肘の痛み

肘の痛み

テニス肘になり雑巾絞りの動作で痛む時の原因と肘の痛みに必要なこと

テニス肘で雑巾やタオルを絞る時に肘の外側が痛む。この場合、肘の関節が原因と思うかもしれませんが実は原因は他にあります。そして、その場合に必要な対策もあります。では、絞る動作で痛みが出る場合の原因は何か?そして、どうすれば良いのか?などについて解説をしています。
肘の痛み

テニス肘でやってはいけないことは?理由や痛みについての解説

テニス肘で肘の外側が痛む場合、やってはいけないことがいろいろあります。良いと思ってやっていることが、実は痛みを増したり、長引かせる原因になっていることもあります。では、どういうことをやってはいけないのか?そしてその理由は?などについて解説をしています。
肘の痛み

テニス肘で肘を曲げると痛い!原因や曲げやすくするために必要なこと

テニス肘になり、肘を曲げると痛みが出る。こういう場合の原因は、筋肉にあります。筋肉に原因があるということは、湿布や注射では効果がないことが多いです。では、筋肉が原因の痛みはどうすれば良いのか?また、湿布や注射はなぜ効果がないのか?などについて解説をしています。
肘の痛み

テニス肘の痛みは冷やす?温める?どちらが良いのかとその理由について

テニス肘の痛みは冷やす方が良いのか?温める方が良いのか?どちらが良いのか迷うかもしれません。ですが、この場合どうすれば良いかという答えはちゃんとあります。そしてその理由もあるのです。テニス肘で冷やすか温めるかで迷っている方はご参考ください。
肘の痛み

テニス肘の痛みが治らない時に考えられる理由とそんな時の対処法

テニス肘の痛みが治らない場合、なぜ痛みが続くのか気になりますよね。実はこの場合に考えられる理由はちゃんとあります。そして対策もあるのです。湿布を貼っても痛み止めを飲んでも痛いまま。そんな方に知って欲しいテニス肘の痛みの理由について解説をしています。
肘の痛み

テニス肘で湿布を貼ると良い場所はどこ?湿布の貼り方や効果について

テニス肘になり、肘の外側が痛む。この場合、湿布を貼るならどこが良いかというと、痛みを感じる部分に貼るのが基本的には良いです。ただ、それ以外にも貼ると良い場所があります。その理由は何か?また、湿布を貼っても効かないことがあるのはなぜか?などについて解説をしています。
肘の痛み

テニス肘の原因になりやすい筋肉と具体的な対策など9項目

テニス肘で肘の外側が痛む。そんな時、痛みの原因は筋肉にあります。炎症が原因の場合もありますが、動作に伴って痛むなら筋肉が原因。では、どの辺りの筋肉が原因になりやすいのか?そして、筋肉が原因の痛みならどういう対策をすれば良いのか?などについて解説をしています。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/triple406/m-shinkyu.com/public_html/wp-content/plugins/jstorkfooter/jstorkfooter.php on line 179
タイトルとURLをコピーしました