テニス肘で手首も痛くなるのはなぜ?痛む理由や必要な対策など7項目

手首
LINEで送る
Pocket

テニス肘になると、肘の痛みだけではなく手首が痛くなることもあります。

手を使った時に、肘だけではなく手首まで痛くなると困ってしまいますよね。そういった、肘の痛みだけではなく手首にも痛みが出るのはなぜでしょうか?

実は、テニス肘に伴い手首が痛くなることは珍しいことではありません。ちゃんと原因がありますし、どうすれば良いのかという対策もあります。

では、テニス肘に伴い手首が痛くなる原因は何か?そして、その手首の痛みはどうすれば良いのか?などについて知って欲しいことを解説しています。

テニス肘で手首も痛む方はご参考ください。

1 テニス肘で手首も痛くなる理由

黒板

テニス肘で肘の外側だけではなく、手首も痛くなってしまうのは腕の筋肉が肘から手首までつながっているからです。

腕の筋肉の多くは、指から肘までつながっています。そのため、手先を使うことが多いとその筋肉に負担がかかります。その結果、肘や手首に痛みが出るということですね。

手首を返す動作や、手首を動かすと肘や手首が痛む。そんな状態なら、腕の筋肉が手首から肘にかけて広い範囲で固まって痛みの元になっていると考えられます。

2 痛みの原因になるのはここ

テニス肘で肘だけではなく、手首も痛みがある場合の原因は腕の筋肉ということを説明しました。では、どの筋肉が原因になりやすいのかを続けて説明します。

写真をご覧ください。

手首の痛み

左腕の手首から肘にかけて赤い印をつけています。そして、手首と肘にバツ印をつけています。

腕につけた赤い印の部分にあるのが筋肉とお考えください。この筋肉は、肘から手首、指にかけてつながっています。そのため、この筋肉が固まってしまうと痛みの元になります。

痛みが出る部分は、手首と肘の部分ということですね。筋肉全体が痛みの元になってしまうと、肘だけではなく手首にも痛みが出ることがあるのです。

3 複数の筋肉が痛みの原因になる

腕には複数の筋肉があります。そして、どれも手首の痛みの元になる可能性はあります。

つまり、皮膚から見て浅い部分にある筋肉もあれば、深い部分にある筋肉も痛みの原因になるということですね。

手首が痛い時に、表面から触ってもどこが痛むのかよく分からないということがあると思います。これは、深部の筋肉が原因になっていると考えられます。

4 手首の痛みにつながりやすいのはこんなこと

テニス肘で肘だけではなく、手首まで痛む場合はどういうことをした時なのか?具体的な例をいくつか挙げてみます。

  • キーボードを長時間打つ
  • ピアノを長時間弾く
  • 腕立て伏せ
  • パンの生地をこねる作業
  • 雑巾やタオルを絞る動作

他にもありますが、こういった動作が肘だけではなく手首の痛みにもつながりやすいです。ですから、肘や手首に痛みがある時は、可能な限り控えてくださいね。

5 テニス肘で手首も痛む場合の対策

テニス肘で肘だけではなく手首にも痛みがある。そんな場合にはどういうことをすれば良いのかについてです。

5-1 痛みが出る動作はできるだけ控える

テニス肘になってしまう原因は、簡単に言うと筋肉に疲労がたまりすぎたことにあります。

ですから、まず必要なことは腕の筋肉に負担がかかることをできるだけ控えるということ。仕事だから仕方がないという面もあるとは思います。

だからできるだけ控える。まずはそこから始めてみてください。

5-2 筋肉の疲労を取るために

肘や手首の痛みは、腕の筋肉に原因があります。疲労が重なり固まってしまった結果、痛みが出ているという状態。ですから、疲労を取ることが必要。

そのためには、腕を使った後はストレッチやマッサージをして少しでも疲労を取るようにしてみてください。

5-3 痛みを我慢しながら使ってしまった時は

痛みを我慢しながら腕を使ってしまった。そういう時もあるとは思います。そんな日は、念のため痛む部分に湿布を貼ってみてください。

湿布は消炎鎮痛剤なので、炎症による痛みに対して有効。ですから、筋肉が原因の痛み以外に炎症が起きた場合は良いということですね。

痛みを我慢して使ってしまい、その後痛みが強くなってしまった。そんな時は、炎症が起きているかもしれません。そのため、湿布がよいということですね。

6 手首の痛みにはこんな施術もある

肘

テニス肘になり肘だけではなく手首も痛む。その原因は、腕にある肘から手首にかけてつながっている筋肉が固まっているためです。

そんな筋肉が固まったことで痛みが出ている場合、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。ツボではなく、筋肉へ鍼の施術をする方法。

ですから、テニス肘のように筋肉が原因で手首や肘が痛むなら施術をすることが可能です。

テニス肘をトリガーポイント鍼療法で施術する理由や知って欲しい7つのこと

7 テニス肘で手首も痛む方へ

テニス肘で肘の外側だけではなく、手首まで痛くなると困ってしまいますよね。仕事や日常生活でいろいろと影響が出ることも多いでしょう。

そんな状況なら、難しいかとは思いますがまずは腕の負担を少しでも減らすこと。そして、筋肉の状態を良くしていくことが必要です。

痛みを我慢しながらでも仕事はできるかもしれません。ですが、我慢してできる内は良くても、我慢できないくらい痛くなってからでは遅いですよね。

だから、まずは負担を減らす。そして、筋肉に対して必要な対策を取っていくということが大切ですね。

テニス肘で肘だけではなく手首も痛む方はこちらもどうぞ

まとめ

  • テニス肘で肘の外側だけではなく、手首まで痛くなってしまうのは、腕の筋肉が肘から手首にかけてつながっているから
  • キーボード、ピアノ、タオルを絞るなどの動作が多いと肘だけではなく手首にも痛みが出ることがある
  • 腕の筋肉が原因で手首に痛みが出ている場合、まずは腕の筋肉への負担を減らすことが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。