テニス肘で骨が痛いと感じる時の原因は何?痛みの元とその対処法

迷う
Pocket

テニス肘になると、骨が痛いと感じることがあると思います。

肘の外側辺りで、少し出っ張った骨の部分。そういった所に痛みを感じる場合、痛みの元は骨や関節かというと実際には違うことがほとんどです。

つまり、骨が痛いと感じる場合でも、骨折でもしていない限り痛みの元は別にあるということです。骨じゃなければ関節か?と思うかもしれませんが、関節が原因でもありません。

では、テニス肘で骨が痛いと感じる場合、何が痛みの元なのか?そして、その場合はどうすれば良いのか?について解説をしています。

テニス肘で骨が痛いと感じる方は続きをどうぞ。

1 テニス肘で骨が痛い場合の原因は?

黒板

テニス肘で、骨が痛いように感じる。この場合、原因は骨や関節ではなく、腕の筋肉に原因があります。つまり、腕の筋肉が痛みの元になっているということ。

腕には複数の筋肉があります。それらは、指から肘までつながっていて、肘の外側でまとまって骨に付着しています。痛みを感じるのはそのまとまって付着している部分。

ですから、骨が痛いように感じるかもしれませんが、実際には筋肉が原因ということ。肘を曲げたり伸ばしたり、腕に力を入れた時に骨が痛いと感じる。そんな場合は、筋肉が原因ですね。

2 テニス肘の痛みの元はこの筋肉

テニス肘で、肘の外側で骨が痛く感じる。その場合、骨や関節ではなく腕の筋肉が原因ということを説明しました。

では、具体的にどの辺りの筋肉が痛みの元になるのかを続けて説明します。写真をご覧ください。

テニス肘の原因になりやすい筋肉

左腕と肘の外側辺りに赤い印を付けています。腕の部分には複数の筋肉があります。それらがまとまって肘の外側の骨に付着しています。

また、肘の外側辺りにも小さな筋肉があり、こちらも同じく肘の外側の骨に付着しています。腕の筋肉も、肘の筋肉も肘を曲げたり伸ばしたりする際に働きます。

そのため、これらの筋肉が固まっていると痛みが出て、付着している骨の部分に痛みを感じるということになるのです。

3 痛みの原因は本当に筋肉か?

肘を曲げる

肘の外側で骨が痛い。そう感じる場合でも、痛みの原因は筋肉ということをお伝えしました。ただ、そう言われてもやっぱり不安。そんな方もいると思います。

その場合は、整形外科でレントゲンを撮ってもらうのが良いですね。特に、転倒したとか、どこかに肘を強くぶつけてしまったという覚えがあるなら病院で診察を受けましょう。

そして、レントゲンで骨には異常がないと分かった。そんな状態なら、やはり筋肉が原因と言えます。

4 こんな時に痛むなら筋肉が原因

肘

肘の外側の骨が痛むように感じる場合でも、レントゲンで骨に異常がなければ筋肉が原因という説明をしました。

では、どういう状態なら筋肉が原因と言えるのか具体例を挙げてみます。

  • 肘を曲げると痛い
  • 肘を伸ばすと痛い
  • 腕に力を入れると肘の外側が痛む
  • 自転車のブレーキをかけると肘が痛む
  • タオルを絞る時に肘が痛む

他にもありますが、こういった動作に伴って肘が痛むなら筋肉が原因です。

5 筋肉が原因ならサポーターは?

肘用サポーター

テニス肘で骨が痛く感じる場合でも、その原因は骨折をしていなければ筋肉にある。それならば、筋肉を補助する目的で肘用のサポーターをすれば良いのではと思うかもしれません。

そういったサポーターに関しては、実際に使ってみてからの判断になります。着けることで肘の痛みが楽になるようなら着けるのが良いですね。

ただ、着けても痛みが変わらない。そんな場合は、そもそも意味がありませんので外しましょう。

6 痛みを感じる部分に湿布を貼るのは?

湿布

テニス肘で骨が痛く感じる場合でも、原因は肘の骨に付着している腕の筋肉にある。それならば、その筋肉が付着している部分に湿布を貼るのはどうか?と思う方もいるでしょう。

この場合、患部に炎症が起きていれば湿布はある程度は有効です。なぜなら、湿布は消炎鎮痛剤だからです。ですから、痛む部分で炎症があれば、炎症による痛みに対しては良いでしょう。

ですが、炎症がなく筋肉による痛みのみならば、湿布を貼ってもあまり痛みは変わらないでしょう。

7 骨が痛む場合でも筋肉が原因ならどうすればいい?

肘

テニス肘になり骨が痛く感じる場合でも、その原因が腕の筋肉にある場合は筋肉がゆるむことが必要です。そのための方法として、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みの元になっている筋肉へ施術をするという鍼の方法。ですから、骨が痛く感じる場合でも、原因が筋肉なら施術が可能です。

骨が痛いように感じるが、骨折はしていない。その代わり、肘を曲げ伸ばししたり力を入れると痛い。そんな状況なら、筋肉が原因なので施術の対象になります。

テニス肘をトリガーポイント鍼療法で施術する理由や知って欲しい7つのこと

8 テニス肘で骨が痛むように感じる方へ

テニス肘になり、肘の骨が痛むように感じると骨や関節が悪いのではと思ってしまいがち。ですが、骨折や関節に異常がなければ、原因は筋肉ということを説明してきました。

ですから、骨が痛く感じるならまずは整形外科を受診しましょう。そして、レントゲンで骨や関節に異常がなければ、肘の痛みは筋肉に原因があるということになります。

筋肉が原因で痛みが出ているなら、大切なことは必要以上に腕に負担をかけないこと。全く使うなということではなく、必要な範囲でということですね。

そして、同時に腕の筋肉へのケアをしていく。そういう流れが大切です。骨が痛く感じても、筋肉が原因ということを知ってもらえればと思います。

テニス肘で骨が痛むように感じるならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • テニス肘で肘の骨が痛く感じる場合でも、骨折等の骨や関節に異常がなければ痛みの元は腕の筋肉にある
  • 骨が痛むように感じる場合でも、肘を曲げ伸ばしする時や腕に力を入れた時に痛むなら原因は筋肉にある
  • 筋肉が原因で肘に痛みが出ている場合、肘用のサポーターは着けて楽なら着ける。変わらないなら外しておくのが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。