テニス肘で朝のこわばりが気になる方に知って欲しい原因や対策8項目

朝
Pocket

テニス肘になると、朝起きた時に肘の外側がこわばることがあります。

肘がこわばっているため、曲げづらいし、曲げようとすると痛い。そんな状態で痛いなあと思いながら、着替えたり食事をしているうちにだんだん治まってくる。

朝のこわばりがある方は、こんな状況ではないでしょうか?

こわばりがあると、もしかしてリウマチかな?と思うかもしれません。ですが、病院で検査を受けてリウマチでなければご安心を。ちゃんと原因はありますから。

では、テニス肘に伴う朝のこわばりの原因は何か?そして、その場合にはどういう対策があるのか?について解説をしています。

テニス肘で朝のこわばりが気になる方は続きをどうぞ。

1 テニス肘で朝こわばる原因

黒板

テニス肘で朝起きた時にこわばっている原因は、肘周りや腕の筋肉が固まってしまっていることにあります。

筋肉に疲労が重なると、だんだん縮んで柔軟性を失い固まってしまいます。その状態で一晩寝るわけですから、朝起きた時は固まってこわばっているのです。

朝、起きた直後はこわばって動かしにくいし痛い。でも、時間とともにこわばりや痛みも減り、普通に動かせるようになる。そんな場合は、こわばりの原因は筋肉にあると言えます。

2 筋肉が原因のこわばりについてもう少し解説

朝のこわばりというと、リウマチを連想する方が多いかもしれませんね。肘がこわばる場合も、心配なら病院を受診して検査してもらってください。

それで異常がなければ、やはり筋肉が原因です。先ほども触れましたが、筋肉は疲労が重なるとだんだん固まってしまいます。その状態がひどいと、朝こわばる以上に強烈に痛むこともあります。

ただ、こわばりや痛みがあっても、しばらく動かしていると徐々に治まってくる。そうなるのもまた、筋肉が原因で起きているこわばりの特徴なのです。

3 こわばりの原因になるのはこの筋肉

テニス肘で、朝こわばる場合の原因は筋肉です。では、どの辺りの筋肉が原因になりやすいかを解説します。写真をご覧ください。

テニス肘の原因になりやすい筋肉

左の手首から肘にかけて赤い印を付けています。この辺りの筋肉が疲労すると、×印をつけている辺りが朝こわばることが多いです。

腕の筋肉は、指から肘までつながっているものがあります。そのため、手先を使う作業が多い方や、力仕事などをする方はテニス肘になり朝こわばることがあるのです。

4 こわばりの原因が筋肉なら鍛えれば良い?

筋トレ

朝のこわばりは、筋肉に原因があるなら鍛えれば良いのは?こう考える方は多いです。ジムに行ってみようかとか、腕立て伏せをすれば良いのではといった感じですね。

ですが、こわばりの原因は筋肉だとしても、その筋肉自体が疲れた結果のこわばりです。ですから、筋トレで鍛えてこわばりをなくそうとするのは間違いです。

筋トレは良いことです。しかし、こわばりがなくなってから、再発しないように筋トレをするというのがより良い選択肢ですよ。

5 朝こわばる場合に痛み止めは効く?

痛み止め

テニス肘になり、朝起きた時に肘がこわばっている。そんな状態が続くと困るので、痛み止めを飲めばどうかと思う方もいるでしょう。

ですが、残念ながらこわばりに対して痛み止めの効果はあまり期待できません。なぜなら、痛み止めの多くは消炎鎮痛剤だからです。つまり、炎症が原因の痛みには有効な薬ということ。

こわばりの原因は筋肉が疲労して固まったこと。その状態に対して消炎鎮痛剤ではそもそも作用がありません。だから、効果はあまり期待できないということになります。

テニス肘で痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策7項目

6 朝のこわばりに湿布を貼るのは有効か?

湿布

テニス肘になり、朝起きた直後にこわばりがあり何とかしたい。そんな時、薬がダメなら湿布はどうかと思うかもしれません。ですが、湿布もこわばりに対してはあまり有効ではありません。

なぜなら、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。テニス肘の痛みの原因として、炎症があるなら湿布は有効。ですが、こわばりの原因は炎症ではなく固まった筋肉。

そのため、あまり効果は期待できないということになります。試しに数日夜だけでも貼ってみて、朝こわばりが取れてなければやはり意味がないということになります。

7 朝のこわばりにはストレッチ

腕のストレッチ

テニス肘で朝こわばりがあるのなら、腕の筋肉のストレッチがお勧めです。朝起きた時でも良いですが、できれば日中や寝る前が良いですね。

起きた時はそもそもこわばって動かしづらいと思います。そのため、他の時間帯が良いですよということ。

テレビを見ながらゆっくり丁寧に伸ばす。それくらいの感覚で取り組んでみてください。時間も5分もやれば十分。たくさんやれば良いということではないですからね。

8 筋肉が原因のこわばりにはこんな方法もある

肘

テニス肘による朝のこわばりは、腕や肘周囲の筋肉が固まったことにあります。その場合、筋肉がゆるむことが大切。そのための方法としてトリガーポイント鍼療法という施術があります。

筋肉に鍼をする方法なので、固まってしまいこわばる状態がつづくなら施術が可能です。鍼なので、細かな筋肉への施術もできますし、広い範囲への施術も可能。

朝起きた時にこわばっていて、しばらくすると治まってくる。その状態なら筋肉が原因なので、鍼という対策もあるということですね。

テニス肘をトリガーポイント鍼療法で施術する理由や知って欲しい7つのこと

9 テニス肘で朝こわばる方へ

朝こわばりがあると、リウマチが気になるかもしれません。ですが、こわばり=リウマチではないのです。筋肉が原因でもこわばりは出ます。

そして、筋肉が原因でこわばっている状態は、単に筋肉が疲労しているだけ。筋肉が病気になったとか、壊れてしまったということではありません。

ですから、対策としては鍛えるとか、薬、湿布ではなく、筋肉の疲労を取ってあげることが必要になってくるということですね。

テニス肘で朝こわばる原因、そして、その場合はちゃんと対処法があるということを知ってもらえればと思います。

テニス肘で朝のこわばりが気になる方はこちらもどうぞ

まとめ

  • テニス肘で朝こわばる原因は、腕や肘周囲の筋肉に疲労がたまり固まってしまったことにある
  • 筋肉が固まった結果として朝起きた時にこわばる状態に対しては、痛み止めの薬や湿布の効果は期待できない
  • 筋肉が原因で朝こわばるのなら、筋肉のそのものの疲労を取ることが第一優先

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。