頚椎ヘルニアで痛みが移動するのはなぜ?理由と対策についてのまとめ

ジャンパー膝の原因は?
LINEで送る
Pocket

頚椎ヘルニアの方で、日によってとか時間によって痛む場所が移動したように感じるという経験がある方は多いのではないでしょうか。

では、なぜ痛む場所が移動するように感じるのでしょうか?これにはちゃんと理由があります。

頚椎ヘルニアで、痛みの場所が変わる理由や対策などについてまとめました。

1 頚椎ヘルニアで痛みが移動する理由

黒板

頚椎ヘルニアで痛みが移動する理由は、痛みの原因が複数ありそれぞれが別の場所に痛みを出しているからです。

例えば、首と肩と背中の3カ所に痛みの原因なっている場所があるとします。

そして、その3カ所がそれぞれ別の場所に痛みを出している。

こんな風に、原因となる場所が複数あるため痛みが移動するように感じますが、実は移動したのではなくもともと悪い場所だったということになります。

2 痛みが移動しても心配はいらない

笑顔

頚椎ヘルニアで痛みが移動すると不安になるかと思います。

ですが、基本的に心配はいらないです。なぜなら、先ほども説明したとおり元々痛みを出す原因が複数あり、それぞれが別の場所に痛みを出していたからです。

新たに悪い場所が増えたということではありません。

人の体の状態は日によって異なりますよね。ですから、日によって痛みの場所が変わるのも、ある意味当然と言えるのです。

心配になる気持ちはよく分かりますが、大丈夫ですからね。

3 原因について知れば移動する理由がもっとよく分かる

納得

頚椎ヘルニアの原因について説明していきたいと思います。

これを知れば、頚椎ヘルニアで痛みが移動することがもっとよく分かると思います。

3-1 頚椎ヘルニアの原因は2つある

頚椎ヘルニアの原因として考えられるものは実は2つあります。

神経圧迫でしょ?と思う方は多いと思いますが、それだけではありません。

では何かというと、筋肉。筋肉が固まってしまうことでも、頚椎ヘルニア特有の痛みやしびれの原因になるのです。

3-2 神経圧迫よりも筋肉が原因のケースが多い

MRIで神経圧迫の状態になっている。だから頚椎ヘルニアですねと診断されたと思います。

ですが、検査ではヘルニアの状態になっているとしても、全てにおいて神経圧迫が原因ではありません。

世の中には神経圧迫の状態になっていても、全く何の症状もないという方が多くいます。

このことから考えても、MRIの検査で神経圧迫になっているからといって必ずしも神経が原因とは言い切れないのです。

むしろ、神経圧迫の状態になっていても、原因は筋肉にあるケースの方がかなり多いと思ってもらって構いません。

3-3 複数の筋肉が固まってしまうことが痛みが移動する原因

頚椎ヘルニアの原因は、筋肉が固まってしまうことの方が多いということをお伝えしました。

実際、頚椎ヘルニアになる方は首や肩、背中にある複数の筋肉が固まってしまって痛みやしびれ、そして動かしづらいなどの症状が出ています。

そして、その複数の固まった筋肉が、それぞれ別の場所に痛みを出していると思って下さい。

このことが理由で日によってとか、時間によって痛みむ場所が異なるのです。

そして、感覚としては痛みが移動したように感じるということなんですね。実際には移動したのではなく、感じ方が違うというだけのことです。

痛みが移動しても、おかしな症状になったということではないと言えるのです。

3-4 痛みが移動するように感じる具体例

痛みが移動

写真にAとA’、BとB’の印をつけています。

それぞれ、AがA’に、BがB’に矢印の方向に向かって痛みを出していると思ってください。

頚椎ヘルニアになると、AとBのように痛みの元になる部分が複数できます。そして、それぞれが別の場所に痛みを出す。

この状況は日によって異なります。つまり、Aだけが痛みを出す時、Bだけが痛みを出す時、そして両方が痛みを出す時。

こういうことが起こるため、痛みが移動したように感じるということ。ですが、実際には移動したのではなく、痛みの元が複数あるということになります。

 

4 頚椎ヘルニアの原因になりやすい筋肉と痛みの出やすい部分

頚椎ヘルニアで原因になりやすい筋肉と痛みの出やすい部分の紹介します。

写真をご覧下さい。

頚椎ヘルニアの原因

首や肩周りが原因で二の腕に痛みが出やすくなる

頚椎ヘルニアの原因

首の前や鎖骨の下が原因で肩や腕、指先に痛みが出やすくなる

他にもパターンはいろいろありますが、原因になりやすい部分を挙げてみました。

筋肉が固まってしまうと、いろいろな場所に痛みを出すようになります。

こういったことが理由で、頚椎ヘルニアの痛みが移動するように感じるということになるのです。

5 筋肉が原因の頚椎ヘルニア対策

頚椎ヘルニアの対策についてお伝えしていきます。

5-1 まずは病院で検査を受ける

医師

頚椎ヘルニアの原因は先ほども触れましたが、神経圧迫と筋肉の場合の2つです。

どちらの場合でもまずは病院でしっかりと検査を受けることが大切。整形外科で構いません。

そして、神経圧迫の状態になっていたとしても、必ずしも神経が原因とは限らないということを覚えておいてもらえればと思います。

5-2 神経圧迫が原因ならこういう症状が出る

頚椎ヘルニアで神経圧迫が原因なら、膀胱直腸障害や麻痺といった神経が壊れてしまったような症状が出ます。

簡単に言うと、排泄したくても出来ないとか勝手に漏れてしまう、また麻痺なら全く感じないし動かないという状態になります。

神経圧迫の状態になっていても、こういう症状がなければ筋肉が原因と考えられます。

5-3 処方された薬はちゃんと飲みましょう

薬

病院を受診して頚椎ヘルニアと診断された場合、薬を処方されることが多いと思います。

ですが、薬飲みたくないという方多いですよね。お気持ちはよく分かります。

でもやっぱり医師が処方して下さった薬は飲んだ方が良いです。飲むことで調子が悪くなるようなら相談すれば良いのですから。

また、症状の改善につながる可能性だって当然あるわけですから飲む方が良いですね。

ヘルニアで痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策がわかる7項目

5-4 リハビリも受けてみることが大事

病院でリハビリを受けて下さいと言われたら、受けてみることが大事です。

牽引や電気治療、マッサージなど病院によって異なるとは思いますが、一度は受けてみるのが良いですよ。

5-5 筋肉が原因なら鍼という方法もある

トリガーポイント鍼療法

筋肉が固まったことで痛みが出ていて、そして複数の筋肉が悪くなっているから痛みが移動する。

こういう状態なら、鍼の施術という方法も選択肢の1つとしてあります。

ちなみに、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術を当院では行っています。

頚椎ヘルニアに対するトリガーポイント鍼療法について詳しくはこちら

6 筋肉が原因の頚椎ヘルニアでやってはいけないこと

バツ

筋肉が固まったことで痛みが出たり、痛みがいろいろなところに移動する頚椎ヘルニアの場合にやってはいけないことがあります。

それは、無理に首や肩を動かし過ぎたり、必要以上に首や肩周りの筋肉に負担をかけてしまうことです。

例えば筋トレや体操も同じ。

こういったこと自体が悪いわけではありません。ですが、筋肉が固まったことが原因の頚椎ヘルニアの際には良くないということですね。

何らかの対策で筋肉を緩めたとしても、動かし過ぎてしまうとすぐ元に戻ってしまうことも。

必要な範囲のことは仕方がありませんが、それ以上に動かし過ぎることはやはり控えて下さいね。

頚椎ヘルニアになったら気をつけて欲しいやってはいけないこと11選

7 筋肉が原因の頚椎ヘルニアになった場合に大切なこと

注意点

筋肉が原因の頚椎ヘルニアになってしまった場合に大切なことをいくつか挙げておきます。

まずは、先ほども少し触れましたが必要以上に動き過ぎないこと。

休みの日は時間を持て余してしまうかもしれませんが、出来るだけ安静が良いですね。

パソコンやテレビを見続けることで痛みが出てくるようなら、途中で休むとか姿勢を変えるなどしてみて下さい。

動く場合でも、動かない場合でもとにかく筋肉に負担をかけすぎない。これが大事。

お風呂で温めると楽になる場合は温めるのも良いですし、湿布で少し楽になるようならそういったことも良いでしょう。

筋肉が原因の場合は、とにかく筋肉を元の状態に戻すようにすることが大事ということですね。

頚椎ヘルニアの方に覚えて欲しい日常生活で悪化させないための注意点

まとめ

  • 頚椎ヘルニアで痛みが移動するのは痛みの元になっている部分が複数あるから
  • 痛みが移動した場合でも悪くなったということではないと考えて良い
  • 筋肉が固まってしまったことで頚椎ヘルニアの症状が出るので筋肉に負担がかかりすぎないようにすることが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。