頚椎ヘルニアになったら気を付けて欲しいやってはいけないこと11選

バツ
Pocket

頚椎ヘルニアになったらやってはいけないことがあります。

ただ、やってはいけないと言われても、知らずにやってしまっていたとか、そもそも何がダメで何がいいのかなんて分からない。

おそらくこういう方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、頚椎ヘルニアの方がやってはいけないこととその理由、さらにどうすればいいのか?について解説しています。

1 痛みが強い時に筋トレをやってはいけない

ダンベル

頚椎ヘルニアの痛みが強い時は、筋トレはしないでください。

頚椎ヘルニアの原因は神経だけではなく、固まった筋肉にもあります。筋トレをするということは、その固まった筋肉も使うということ。

痛みの原因になっている固まった筋肉をさらに使うと、後から痛みが強くなったり症状が長引いたりしますのでしないでください。

筋トレ自体は良いことですが、頚椎ヘルニアが治ってからにしましょう。

頚椎ヘルニアは筋トレで鍛えるべき?迷う方に知って欲しい5つのポイント

2 肩を上下する運動はやってはいけない

肩を上下する運動

筋トレがダメなら体操くらいならと思う方も多いかもしれません。

ですが、頚椎ヘルニアになったら肩を上下に動かす運動は止めましょう。

やってみて痛みが出る方は特に。なぜなら、この運動は痛みの原因になっている筋肉を動かすため、症状が悪化する可能性があるからです。

2-1 なぜ悪化する可能性があるのか?

肩を上下に動かす運動をやってはいけないのは、首の前にある筋肉にとって良くないからです。

頚椎ヘルニアの痛みは筋肉が原因で出ていることが多いです。首の前の筋肉もそのうちの1つ。

この運動は、首の前の筋肉を動かすことにもなります。そのため、やった後に症状が悪化してしまうことも。

これが、肩の上下運動で症状の悪化につながってしまう理由です。

2-2 症状が悪化しなくてもする必要はない運動

肩を上下させる運動は、たとえ症状が悪化しなくてもする必要はありません。

なぜなら、これをすれば必ず回復するということでもないからです。

この運動が、特別頚椎ヘルニアにとって有効ということでもありません。ですから、痛みが強い時は特にやらないようにしてください。

3 ストレッチをするなら短時間で軽く

首のストレッチ

首のストレッチをするなら、短い時間で軽くするようにしましょう。

筋肉が固まったことで頚椎ヘルニアの痛みは出ますから、ストレッチ自体は悪いことではありません。

ですが、例えばお風呂上がりに念入りに30分というのはやり過ぎ。特に痛みが強い時はそこまでするとマイナスです。

気分的に物足りないかもしれませんが、ほんの少しで十分ということを忘れないでくださいね。

筋トレ同様、ストレッチも良いことですが痛みが強い時のやり過ぎは良くありません。

4 マッサージをするなら短時間で軽く

肩に手を当てる女性

自分で首や肩周りのマッサージをするなら、ストレッチ同様、短い時間で軽くにしましょう。

グリグリと力を入れて押したくなることもあるかもしれません。ですが、その時は良くても後から痛みがでてくることもあります。

気持ち良く感じる程度の強さ、そして時間はちょっと物足りないくらいでちょうどいいです。

5 痛みの確認を何度もしない

上を向く

頚椎ヘルニアで痛みがある場合、痛みがでる動作をくり返して痛みの確認をするのはやめましょう。

例えば、上を向くと痛む場合に、まだ痛いかな?と思って何度もそれをくり返してしまう。

痛みがでる動作をくり返すということは、痛みの原因になっている筋肉をくり返して動かすことになります。

これは、傷口を自分で広げてしまっているのと同じこと。

まだ痛いかな?という不安な気持ちから、痛みの確認をしてしまうのはわかります。

ですが、後から痛みが増すこともあります。やるなとは言いませんから、くり返し何度もすることはやめましょうね。

6 いい姿勢にこだわり過ぎない

イスに座る

頚椎ヘルニアで痛みがある時、いわゆる見た目にいい姿勢にこだわり過ぎるのは良くありません。

背筋をピン!と伸ばしたほうが見た目の姿勢としてはいいです。ですが、その姿勢で痛みがでるようなら体にとってはマイナス。

姿勢が悪かったから頚椎ヘルニアになってしまったのでは?と思ってしまう気持ちはわかります。ですが、痛みがある時にそこにこだわる必要はありません。

見た目にいい姿勢より、痛みの出ない楽な姿勢でいてください。

7 過度に温めすぎない

シャワー

頚椎ヘルニアで痛みがある時に、お風呂で過度に温めすぎないようにしてください。

温めると楽になることはあるでしょう。ですから、それ自体は間違っているわけではありません。ですが、やり過ぎは禁物。

頚椎ヘルニアの痛みには、炎症が原因の場合もあるのです。

温めることで楽になるからといって、普段より長く湯船につかるとか、普段より熱いお湯で温めるということをすると痛みが増すかもしれません。

ですから、入浴後に痛みが少し軽くなるようなら温めてもいいですが、くれぐれも普段通りを心がけてくださいね。

頚椎椎間板ヘルニアで温める時と冷す時の違いや理由4つのポイント

8 医師から処方された薬を勝手に止めない

薬

頚椎ヘルニアになった場合、病院から薬を処方された薬を勝手に止めてしまうのは良くありません。

特に痛み止め。飲みたくないとか、効かないからという意見はわかりますし、実際に飲まなくてもいい状態の時もあるでしょう。

ヘルニアで痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策がわかる7項目

ですが、担当の医師も必要だと思って処方している薬ですよね。炎症が起きていることが原因の痛みには、消炎鎮痛剤が必要なことが多いです。

飲んで気分が悪くなるとか、眠くなるので飲みたくないなどが理由なら、医師に相談してみましょう。

飲みたくないという気持ちはわかりますが、自己判断が間違うこともありますよね。まずは医師の指示に従いましょう。

9 怪我をしているのと同じだということを忘れない

骨折

頚椎ヘルニアになっている時は、大きなケガをしているのと同じ。ですから、健康な時と同じように動くことは控えましょう。

特に首や肩周りの筋肉に負担がかかるようなスポーツ。長時間のスマホなどもそうですね。

実際に切り傷があるわけではないので、ついつい忘れて今までと同じように動いてしまいがち。

ですが、程度にもよりますが、頚椎ヘルニアは骨折と同じレベルのケガだと思ってみてください。ちょっと動くのを控えようと思いませんか?

良くなったらまた同じように仕事もスポーツもできます。ですから、痛みがある時はケガをしているのと同じだということを忘れないでくださいね。

10 運転して痛むなら控える

運転

頚椎ヘルニアの方で、車の運転をしていると痛みやしびれが強くなるなら運転は控えましょう。

仕事で仕方がないこともあるとは思います。その場合は、電車にするとか、誰かに運転を代わってもらうなどが可能ならそうしてください。

痛みやしびれなどの症状が強くなるのは、スポーツなどで動いた時だけとは限りません。長時間同じ姿勢が続いて症状が強くなることもあります。

運転をして症状が増すなら、可能な範囲で控えましょうね。

頚椎ヘルニアで運転中に痛みやしびれが出る理由や対策6項目

11 アルコールは控える

ビール

頚椎ヘルニアになっていて、痛み止めを飲んでいるならアルコールは控えたほうがいいでしょう。

理由は、痛み止めが効き過ぎてしまうことがあり、そうなると吐き気がしたり胃が痛くなったりすることも考えられます。

また、薬とアルコールですから、胃や肝臓への影響も。

お酒が好きな方には酷な話かもしれませんね。どうしても飲みたいのなら、医師に確認してからにしましょう。

頚椎ヘルニアでお酒は大丈夫?アルコールの影響と飲んで良い時ダメな時

補足 検索して調べすぎない

スマートフォン

頚椎ヘルニアの症状と直接関係はありませんが、検索して調べ過ぎることはあまりおすすめできません。

長時間スマホを見る姿勢が良くないということもありますが、それ以前に調べすぎると何が正しいのか?がわからなくなるからです。

そして、それが痛みやしびれに加えて精神的なストレスに。

つい、スマホに手が伸びでしまうのはわかります。ですが、調べれば調べるほど混乱しますから、検索するのはほどほどに。

頚椎ヘルニアの痛みやしびれでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 頚椎ヘルニアの症状がある時に筋トレ、肩を上下させる運動、過度なストレッチやマッサージは良くない
  • 上を向くとか首を回すといった痛みが出る動作をくり返し、まだ痛いかな?と何度も痛みの確認をしてはいけない
  • 過度に温めすぎたり、姿勢にこだわり過ぎる必要はない。それよりも、普段通りの入浴、楽な姿勢が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。