リリカを飲んでも坐骨神経痛が変わらないのはなぜか

LINEで送る
Pocket

坐骨神経痛でお尻から足にかけて痛みがある場合、リリカという痛み止めが処方されることが多くあります💊
 
ただ、ちゃんと飲んでいるのに痛みが変わらないと不安ですよね😨
 
そこで、飲んでも変わらない場合の理由を解説します。痛いのは嫌だと思いますが、理由が分かれば少し安心につながるのではないかと思います。
 
リリカはすごく簡単に言うと、神経に対して作用があるお薬です。
 
なので、坐骨神経痛で痛みの原因が神経にあるならリリカは作用があります。
 
ですが、坐骨神経痛というのは名前だけで、実は筋肉に原因がある痛みの場合には残念ながらリリカを飲んでも変わりません😵
 
なぜなら、筋肉が原因の痛みは筋肉が固まったことで出ます。この時必要なことは筋肉が緩んで元の状態に戻ること。
 
でも、リリカは神経に対して作用がある薬なので、筋肉をゆるめる作用がありません。
 
だから飲み続けても変わらない。そして、変わらないなら筋肉が原因と考えることができるわけです。
 
朝起きた直後は痛い、歩くとだんだん痛くなる、長く座っていると痛みが出てくる。
 
こんな状況は筋肉が原因。そのため、リリカを飲んでも変わらないことになるのです。
 
こう考えると、ちゃんと飲み続けても変わらない理由がおわかりいただけたかと思います。
 
ご参考くださいね😊
 

■施術をご希望の方はご予約ください■