頚椎症で腕が締め付けられるように痛む時に知って欲しい8つのポイント

腕が痛い
LINEで送る
Pocket

頚椎症になり、腕が締め付けられるように痛む。

特に、二の腕が強烈に痛むので、反対側の手でギュッとつかんでみるけれどもなかなか治まらない。上を向くと痛むこともあれば、デスクワークをしているとだんだん痛むこともある。

あまりにも痛むので、痛み止めを飲んでみたり、ブロック注射をしてもらったけれど結果は同じ。

こういう強い痛みは困りますよね。頚椎症で腕が痛む場合、原因は神経圧迫と思われがち。ですが、たとえ神経痛のような痛みでも、実際には神経は関係ない場合が多いです。

では、何が原因で腕が痛むのか。そして、切って捨てたくなるほどの強い痛みはどうすれば良いのか。こういったことについて解説をしています。

頚椎症で腕が強烈に痛む方は続きをどうぞ。

1 頚椎症で腕が痛む原因は神経ではない

黒板

頚椎症になり、腕が締め付けられるように強烈に痛む。この場合の原因は、頚椎の変形による神経圧迫ではありません。そうではなく、筋肉に原因があります。

首や肩、背中などにある複数の筋肉が、ガチガチに固まってしまった結果として強い痛みが出ているのです。こういった筋肉由来の強い痛みは、筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。

上を向くとか、首を回すと痛む。または、長時間デスクワークをしていると痛くなる。こういった、動作や姿勢で痛みが出る場合は、神経ではなく筋肉に原因がある痛みなのです。

2 神経痛のような痛みでも原因は筋肉にある

腕の痛み

頚椎症による腕の痛みは、筋肉に原因があると言われても本当かなと思う方は多いと思います。実際、腕の痛みは神経痛のような痛みなので仕方がありません。

ですが、たとえ神経痛のような締め付けられる痛みでも、何でも神経が原因ではないことは事実。そして、筋肉が固まったことでも神経痛のような痛みは出るのです。

筋肉が原因の痛みというと、筋肉痛のイメージだと思います。ですが、筋膜性疼痛症候群では、まさに神経痛のような強い痛みが出るのです。

3 離れた部分に痛みを出すのが筋肉の特徴

固まった筋肉が原因で出る痛みには、痛みの発生源から離れた部分に痛みを出すという特徴があります。

つまり、頚椎症で腕が痛む場合でも、痛みの発生源は腕以外にあることが多いのです。このことについて、具体例を挙げながら解説をします。

写真をご覧ください。

腕の痛みの原因になりやすい筋肉1

首・肩・背中の筋肉が腕の痛みの発生源になりやすい

腕の痛みの原因になりやすい筋肉2

首の前・鎖骨の下・腕の付け根の筋肉が腕の痛みの発生源になりやすい

2枚の写真に複数のバツ印と、腕に赤い印を付けています。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、腕の赤い印を付けた所に痛みが出やすくなります。

こういった、原因と痛む場所が離れている痛みを関連痛と言います。頚椎症で腕が痛む場合でも、痛みの発生源は腕ではなく、他の筋肉の場合が多いのです。

4 こんな時に腕が痛むなら筋肉に原因あり

頚椎症による腕の痛みは、固まった筋肉が原因ということをお伝えしました。そういった筋肉が原因の痛みには、1つの特徴があります。

4-1 特定の動作に伴い痛みが出る

それは、特定の動作に伴って痛みが出るということ。つまり、固まって、痛みの原因になっている筋肉を使った時に痛むということですね。

うがいをする時に、上を向こうとしたら腕にズキン!と痛みがはしった。こういう経験がある方もいるのではないでしょうか。こういった動作に伴う痛みは、筋肉が原因なのです。

4-2 この動作で腕が痛むなら筋肉が原因

これから挙げる動作を実際に行ってみて、いつもと同じ痛みが腕に出る。そんな場合は、頚椎症と言われていても、筋肉に原因がありますのでご参考ください。

動作を試してみることは構わないのですが、痛みが強く出ることがありますので決して無理に行わないようにしてくださいね。

上を向く

上を向く

首を回す

痛みのある側に首を回す(右の腕が痛む場合の例)

首を真横に倒す

痛みのある側に首を倒す(右の腕が痛む場合の例)

腕を横に上げる

痛む腕を真横に上げる(右の腕が痛む場合の例)

腕を上げる

痛む腕を前に上げる(右の腕が痛む場合の例)

これらの動作のうちどれか、もしくはすべてで腕にいつもと同じ痛みが出る。そういう場合は、たとえ変形があった場合でも筋肉が原因です。

5 腕の痛みに痛み止めが効かない理由ははっきりしている

薬

頚椎症で腕が強く痛む。この場合に、整形外科などで処方された痛み止めを飲んでも効かなかった。こういう方は多いですね。なぜ効かないかという理由ははっきりしています。

痛み止めは、神経または炎症が原因の痛みに有効。ですから、固まった筋肉が原因で腕に痛みが出ている場合には効果があまり期待できません。

病院でよく処方されるのが、リリカとロキソニン。場合によってはトラムセット。ですが、どれも筋肉に対しての薬ではないのです。だから、飲んでも効かないということなのです。

頚椎症で痛み止めを飲んでも効かないのはなぜ?理由や別の対処法6項目

6 筋肉が原因で腕が痛む時にやってはいけないこと

バツ

筋肉が原因で、腕が締め付けられるように痛む。そんな時にやってはいけないことは、首や肩周りなど痛みの発生源になっている筋肉に負荷をかけることです。

例を挙げると、ゴルフのような首に負担のかかるスポーツ、力任せのストレッチやマッサージなどです。他にもいろいろありますが、とにかく筋肉に負担のかかることは控えましょう。

動かした時は楽という方もいるかもしれません。ですがそれは、動かしている間が少し楽というだけ。後から痛みが増すことがあるかもしれないのです。

頚椎症で首や肩、腕が痛い・しびれる時にやってはいけないこと9選

7 筋肉が原因で腕が痛む場合の対策の例

頚椎症

レントゲンやMRIで頚椎の変形が見つかり、頚椎症と診断された。でも、その原因は実は神経ではなく筋肉にある。そんな場合は、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

筋肉が原因で腕が痛む場合の対策の1つです。他にも筋肉を緩める方法なら良いですが、トリガーポイント鍼療法は、固まった筋肉を施術するという鍼の方法です。

ですから、頚椎症でも固まった筋肉が原因の場合は、対策の1つになるということですね。

頚椎症にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際8項目

8 頚椎症で腕が痛む方へ

頚椎症になり、腕が締め付けられるように痛む。こういう場合、とにかく強烈に痛むと、反対の手で痛む二の腕をギュッとつかみたくなるのではないでしょうか。

こういった痛みは、まさに神経痛という痛みだと思います。検査結果でも頚椎の変形が見つかると、やっぱり変形による神経圧迫が原因と誰でも思ってしまいます。

ですが、たとえそうなっていても、実際には変形と痛みは無関係の場合が大半。そして、固まった筋肉が原因で痛みが出ていることが非常に多いというのが実際。

こういった状態に対して、神経への薬が処方されたり、注射が行われます。でも、一向に良くならない。その理由は、今回解説したとおりです。

ですから、何でもかんでも神経に原因があるわけではないのです。たとえ薬を飲み続けても良くならない場合でも、筋肉が原因のことがあるということを忘れないでくださいね。

そして、固まった筋肉が原因で腕が痛む場合には、対策がちゃんとあるということも知ってもらえればと思います。

頚椎症による腕の痛みでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 頚椎症で腕が痛む場合の原因は、頚椎の変形による神経圧迫ではなく、首や肩、背中などの筋肉が固まってしまったことにある
  • 筋肉が原因で腕に痛みが出ている場合、上を向くとか、首を回すなど特定の動作に伴っていつもと同じ痛みが出るという特徴がある
  • 固まった筋肉が原因で腕に痛みが出ている場合、神経や炎症が原因の痛みに対する薬は効かないことが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。