頚椎症でリリカを飲んでも効かないのはなぜ?薬が効かない時の対処法

薬
LINEで送る
Pocket

頚椎症になり、病院で処方されたリリカを飲んでいるけど効かない。

首や肩、二の腕の締め付けられるような痛み。指先のビリビリするしびれ。こういった症状が、リリカを飲んでも眠くなるだけで変わらない。

また、うがいをする時に上を向くと痛む状態もずっと同じ。その他にも、痛みやしびれが出る状態が続いてつらい。

なぜ、処方されたリリカという薬を飲んでいるのに症状が変わらないのか?この場合、理由はちゃんとあります。そして、他に何をするのが良いかということも。

では、リリカを飲んでも効かない理由は何か?また、頚椎症の痛みやしびれはどうすれば良いのか?などについて解説をしています。

頚椎症でリリカを飲んでも効かない方は続きをどうぞ。

1 頚椎症でリリカを飲んでも効かない理由

黒板

頚椎症の症状に対して、リリカを飲んでも効かない。その理由は、症状の原因が神経ではないからです。

頚椎症の痛みやしびれは、頚椎の変形などによる神経圧迫とされます。ですが、原因は他にもあります。そのため、神経が原因でなければ、神経に対してのリリカを飲んでも効かないということ。

例えば、上を向くと痛む場合は、神経が圧迫されるから痛むのではありません。上を向く時に動く筋肉に原因があります。こういう場合は、効かないことが多いでしょう。

2 リリカは何のための薬?

注意点

リリカ(プレガバリン)は、神経障害性疼痛に対する薬です。簡単に言うと、神経に対しての痛み止め。

痛みの原因になる物質があり、それが神経からたくさん出るため痛みが出る。ならば、その痛みの物質が出る量を抑えましょうというのがリリカの役割です。

分かりやすく言うと、神経が興奮して痛みが出ている。だから、リリカでその興奮を抑えましょうということです。ですから、リリカを飲んでも神経圧迫がなくなるわけではありません。

3 頚椎症の痛みの原因について知って欲しいこと

頚椎症性神経根症の原因

頚椎症の痛みの原因について、知って欲しいことがあります。それは、頚椎の変形による神経圧迫は、ほとんどの場合で関係ないということ。

頚椎が変形しているとか、間隔が狭くなっている結果として神経を圧迫している。だから痛みが出るとされます。ですが、神経圧迫が原因で痛みが出ている方はほぼいません。

痛みの原因=神経ではないのです。他にも炎症や筋肉が原因の痛みがあります。そして、頚椎症と言われた場合でも、筋肉が原因で痛みが出ていることが多いのです。

頚椎症性神経根症の原因は?頚椎症の痛み・しびれの原因や対策など8項目

4 筋肉が原因の痛みにリリカは効かない

首の痛み

頚椎症の痛みやしびれは、神経圧迫ではなく固まった筋肉が原因で出ていることが多いです。こういった痛みやしびれには、リリカは効かないです。

理由は、先ほど解説したように、リリカは神経に対しての痛み止め。それに対して、頚椎症の症状は筋肉が原因。だから、飲んでも効かないことがあるのです。

頭痛がする時に、腹痛の薬を飲んでも効かないですよね。理屈はこれと同じです。

5 筋肉が原因の痛みに必要なことは何?

考える

頚椎症の痛みやしびれの原因が、固まった筋肉にある。その場合に必要なことは、リリカを飲むことではなく筋肉がゆるむことです。

固まった筋肉が原因で起こる痛みは、筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。筋肉が縮んで固って痛みが出ている状態。ですから、その状態がゆるんで元に戻ることが必要ということ。

筋膜性疼痛症候群は、簡単に言うと、筋肉のコリがひどくなった状態。ですから、そのコリがなくなれば良いということなのです。

6 筋肉が原因で痛む時に気をつけて欲しいこと

バツ

頚椎症の症状が、リリカを飲んでも治まらない。その場合は、神経圧迫ではなく筋肉に原因があります。ですから、無理に筋肉を動かすことは控えてください。

固まった筋肉が原因で痛みが出ている場合、その筋肉を必要以上に動かすと痛みが増すことがあります。そのため、運動や筋肉に負担のかかることはしないのが良いです。

大きな切り傷がある場合、そこを動かすと傷が良くなりませんよね。筋肉が原因の痛みも、これと同じことが言えるのです。

頚椎症で首や肩、腕が痛い・しびれる時にやってはいけないこと9選

7 リリカが効かない場合の対策

頚椎症

頚椎症で、リリカを飲んでも効かない。その場合は、痛みの原因が筋肉にあります。そう言った筋肉が原因の痛みには、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

この施術は、筋膜性疼痛症候群に対して鍼をする方法です。つまり、筋肉が縮んで固まってしまい、痛みなどが出ている状態なら施術が可能ということ。

上を向く、首を回す、仰向けに寝る。こういう時に痛みが出るなら、頚椎症と言われた場合でも筋肉が原因ということですね。

頚椎症にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際8ポイント

8 頚椎症でリリカを飲んでも効かなかった方へ

頚椎症で、リリカを飲んでも痛みなどが治まらない。真面目に飲んでいるのに、なぜ効かないのかな?と思いますよね。

こういう場合は、今回解説してきたように、そもそもの原因が筋肉にあるからです。リリカという薬が良い・悪いではないということ。

レントゲンやMRIで頚椎の変形が見つかると、痛みやしびれの原因が神経圧迫にあるとされがちです。ですが、変形は変形しているだけのことも多々あります。

そして、何でもかんでも痛みだからといって、神経がその原因になっているわけではありません。痛みの原因は、複数あるのです。

ですから、リリカが効かなくてもがっかりしないで欲しいのです。そして、筋肉が原因で痛むことが多くあるという事実も知って欲しいなと思います。

リリカがダメなのは、症状の原因が神経ではないから。そして、その場合には、リリカ以外に対策があるということを知ってもらえればと思います。

頚椎症の痛みやしびれがリリカを飲んでも効かなかったという方はこちら

まとめ

  • 頚椎症で、リリカを飲んでも痛みなどに効かない。その場合は、痛みの原因が神経圧迫ではなく、固まった筋肉にあることが多い
  • リリカは、簡単に言うと神経に対しての痛み止め。神経が興奮して痛みを出している。だったら、その神経の興奮を抑えましょうということが目的の薬
  • 頚椎症の痛みは、固まった筋肉が原因のことが多い。その状態に対して、神経の興奮を抑えるリリカが効かないことがあるのは当然と言える

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。