テニス肘で湿布を貼ると良い場所はどこ?湿布の貼り方や効果について

テニス肘
Pocket

テニス肘の痛みがある時に、湿布を貼るならどこに貼るのが良いのか?

基本的には、肘の外側で痛みを感じる部分で構いません。ですが、さらに貼ると良い部分があります。それはどこなのか?そしてなぜなのか?

逆に、湿布を貼ってもテニス肘の痛みが治まらない方もいると思います。その場合に考えられる理由は何か?

テニス肘で湿布を貼ると良い位置や、湿布の効果などについて解説をしています。

テニス肘で湿布を貼ろうと思っている方は続きをどうぞ。

1 テニス肘で湿布を貼ると良い位置

黒板

テニス肘で湿布を貼ると良い位置は、基本的に肘の外側で痛みを感じている部分で構いません。後で詳しく解説をしますが、湿布を貼って効く痛みは炎症による痛み。

ですから、炎症があるという前提で湿布を貼るのなら、痛みを感じている肘の外側が周囲が良いということになります。

他にも貼ると良い部分がありますので続けて解説をします。

2 湿布を貼るならここも試してみよう

テニス肘で湿布を貼る場合、肘で痛みを感じる部分以外にも貼ると良い部分があります。それは、腕です。なぜなら、肘から指まで腕の筋肉がつながっているからです。

腕の筋肉に炎症が起きている場合、肘周囲だけではなく腕も貼る方が良いです。そのため、肘が痛むなら腕も貼ると良いということになります。

ただ、実際腕は問題ない場合もありますので、かぶれないのであれば最初試しに広い範囲で貼ってみるという意識で貼ってみてください。

3 湿布を貼ると良い場所

テニス肘で湿布を貼ると良い場所は、肘と腕ということをお伝えしました。

では、具体的にどの辺りかというのを写真で説明します。写真をご覧ください。

湿布を貼る場所

肘・腕に貼る

肘と腕に肌色の印を付けています。この辺りに貼るのが良いとお考えください。ただし、腕の2か所に関しては、貼らなくて良い状態の場合もあります。

炎症が広い範囲で起きていたら、湿布を肘から腕にかけて貼る。そうでなければ、肘の外側で痛む部分だけでOKということになります。

炎症が起きているかどうかの判断はできないと思いますので、痛みが強い時は広く貼っておくということでも良いでしょう。

4 テニス肘に湿布を貼ると良い理由

注意点

テニス肘の痛みに対して湿布を貼ると良い理由は、痛みの原因が炎症によることがあるからです。炎症による痛みに必要なのは、その炎症を鎮めること。

そして、炎症を鎮めるには消炎鎮痛剤が良いわけです。湿布は貼る消炎鎮痛剤。そのため、炎症による痛みに対しては湿布を貼ると良いということですね。

病院でロキソニンテープを処方された方もいると思います。ロキソニンテープはまさに貼る消炎鎮痛剤。これは、医師が炎症があると診断したため処方されたということですね。

5 炎症による痛みにはこんな特徴がある

肘の痛み

炎症による痛みに湿布が良いのは分かった。でも、そもそも炎症による痛みかどうかが分からない。こういう方もいると思いますので特徴を挙げます。

炎症による痛みの特徴は、安静時でもズキズキ痛むということ。また、ひどい場合は、腫れ、熱感、発赤などが見られるのも炎症による痛みの特徴。

テニス肘の場合は、熱感や安静時の痛みが多いです。腕を使った後に、肘に熱感があったり、ズキズキ安静時に疼くなら炎症の可能性が高いです。

6 湿布が効かないのはこんな時

腕の筋肉

テニス肘の痛みに対して、湿布を貼っても効かない場合があります。それは、どういう時かというと、固まった筋肉が原因で痛みが出ている時。

腕にある筋肉が固まってしまうと、テニス肘の痛みの元になります。この場合、必要なことは筋肉がゆるむこと。ですが、湿布には筋肉をゆるめる作用がありません。

そのため、湿布を貼ってもあまり効かない、もしくは全く効かないなら、炎症が少なく筋肉が原因の痛みが強く出ていたということになります。

テニス肘の原因になりやすい筋肉と具体的な対策など9項目

7 炎症が原因で痛みが出ている時にやってはいけないこと

バツ

テニス肘の痛みが炎症に原因がある場合に、やってはいけないことがあります。例を挙げますのでご参考ください。

7-1 温める

炎症によって痛みが出ている場合、温めると痛みが増すことがあります。ですから、温めることは控えてください。

お風呂に入るとズキズキするとか、お風呂上がりはいつも痛む。そんな時は炎症が増している可能性が高いです。ですから、積極的に温めることはしないでください。

7-2 長時間のマッサージ

炎症が原因で痛みが出ている部分を、長時間マッサージすると後からさらに痛みが増すことがあります。ですから、そんな場合はマッサージは軽く短くするようにしてください。

痛みがある部分を揉みたくなるのは分かります。ですが、炎症が起きている部分を揉むのは、ケガをしている部分を揉むのと同じ。ですから、長時間のマッサージはしないよう気をつけてください。

8 テニス肘で湿布を貼ろうと思っている方へ

テニス肘の痛みに対して、湿布を貼るならどこが良いのかについて解説をしてきました。かぶれない方であれば、最初だけでも良いので広い範囲で貼るようにしてみてください。

また、湿布を貼っても効かない場合の理由、そして、その際の原因と対策についてもお伝えしたとおりです。痛みと言っても、原因はいろいろあるということですね。

自己判断は難しいと思います。ですから、まずは病院で医師の診察を受けるようにしてください。その後、セルフケア等に取り組むのが良いですよ。

テニス肘でお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • テニス肘で痛みがある場合、湿布を貼ると良い場所は基本的に痛みを感じる肘の外側周囲で良い
  • テニス肘は腕の筋肉が原因のこともあり、腕に炎症が広い範囲で起きている場合は、最初だけでも広い範囲で湿布を貼ると良い
  • テニス肘で湿布を貼ると良いのは、痛みの原因が炎症にある場合。それ以外が原因の場合は、湿布を貼っても効果は期待できない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。