肘の外側の痛みは何が原因?考えられる原因と対処法

肘用サポーター
Pocket

肘の外側に痛みがある。この場合、考えられる原因は何でしょうか?

その時の状況にもよりますが、肘の痛みに関して原因になり得る症状がいくつかあります。

では、具体的にどういう場合に肘の外側に痛みが出るのか?また、実際に痛みがある場合はどういうことをしていけば良いのか?

いろいろと分からないことが多い方もいると思います。そこで、肘の外側の痛みについて考えられる原因、そして具体的な対処法などについて解説をしていきます。

肘の外側の痛みがある方はご参考ください。

1 肘の外側が痛む時の原因は?

黒板

肘の外側が痛む時に、考えられる原因はいろいろあります。いくつか例を挙げてみますね。

  • テニス肘
  • 炎症による痛み
  • 首や肩の筋肉が原因の場合

それぞれについて、もう少し具体的に解説をしていきます。

2 テニス肘について

肘の痛み

肘の外側が痛む場合、その原因として多いのがテニス肘でしょう。テニス肘と言うのは俗称で、正確には上腕骨外側上顆炎と言います。要するに肘の外側の関節辺りが痛いということ。

テニス肘になってしまう理由は、筋肉の疲労による場合がほとんどです。ただ、筋肉の疲労に加えて同時に炎症が起きていることも珍しくありません。

肘を曲げ伸ばしすると痛い、腕に力を入れると痛い、タオルを絞る時に肘が痛む。そんな状況ならテニス肘になっていると言えます。

3 炎症による痛みについて

テニス肘

肘の外側の痛みが、炎症によって起きる場合もあります。分かりやすい例としては、打ち身や捻挫をした時。つまり、肘をぶつけたとか、スポーツをしていて捻ったなどの場合ですね。

また、腕を使い過ぎてテニス肘になった場合も、原因が筋肉だけではなく炎症によって起きる場合もあります。

肘を動かさなくてもズキズキと痛む。そんな場合は、炎症によって痛みが出ていることが考えられますね。

4 首や肩の筋肉が原因の場合について

首や肩周りの筋肉が固まってしまった結果、肘まで痛みが出ることがあります。頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアと診断された場合で、原因が筋肉にある場合などが該当します。

首や肩に原因があるなら神経によるものではと思うかもしれません。ですが、筋肉が固まったことでも、離れた部分に痛みが出ることはあります。

上を向く、首を回すといった動作をした時に、肘の外側辺りにも痛みが出る。そんな状態なら、首や肩周りの筋肉が原因と考えられます。

5 肘の外側が痛む場合はまず何をすればいい?

病院

肘の外側が痛む場合、まず何をすれば良いのかというと病院受診です。近隣の整形外科で構いません。病院なんて大げさなと思う方もいるかもしれません。

ですが、痛みが続くようならちゃんと必要な検査等をしてもらって、何が原因の痛みかを先生に診断してもらうのが良いです。

明らかなケガがなければ、テニス肘のことが多いと思います。ですが、先ほど解説したように、首や肩周りに原因があることも考えられます。

ですから、まずは整形外科を受診するようにしてくださいね。

6 肘の外側の痛みはどうすればいい?

肘の外側が痛くて、病院を受診したらテニス肘と言われた。そんな場合の対処法について説明をしていきたいと思います。

6-1 安静時にも疼くなら湿布

湿布

安静にしていても肘の外側がズキズキ疼く。そんな場合は、湿布を貼るのが良いですね。痛みを感じる患部に貼れば良いです。

また、そんな時は炎症による痛みが出ていると考えられます。ですから、お風呂に入っても良いですが、温め過ぎないようにして下さいね。

6-2 サポーターは着けてから判断

テニス肘

テニス肘の痛みがある場合、テニス肘用のサポーターがあります。ただ、サポーターをすれば良くなるということではありません。サポーターは筋肉を助けることが役割。

仕事で腕を使う場合に、サポーターをすれば少し楽。そんな場合ならサポーターを着けるのが良いです。しかし、変わらないなら外しておくのが良いですね。

6-3 筋肉が原因の痛みへの対策

肘

肘の外側の痛みがテニス肘によるもので、痛みの元が筋肉にある。そんな場合は、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの元になってしまった筋肉へ鍼の施術をする方法。ですから、炎症ではなく筋肉に原因があるテニス肘なら施術が可能です。

肘を曲げる、伸ばす、腕に力を入れるなどの際に肘の外側が痛む。そんな状態なら筋肉が原因なので施術の対象になりますね。

テニス肘をトリガーポイント鍼療法で施術する理由や知って欲しい7つのこと

7 肘の外側の痛みでお困りの方へ

肘の外側が痛む場合に考えられる原因について解説をしてきました。大きなケガなどをしていない限りは、テニス肘になっていることが多いと思います。

ですが、肘の外側の痛み=必ずテニス肘というわけではありません。ですから、痛みがある場合はまず整形外科の先生に見てもらうことが大切。

時間がない、面倒だから・・・。そうなる気持ちは分かりますが、ひどくなる前にちゃんと見てもらう方が良いですよ。

そして、テニス肘ならちゃんと対策もあるということを知ってもらえればと思います。

肘の外側が痛む症状でお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 肘の外側が痛む場合の原因は、テニス肘のことが多いが、首や肩などに原因があることも考えられる
  • テニス肘の場合は筋肉が痛みの元になっていることが多いが、炎症による痛みが同時に出ていることもある
  • 肘の外側の痛みがある場合は、自己判断せずまずは整形外科を受診することが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。