テニス肘でやってはいけないことは?理由や痛みについての解説

バツ
Pocket

テニス肘で痛みがある場合、やってはいけないことがいろいろあります。

良いと思って取り組んでいることでも、実は回復を遅らせる要因になっていることがあります。また、悪化の元になってしまうようなこともあります。

誰でもできるだけ早く良くなりたいと思いますよね。そんな状態の時こそ、やってはいけないことをしてしまいがち。

では、テニス肘で肘の外側が痛む時にやってはいけないことは何か?そして、もしやってしまって痛みが増した場合はどうすれば良いのか?などについて解説をしています。

テニス肘でやってはいけないことが気になる方は続きをどうぞ。

1 テニス肘でやってはいけないことは?

黒板

テニス肘になった場合、やってはいけないことがいろいろあります。簡単に言うと、痛みがある時でも痛みを我慢して腕を使うということ。

テニス肘の痛みの元は主に2つあります。それは、炎症と筋肉。つまり、炎症が起きたことによる痛みと、筋肉が固まってしまったことによる痛みです。

どちらも、腕の使い過ぎで起こる痛み。ですから、テニス肘で痛みがある場合、必要以上に腕を使うことはやってはいけないこととなります。

2 やってはいけないことの具体例

テニス肘で痛みがある時に、必要以上に腕を使ってはいけないことは分かった。ただ、腕なので使わないわけにはいかない。

では、どこまでが良くて、どこからがダメなのか?そこが分かりにくいですよね。正確な線引きは難しいです。ただ、やってはいけないことの具体例を挙げることはできます。

ここからは、具体的に控えて欲しいことについて解説をしていきます。

3 鍛えて治そうとしてはいけない

ダンベル

テニス肘で痛みがある時に、その痛みを筋トレなどで鍛えて治そうとするのは良い方法とは言えません。理由は、冒頭でもお伝えしたとおり、必要以上に筋肉を使わないことが大切だからです。

筋トレ自体を否定をしているのではありません。そういうことではなく、鍛えるということと痛みを取るということは全く別の作業ということ。

鍛えれば良くなるのでは?と思う気持ちはよく分かります。ですが、鍛えると良いのは、一度良くなった後に再発予防として取り組む場合なのです。

4 安静時に疼くなら温めてはいけない

テニス肘

テニス肘になり、安静時でも肘の外側がズキズキと疼くように痛むなら、温めることはしないでください。なぜなら、炎症による痛みが増す可能性が高いからです。

テニス肘の痛みの元が炎症による場合があります。その状態に対して温めると炎症が増してしまい、結果として痛みが増すことがあるのです。

お風呂に入っている時や、お風呂から出た後は痛みが増す。そんな状態なら、温めないようにするのが良いですね。

5 痛みを我慢しながらスポーツを続けてはいけない

ゴルフ

テニス肘で痛みがある場合、その痛みを我慢しながらスポーツを続けるのは良くありません。

ちょっとくらい良いだろうと思って、今までどおりスポーツをしてしまう。または、動いているうちに痛みも治まるから大丈夫だろうと思ってスポーツをする。

こういう状況だとしても、やはり腕の筋肉への負担が続くといつまでも痛みも続くことになります。ですから、まずは痛みへの対策が先決ということですね。

6 軽作業でも痛みが出るならやってはいけない

テニス肘の痛みが、軽い作業でも増してくる。そんな場合は、たとえ力仕事ではなく、軽い仕事だとしてもやってはいけないことになります。

パソコンのキーボードを使う、ピアノを弾く。こういったことは、それほど強い力を必要とはしません。ですが、長時間続けていると痛みが出てくることもあります。

ですから、たとえ軽い作業でも肘の痛みが出るなら止めましょうということですね。

7 テニス肘で肘の外側が痛む方へ

テニス肘で肘の外側が痛む場合、何をやって良いのか、何をやってはいけないのかで迷うことがあると思います。

やってはいけないことの基本は、腕の筋肉への負担がかかること。腕なので使わないわけにはいかないというのは分かります。だから、必要な範囲でのみ使うようにする。

それ以外に鍛えて治そうとか、痛みを我慢しながらスポーツを続けるのは良くないということですね。

可能な範囲からで構いません。できるだけ、腕の筋肉を休ませるようにしてみてくださいね。

テニス肘でお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • テニス肘でやってはいけないことは、腕の筋肉に負担がかかること。なぜなら、痛みの多くは腕の筋肉が固まったことに原因があるから
  • 炎症が起きることによって肘の外側が痛むこともある。その場合は、患部を温めないようにすることが必要
  • 筋肉が原因で痛みが出ている場合、鍛えたり、痛みを我慢しながらスポーツを続けることはやってはいけない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。