肘の痛み

肘の痛み

野球肘で湿布を貼るならどこがいい?湿布の効果やその他の対策まとめ

野球肘になると肘の内側に痛みが出ます。この場合、湿布を貼るならどこが良いのでしょうか?肘の内側だけで良いように思うかもしれません。ですが、他にも貼ると良い場所があります。その場所について解説をしています。また、湿布の作用やその他の対策についても紹介していますのでご参考ください。
肘の痛み

野球肘の痛みにロキソニンが効かないのはなぜ?理由とその他の対策について

野球肘になると肘の内側が痛みます。この痛みがある時に、ロキソニンという痛み止めの薬を飲んでも痛みが治まらないことがあります。痛み止めなのに飲んでも痛いままなのはなぜでしょうか?実はこの場合、ちゃんとした理由があります。では、その理由は何か?そして、ロキソニンが効かない場合はどうすれば良いのかについて解説しています。
肘の痛み

野球肘になるとどういう症状が出るの?よくある症状の原因や対策などまとめ

野球肘という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。では、具体的にどういう症状かというと、何となくは分かるけど詳しくは知らないという状況ではないでしょうか?そこで今回は、野球肘になった場合によく見られる症状、そして、痛みの原因は何なのか?などについて解説をしています。
肘の痛み

肘の痛みのため料理ができない方に知って欲しい原因や対策6項目

肘の痛みがあるため、料理ができない。 フライパンを振ったり、包丁で固い野菜を切る時も痛みがあるため毎回困る。 こういう状況だと、普段料理をする方はもちろん、仕事で料理をする方も困ってしまうと思います。 そんな肘の痛みですが...
肘の痛み

野球肘で肘の内側が痛む時のトリガーポイント鍼療法

野球肘で肘の内側が痛む。レントゲンでは骨や関節には異常なし。でも、肘を曲げ伸ばししたり、腕に力を入れた時に痛む。また、顔を洗うという力のいらない動作でも痛むことがある。そんな時の原因は腕の筋肉にあります。そして、筋肉が原因で痛む状態にはトリガーポイント鍼療法という施術があります。筋肉が原因の痛みにトリガーポイント鍼療法をする理由や、野球肘の痛みに付いて解説をしています。
肘の痛み

テニス肘で筋トレしても大丈夫?適切なタイミングや鍛えてはいけない時について

テニス肘で肘の外側が痛む場合、筋トレで鍛えることをしても大丈夫でしょうか?鍛えれば良いようなイメージがあるとは思います。ですが、痛みがある場合、鍛えることで悪化することも多いです。では、どういう状態なら鍛えても良いのか?逆に行けないのはどういう時か?などについて解説をしています。
肘の痛み

テニス肘の痛みにはアイシングすれば良い?冷やす理由やその他の対策まとめ

テニス肘で肘の外側が痛む場合、アイシングをして冷やすことは有効でしょうか?アイシングに関しては、良い・悪いではなく、有効な場合とそうではない場合があると考えるのが良いですね。なぜなら、テニス肘と言っても痛みの元が1つではないからです。では、テニス肘にアイシングが有効なのはどんな時か?また、不要なのはどんな時でその場合は他の対策として何があるのか?などについて解説をしています。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/triple406/m-shinkyu.com/public_html/wp-content/plugins/jstorkfooter/jstorkfooter.php on line 179
タイトルとURLをコピーしました