テニス肘の痛みにはアイシングすれば良い?冷やす理由やその他の対策まとめ

肘の痛み
Pocket

テニス肘の痛みがある場合、アイシングで冷やせば良いのかな?

こう思う方は多いのではないでしょうか。アイシング自体は良いことなのですが、テニス肘とは言ってもいつでも冷やすことが有効とは限りません。

つまり、テニス肘の痛みに対して冷やすことが有効な場合もあれば、ほとんど意味のない場合もあるということですね。

では、どんな場合が有効で、どんな場合が意味がないのか?また、その理由は何なのか?などについて解説をしています。

テニス肘の痛みでお困りなら続きをどうぞ。

1 テニス肘にアイシングは有効か?

黒板

テニス肘の痛みに対してアイシングが有効なのは、炎症によって肘の外側にズキズキとした痛みがある時です。また、腫れや熱感、赤くなっている場合も有効ですね。

テニス肘の痛みの原因が、炎症によって起きている場合があります。そういった時は、冷やすことで炎症を和らげることができるので効果が期待できるということ。

スポーツの後や、腕をよく使った後に肘の外側に痛みや熱感がある。そんな場合は、冷やすことが良いですね。

2 テニス肘でアイシングが不要な場合

肘

冒頭で、テニス肘にアイシングをしても意味がない場合もあるということをお伝えしました。それはどういう時かというと、痛みの元が炎症ではない時です。

炎症によって痛みや熱感があるなら冷やすことは良いです。しかし、痛みの他の原因として、腕の筋肉が固まったことによる場合があります。この場合は、冷やしても意味がありません。

肘を曲げ伸ばししたり、腕に力を入れると痛い。そんな場合は筋肉が原因。ですから、冷やすより筋肉をゆるめることが必要ということですね。

3 炎症による痛みの特徴

テニス肘

テニス肘の痛みが炎症によって起きている。そんな場合にはいくつかの特徴がありますので挙げておきます。

  • 痛み
  • 熱感
  • 腫れ
  • 赤み

4つ特徴を挙げましたが、これらの内で痛みと熱感が比較的多く見られます。安静にしている時にズキズキ疼くとか、スポーツの後は肘に熱感がある。そんな状態なら炎症が起きていると言えます。

ですから、そういう場合はアイシングが良いということになりますね。

4 筋肉による痛みの特徴

肘を曲げる

テニス肘の痛みは、筋肉に原因がある場合も多いです。その場合の特徴は主に次の2つ。

  • 腕を動かした時に痛む
  • 腕に力を入れた時に痛む

肘を曲げ伸ばししたり、荷物を持つなどした際に痛みが出るなら筋肉が原因。つまり、筋肉を使った時に痛みが出るということですね。

こういう状態の場合には、炎症が原因ではないのでアイシングは不要ということになります。

5 アイシングでも痛む場合は?

湿布

アイシングをしても、テニス肘の痛みが続く場合も多いと思います。アイシングの役割は、あくまでも上がった熱を下げること。ですから、痛みを取っているわけではありません。

アイシングで冷やしても、ズキズキとした痛みが続く時は湿布が良いですね。市販の冷湿布で構いません。気になる部分に貼るようにしてみてください。

かぶれやすい方の場合は塗り薬でも良いでしょう。また、よる貼って朝に取るということでも良いですよ。

6 テニス肘の痛みが続く方へ

テニス肘になり、アイシングや湿布をしても痛みが続く。そんな場合は、ちゃんと病院で診てもらうようにしましょう。

湿布では治まらない炎症に対しては、痛み止めの薬が必要かもしれません。また、筋肉が原因の痛みなら、それに対しての治療が必要かもしれません。

痛みが続いても、それをそのまま放っておくのが一番良くないです。ですから、ご自身でできるアイシング等はもちろん良いことです。

ですが、痛みが続く場合はちゃんと治療を受けるようにしてくださいね。

テニス肘でアイシングをしても痛む方はこちらもどうぞ

まとめ

  • テニス肘でアイシングが有効なのは、炎症によって熱感がある場合。そうでなければそもそも意味がない
  • テニス肘の痛みは、炎症によって起きている場合と筋肉が固まったことによって起きている場合がある
  • 炎症による痛みはアイシングだけではなく湿布を貼るという方法もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。