テニス肘で肘を曲げると痛い!原因や曲げやすくするために必要なこと

肘を曲げる
Pocket

テニス肘になり肘を曲げると痛い。

肘を曲げたり、伸ばしたりすることは日常生活のいろいろな場面でありますよね。そんな時に、毎回痛みがあると困ることが増えると思います。

また、ちょっとした動作の度に肘が痛いと、そのことがストレスにもなってしまうのではないでしょうか。

そういった、テニス肘による肘を曲げた時の痛みは、実は原因がはっきりしています。そして、スムーズに曲げやすくするためにはどうすれば良いかも。

肘を曲げた時に痛むのは何が原因で、その原因はどこにあるのか?また、原因に対してどういうことをすれば良いのか?などについて解説をしています。

テニス肘で肘を曲げると痛む方は続きをどうぞ。

1 テニス肘で曲げると痛む理由

黒板

テニス肘になり、肘を曲げると肘の外側が痛む。その理由は、肘を曲げる時に働く腕の筋肉が固まってしまっていることにあります。

曲げた時に痛むのは、肘の外側にある骨の部分ではないでしょうか。そのため、曲げて痛む場合、骨や関節が悪いと思いがち。ですが、レントゲンで骨に異常がなければ原因は筋肉。

肘を曲げるという動作をする筋肉が腕にあります。その筋肉が固まっているため、曲げるという動作をする時に痛みが出るのです。

2 筋肉は固まると痛みの原因になることについて

筋肉が固まった結果、肘を曲げると痛みが出る。そう言われても、何となくは分かるけどもう少し詳しく知りたいという方もいると思います。そこで、少し掘り下げて解説をします。

筋肉に疲労がたまると、だんだん縮んで固まってしまいます。この状態が続くと、筋肉が「発痛」といって痛みの元になってしまうのです。

そして、筋肉が原因の痛みは、筋肉が収縮した時に出るのが特徴。つまり、筋肉を使ったり力を入れた時に痛みが出るということですね。こういう痛みを筋膜性疼痛症候群と言います。

テニス肘でも、肘を曲げるという動作で痛む場合は筋肉が原因なのです。つまり、肘を曲げる筋肉が固まって痛みの元となり、使った時に発痛しているということになります。

3 テニス肘で曲げると痛みの元になるのはこの筋肉

テニス肘になり、曲げると肘の外側が痛む。その原因は、筋肉にあるということをお伝えしました。では、具体的にどの筋肉なのかを解説します。

写真をご覧ください。

曲げると痛む原因になる筋肉

左腕の手首から肘のやや上にかけて赤い印を付けています。ここにある筋肉が固まってしまうと、肘を曲げた時に肘に痛みが出ます。専門的なことになりますが、筋肉の名前を挙げておきます。

  • 腕橈骨筋
  • 長橈側手根伸筋
  • 短橈側手根伸筋

難しいかとは思いますが、これら3つの筋肉が肘を曲げる時に働きます。他にも肘を曲げる際に働く筋肉はありますが、テニス肘の痛みの元になりやすいのはこの3つです。

4 肘を曲げて痛むなら湿布を貼るのはどうか?

湿布

テニス肘で肘を曲げて痛む時に、湿布を貼れば良いのではと考える方は多いと思います。ですが、残念ながら湿布の効果はあまりないでしょう。

なぜなら、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。肘を曲げると痛む場合、原因は固まった筋肉。ですから、筋肉がゆるむことが必要なのであって、炎症を抑えることが必要なのではありません。

つまり、湿布が良いか悪いかではなく、そもそも痛みの原因への対処法として間違えているということですね。

5 肘を曲げて痛む時に注射はどうか?

注射

肘を曲げると痛む状況が続くと、痛み止めの注射を提案されることがあります。そして、注射なら良さそうと思って打ってもらっても、結局曲げると痛い状況は変わらない。

こうなる方も多いですね。では、なぜ注射が効かないことがあるのかというと、理屈は先ほどの湿布と同じです。痛み止めの注射は多くの場合ステロイド。

ステロイドは消炎鎮痛剤なので、炎症が原因なら効果はあると思います。ですが、筋肉をゆるめなければいけない状況に対しては、そもそもの前提が間違っているということになります。

テニス肘に痛み止めの注射が効かないシンプルな理由と別の対処法

6 テニス肘で曲げると痛む時の注意点

注意点

テニス肘で曲げると肘が痛む。その場合の原因は、腕の筋肉が固まったことにあります。ですから、痛みがある時は必要以上に腕に負担をかけないようにすることが必要。

仕事で使わなければいけない状況もあると思います。ですが、できる限り力仕事は代わってもらうとか、腕の負担が大きくなることは控えてください。また、当然ですが筋トレ等も同様です。

痛みが治まるまではまず筋肉の疲労を取ることが先決。そして、痛みが治まったらまた今までどおり使えば良いのですから。

7 筋肉が原因で肘を曲げると痛む時の対策

肘

テニス肘になり、肘を曲げると痛む場合は筋肉に原因があります。筋肉が疲労し固まっているため、曲げると痛いという状態。この状態への対策の1つに、トリガーポイント鍼療法があります。

筋肉に鍼の施術をするという方法なので、固まって痛みの原因になっている筋肉を施術することができます。曲げると痛いだけではなく、力を入れても痛い。そんな時は筋肉が原因。

ですから、湿布や注射がダメでも、筋肉への対策はこういう方法があるということを知ってもらえればと思います。

テニス肘をトリガーポイント鍼療法で施術する理由や知って欲しい7つのこと

8 テニス肘で肘を曲げると痛む状態の方へ

テニス肘で肘を曲げると痛む場合、最初は湿布を貼ってみようと思う方が多いと思います。そして、残念ながら湿布を貼っても痛みが変わらない。

こうなってしまう理由は、今回解説したとおりです。湿布が良いとか悪いではなく、前提がそもそも間違っているということでしたね。そして、注射でもこれは同じ。

痛みの原因って1つではありません。ですから、何が原因で痛みが出ているのか?をまず判断することが大切。そして、それに対しての対策をするのが良いということですね。

曲げると痛むのは筋肉が原因。そして、その場合の対策もちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

テニス肘で肘を曲げると痛む状態でお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • テニス肘で肘を曲げると痛む場合、腕の筋肉が固まってしまったことに原因がある
  • 肘を曲げるという動作で痛みが出る場合、消炎鎮痛剤としての湿布や注射の効果は期待できない
  • 肘を曲げて痛む場合は筋肉に原因があるので、痛みが治まるまではできるだけ腕の筋肉に負担がかかることは控えるのが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。