スマホの使い過ぎで頚椎ヘルニア?理由となってしまった場合の対策

スマホを見る
Pocket

「スマホで頚椎ヘルニアってどういうこと?」

こう思う方も多いのではないでしょうか。ですが毎日、長時間スマホを見ている方は、頚椎ヘルニアになる可能性があります。

スマホを見てるだけなのになぜ?って思いますよね。

これにはちゃんと理由がありますし、どうすればいいのか?という対策もいろいろあります。

現時点ですでに首や肩のコリが気になる方、気をつけた方いいかもしれません。

気になる方は続きをどうぞ。

1 スマホの使い過ぎで頚椎ヘルニアになる理由

首

スマホを使い過ぎることで頚椎ヘルニアになるのは、首や肩周りの筋肉への負担が大きいからです。

頚椎ヘルニアの主な症状というと、首や肩、腕などの痛みやしびれ。

そうなる原因は、神経圧迫とされるのが通常。ですが、実はそれ以上に、筋肉が固まったことで症状が出ていることが多いのです。

スマホを見る、つまりやや下を向く状態が続く。それが首や肩周りの筋肉にとっては、大きな負担になってしまうということですね。

2 スマホを見続ける=お辞儀をし続ける

お辞儀

スマホを長時間見続けることは、長時間お辞儀をし続けることに似ています。

長時間お辞儀をし続けると、腰への負担が大きいことはイメージできますよね。スマホも同じ。

つまり、長時間首を軽く曲げ続ける。そのため、首や肩周りの筋肉が影響を受けるということですね。

3 猫背だから痛むのではない

猫背が頚椎ヘルニアに影響しているのでは?と思う方もいるかもしれません。ですが、猫背と頚椎ヘルニアには、大きな関係はありません。

そもそも猫背の状態に加え、スマホを見続ける。だから、さらに首や肩周りの筋肉の負担が大きくなってしまったということ。

猫背だからというよりも、その状態がさらに悪くなったと考える方がいいですね。

4 ストレートネックとの関係は?

頚椎ヘルニアになったのは、スマホではなくストレートネックだからでは?と思う方もいるでしょう。

ですが、これも直接の原因というよりも、ストレートネックの状態でスマホを見続けてしまったからというのが適切ですね。

ストレートネックは、首の骨が勝手に動いたのではなく筋肉が固まったことによる結果。

つまり、それくらい筋肉が固まった状態でスマホを見続けたため、さらに筋肉に負担がかかり頚椎ヘルニアになってしまったということですね。

5 寝転んで見ても負担は同じ

スマートフォン

首や肩の筋肉への負担が大きい姿勢

上の写真のように、ベッドやソファで寝転んでスマホを見ることはありませんか?

この姿勢も、実は首や肩への負担が大きいです。

うつ向きじゃなければいいのでは?って思いますよね。ですが、これは首を軽くそらしている状態。

先ほどはお辞儀でしたが、逆に長時間腰を反らし続けるとどうなるかイメージできますよね。

ですからこの姿勢も良くないということになります。ちなみに、読書も同じ。

寝る前につい見てしまうという方、頚椎ヘルニアになってしまったなら控えるようにしましょうね。

6 頚椎ヘルニアになるどどうなる?

首や肩の痛み

頚椎ヘルニアになると、主に首や肩、背中や腕に痛みやしびれが出るようになります。

神経圧迫が原因とされますが、首や肩周りの筋肉が固まってしまった場合でもこういう症状は出ます。

そのため、上を向くと痛いとか首を回すと痛いという状態になります。

症状が悪化して重症化すると、麻痺や膀胱直腸障害という症状も出るようになってしまいます。

7 スマホの使い過ぎで頚椎ヘルニアになってしまったら

スマホ

スマホの見過ぎで頚椎ヘルニアになってしまった。こういう場合どうすればいいのかについて解説します。

7-1 スマホを見る時間を減らす

この場合、まずはスマホやパソコンといった、首や肩に負担がかかることは控えましょう。

仕事で必要なこともあるとは思います。ただ、見なくてもいい時もありますよね。まずはそこからですね。

7-2 病院で適切な治療を受ける

頚椎ヘルニアと診断された場合、その病院で適切な治療を受けましょう。

リハビリや薬、場合によっては注射など。担当の先生が適切な処置をしてくださるはずですから。

ちなみに、痛み止めは効かないと思う方はこちらもどうぞ

ヘルニアに痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策がわかる7項目

7-3 運動や筋トレは控える

首や肩周りの筋肉が頚椎ヘルニアの原因なら、鍛えればいいのでは?と思う方は多いです。

ですが、症状がある時はこれは逆効果。そもそもスマホを見るのも控えた方がいいくらいの状態。

こういう時はまず安静ですね。

頚椎ヘルニアは筋トレで鍛えるべき?迷う方に知って欲しい5つのポイント

8 頚椎ヘルニアにはこんな方法もある

トリガーポイント鍼療法

スマホの使い過ぎで頚椎ヘルニアになった場合、筋肉が原因なら対策としてはトリガーポイント鍼療法という施術があります。

これは、固まった筋肉に対して鍼をするという施術。

スマホを見ることが多過ぎたため、首や肩の筋肉がガチガチに固まってしまう。その結果、頚椎ヘルニアになり痛みやしびれが出てくる。

そんな場合、首や肩周りで原因になっている筋肉に対して施術をします。そして、筋肉が緩むように進めていく方法です。

頚椎ヘルニアの対策には、こういう施術もあるということを知ってもらえればと思います。

頚椎ヘルニアの痛みやしびれに対するトリガーポイント鍼療法についてはこちらもどうぞ

まとめ

  • スマホの使いすぎで頚椎ヘルニアになってしまうのは、スマホを見る姿勢が首や肩周りの筋肉に対して負担が大きいから
  • 猫背やストレートネックが頚椎ヘルニアの原因ではなく、その状態でスマホを見続けるためさらに筋肉への負担が大きくなり症状が出る
  • 頚椎ヘルニアになってしまったら、スマホを控えめにして、医師の指示に従い、筋肉を休めることが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。