テニス肘でサポーターはした方がいい?サポーターが良い時・ダメな時

テニス肘
Pocket

テニス肘になり肘の外側が痛む場合、サポーターをした方が良いのでしょうか?それともしなくても良いのでしょうか?

肘の外側が痛む場合、少しでも楽な方が良いですよね。そこでサポーターをしてみてはどうかと考える方は多いです。また、病院で処方されることもあります。

そんなサポーターですが、した方が良い場合もあれば逆にしない方が良い場合もあります。ではその違いや理由は何か?などについて解説をしています。

テニス肘でサポーターを検討している方は続きをどうぞ。

1 テニス肘はサポーターをした方が良い?

黒板

テニス肘になり肘の外側が痛む。その場合、肘用のサポーターをした方が良いのかどうか?その答えは次のようになります。

  • サポーターを着けて楽なら着ける
  • サポーターを着けても変わらないなら外す

シンプルですよね。一度試してみて、楽に感じるならすれば良いということです。着けても痛みが変わらないなら、それは単に締め付けているだけ。なので、外しましょうということですね。

2 サポーターを着けると楽になるのはなぜ?

サポーターを着けるとテニス肘の痛みが少し楽になる。その理由は、サポーターが腕の筋肉を補助する役割として機能しているからです。

テニス肘の痛みは、腕の筋肉が固まったことにあります。腕の筋肉は肘についているのですが、肘につながっている筋肉を使うから痛みが出るということ。

その状態でサポーターをすると、筋肉を補助してくれます。そのため、着けている時は腕を使っても痛みが少し楽に感じるということですね。

3 サポーターを着けても変わらないなら外す方が良い理由

サポーターを着けてもテニス肘の痛みが変わらない。そんな時は、サポーターを外しましょう。なぜなら、単に締め付けているだけだからです。

痛みが無い腕をゴムで締め付けていることを想像してみてください。意味がないことがお分かりいただけると思います。

サポーターをしても痛みが変わらないということは、補助の役割になっていないということ。ですから、外しましょうということなのです。

4 その他にサポーターを外す方が良い時

テニス肘用のサポーターは、着けても痛みが変わらないなら外しましょうということをお伝えしました。

そういう時以外でも外した方が良い場合があります。それは、寝る時。サポーターは筋肉の補助が役割です。ですから、日中腕を使う時に痛みが楽になるなら有効。

ですが、寝る時はそもそも腕を使いませんよね。ですから、日中着けると楽に感じる場合でも、寝る時は不要なので外しましょうということですね。

5 サポーターを着ける位置はどこがいい?

テニス肘になり、サポーターを着けようと思っている。そんな場合、どこに着ければ良いかというと、答えは単純で楽な位置で構いません。

肘の周囲を広く覆うタイプのものなら肘を中心に着ければ良いです。ただ、幅が狭いタイプのものもあります。下の写真のようなタイプですね。

肘用サポーター

このタイプの場合、肘に着ければ良いのか、それとも腕に着ければ良いのか迷うかもしれません。こういうタイプの場合は、使ってみて最も楽に感じる位置が良いですね。

6 テニス肘用サポーターの役割

テニス肘用のサポーターについて解説をしてきました。ここで、基本的なことを確認していただきたいのでお伝えしておきます。

テニス肘用のサポーターの役割は、筋肉の補助です。ですから、サポーターをしていれば痛みが治まるということではありません。サポーターに痛みを取る成分が入っているわけではないのです。

ですから、使って楽だからサポーターだけしてれば良いかと言うとそうではありません。必要な対策をちゃんとしないと、結局はいつまでも痛いままということ。

サポーターが良い・悪いではなく、あくまでも役割が補助ということを忘れないでくださいね。

7 テニス肘の痛みが続くなら

肘

テニス肘になり、肘の外側が痛い。サポーターをすれば少し楽だけど、外すとやっぱり痛いまま。そんな状態が続くなら、痛みの元への対策が必要です。

テニス肘の痛みは、炎症と筋肉にその元があることがほとんど。炎症による痛みには湿布が良いです。そして、筋肉による痛みは原因になっている筋肉がゆるむことが必要。

固まった筋肉は痛みの元になるので、その筋肉への対策が必要ということですね。

テニス肘をトリガーポイント鍼療法で施術する理由や知って欲しい7つのこと

8 テニス肘の痛みでお困りの方へ

テニス肘になり、肘の外側が痛むと日常生活や仕事で困ることが増えますよね。そこでサポーターが手っ取り早いので着けてみる。こういう方は多いです。

ただ、サポーターは今回解説したようにあくまでも補助具。ですから、使ってみて楽なら良いですが、そうでなければ外しましょう。

さらに、いつまでも痛みが続くなら、整形外科等を受診してください。いつまでも痛いままだと、結局困るのはご自身ですから。

サポーターは使ってみて判断する。そして、痛みが続く場合は対策がちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

テニス肘で肘の外側が痛むならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • テニス肘で痛みがある場合、サポーターは使ってみて楽なら使えば良いが、変わらないならむしろ外しておく方が良い
  • テニス肘用のサポーターの役割は、筋肉を補助することにある。なぜなら、テニス肘の痛みの元が腕の筋肉にあるから
  • サポーターを使って楽な場合でも、寝る時は必ずサポーターは外すようにする

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。