むなら

LINEで送る
Pocket

坐骨神経痛になり、イスに座るとお尻の当たる部分が痛い。

この痛み困りますよね。座っていられないし、湿布も貼りにくい場所だし。さらに痛み止めを飲んでも変わらないし💊

こんな時は、痛む部分ではなく他に原因があることが多いです。

例えば、イスに当たる部分より少し上の方にある筋肉に原因があることは多いです。

さらには、腰の筋肉が原因でお尻のイスに当たる部分に痛みが出ることだってあります。

こういった筋肉が原因の場合、湿布も痛み止めも残念ながらあまり意味がありません。

なぜなら、どちらも筋肉に対しては作用がないから。

筋肉が原因なら、やはり筋肉そのものへの対策が良いですね。

当院ではこういう痛みに対して、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

痛くてイスに座っていられないので仕事に集中できないという方は一度お試しください。

参考になれば嬉しいです😊

■施術をご希望の方はご予約ください■