頚椎症で上を向くと腕が痛い・手がしびれる時の理由や対策などまとめ

上を向く
LINEで送る
Pocket

頚椎症になり、上を向くと腕に痛みがはしったり、手や指先がしびれる。

この理由は、上を向くことで神経が圧迫されるからではありません。頚椎症は、頚椎の変形や、間隔が狭くなることによる神経圧迫が原因で症状が出ると言われます。

ですが、たとえ変形や間隔が狭い状態が事実であっても、そうなっているというだけのことが大半。実際には他に痛みやしびれの元があるのです。

では、その痛みやしびれの元は何か?そして、神経圧迫が原因ではないのなら、どういう対策があるのか?

頚椎症で上を向くと痛みやしびれが出る理由や、その場合にはどういう対策があるのかなどについて解説をしています。

頚椎症で上を向くことがつらい方は続きをどうぞ。

1 頚椎症で上を向くと痛みやしびれが出る理由

黒板

頚椎症になり、上を向くと痛みやしびれが出る。その理由は、上を向く時に動く筋肉が固まってしまっているからです。上を向くことで、神経が圧迫されるからではありません。

筋肉は固まってしまうと、痛みやしびれの発生源にになります。その固まった筋肉を、上を向くという動作で動かす。だから、痛みやしびれが出たり、増したりするということ。

うがいをする時や、目薬を差そうと思って上を向く。その時に首や肩、二の腕が痛むとか、手にしびれがはしる。そんな場合は筋肉が原因で、神経は関係ないと思ってください。

2 神経圧迫が原因というのはおかしい

上を向く

頚椎症の痛みやしびれは、頚椎の変形などにより神経が圧迫されることが原因とされます。ですが、実際には神経が圧迫されて症状が出ている方はほとんどいません。

ですから、神経圧迫が原因で痛みやしびれが出るというのは、おかしいということになります。詳しく解説しますね。

2-1 神経圧迫が原因なら常に症状がなければおかしい

頚椎症の痛みやしびれの原因が、本当に神経圧迫なら、上を向いても向かなくても、常に痛みやしびれがあるはずです。

ですが、実際には痛みやしびれがあったり、なかったりという状態ではありませんか?症状がない時は、神経圧迫がなくなり、症状がある時はまた圧迫される。

そんなことはあり得ないのです。

2-2 上を向かなくても痛みやしびれが変化しませんか?

頚椎症の症状が、上を向かなくても強くなったり弱くなることがあると思います。

この場合、痛みやしびれが強くなった時は、その瞬間だけ変形が大きくなり神経が強く圧迫されたからなのでしょうか?そして、弱くなる時は、逆のことが起きるのでしょうか?

そんなことはあり得ません。つまり、神経圧迫が原因というのはおかしいということなのです。

3 筋肉が原因の痛みやしびれについて知って欲しいこと

知って欲しいこと

頚椎症で上を向くと痛みやしびれが出る。その原因は、神経圧迫ではなく固まった筋肉にある。こう言われても、本当かな?と思う方がほとんどだと思います。

ですが、何でも神経が原因ではないのです。筋肉が原因の症状は、筋膜性疼痛症候群と呼ばれる状態。ですから、珍しいことではありません。

固まって痛みやしびれの発生源になってしまった筋肉は、動かすとその症状が増すという特徴があります。だから、上を向くという動作で筋肉を動かすと症状が増すということですね。

4 上を向くと痛む・しびれる場合の原因になりやすい筋肉

頚椎症で上を向くと、痛みやしびれが出たり、増したりする。この場合に、原因になりやすい筋肉はどこかについて解説します。

写真をご覧ください。

上を向くと痛む場合の原因になる筋肉

写真にバツ印と赤い印をつけています。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い印の部分に痛みやしびれが出やすくなります。

首から背中や肩にかけて、つながっている筋肉がいくつかあります。そういった筋肉は、上を向くという動作時に働く筋肉。そして、その筋肉が固まってしまうと、上を向くと症状が出るわけですね。

二の腕から肘、前腕、手のひらや手の甲、指先などに痛みやしびれが出ることが多いです。

5 上を向くと痛む場合に痛み止めが効かない理由

薬

頚椎症で、上を向くと痛みやしびれが出る。こういう場合、痛み止めを飲んでも効かないことが多いです。なぜなら、痛み止めには筋肉が原因の痛みに対する作用がないから。

痛み止めで処方されることが多いのがロキソニンやリリカです。これらは、炎症が原因の痛みと、神経が原因の痛みに対する薬。ですから、どちらも筋肉に対しての薬ではありません。

筋肉が原因の痛みに対して必要なことは、固まった状態が緩むこと。炎症や神経に対しての治療ではないということですね。

頚椎症で痛み止めを飲んでも効かないのはなぜ?理由や別の対処法6項目

6 電気治療や牽引では痛みやしびれが治まらないことは多い

肩こりの女性

頚椎症になり、上を向くと痛みやしびれが出る。この場合、リハビリで電気治療や首の牽引をしてもらったという方は多いでしょう。でも、結果はあまり良くない。

筋肉が原因なら、電気治療や牽引は良さそうに思えます。ですが、電気治療や牽引では、固まった筋肉を緩めるには不十分なのです。

電気治療では、体の奥にある筋肉まで刺激が届きません。また、牽引では固まった筋肉を緩めるには弱すぎます。だから、真面目にリハビリを受けても変わらないということがあるのです。

頚椎症で電気治療を受けても痛む・しびれる!理由と別の方法など6項目

7 頚椎カラーは着けてから判断する

頚椎カラー

上を向くと痛みやしびれが出る場合、頚椎カラーはした方が良いのかどうか迷う方もいると思います。

この場合どうすれば良いかは簡単で、一度着けてみてから判断すれば大丈夫です。つまり、着けて楽なら着ける。着けても変わらないならむしろ外してください。

本当にそれで良いの?と思うかもしれません。その判断で大丈夫ですよ。

頚椎症になったら頚椎カラーはした方が良い?その疑問にお答えします

8 上を向いて痛む・しびれる時にはこの方法

頚椎症

頚椎症と言われ、その原因が神経ではなく筋肉にある。そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉に鍼の施術をする方法です。鍼の施術ですから、原因になっている筋肉の範囲が広くても施術ができます。また、体の奥にある筋肉でも、電気治療と違って刺激が届きます。

上を向くと痛むのは、首や肩、背中の筋肉に原因があることが多いです。そういう場合は、鍼の施術があるということですね。

9 頚椎症で上を向くと痛む・しびれる方へ

頚椎症になり、上を向くと痛みやしびれ出たり強くなったりする。この場合、上を向くことで神経がさらに圧迫されるようなイメージがあると思います。

ですが、今回解説してきたように、実際には神経ではなく筋肉が原因。固まった筋肉を、上を向くという動作で動かす。そのため、さらに固まった筋肉が縮み、症状が出るのです。

こういう状態に対して、痛み止めは効きません。電気治療や牽引も悪くはないですが、不十分なのです。

上を向いても大丈夫になるためには、原因になっている筋肉が緩んで元の状態に戻ることが必要。そのためには、どのくらいの範囲が悪いのか?そして、どの程度の奥まで悪くなっているのか?

これらを特定し、そして必要な対策をしていることが大事なわけですね。しびれがあると特にですが、神経が原因と思ってしまうのはよく分かります。

ですが、痛み・しびれ=神経が原因ではないのです。筋肉が原因の痛みやしびれもあるのです。そして、その場合の対策もあるということを忘れないでくださいね。

頚椎症で上を向くと痛みやしびれが出る方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 頚椎症で上を向くと痛みやしびれが出るのは、上を向くことで神経が圧迫されるからではなく、上を向く時に動く筋肉が固まってしまっているから
  • 神経が圧迫されることが原因と考えると、理屈に合わないことが多々出てくる。一方、筋肉が原因と考えるとつじつまが合う
  • 筋肉が原因で上を向くと痛みやしびれが出る場合、痛み止めが効かないことが多く、電気治療や牽引では不十分なことが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。