野球肘になるとどういう症状が出るの?よくある症状の原因や対策などまとめ

野球肘
Pocket

野球肘という症状があります。

野球肘というのは俗称で、正しくは上腕骨内側上顆炎と言います。では、この野球肘になると、主にどういう症状が見られるのでしょうか?

野球肘という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。でも、具体的な症状というと何となくしか分からないという状況ではないでしょうか。

そこで今回は、野球肘になった場合によく見られる症状は何か?そして、どういう時にその症状が見られるのか?また、その症状の原因は何か?などについて解説をしています。

野球肘の症状について知りたい方は続きをどうぞ。

1 野球肘の主な症状は?

黒板

野球肘になった場合には、主にどんな症状が見られるのか?いくつか代表的な症状を挙げてみます。

  • 肘の内側で骨の出っ張った部分が痛む
  • 肘を曲げると痛みが出る
  • 肘をピンと伸ばすと痛みが出る
  • 顔を洗う時に肘の内側が痛む
  • 腕に力を入れると痛みが出る

他にもありますが、主に見られるのはこういった症状です。

2 野球肘の痛みは何が原因?

野球肘の痛みは何が原因かというと、腕の筋肉が最も多いです。その次に、骨や関節。骨や関節の場合は、整形外科でレントゲンを撮ってもらえば分かります。

レントゲンを撮っても骨や関節には異常がない。でも、先ほど挙げたような状況で肘の内側に痛みが出る。そういう場合は筋肉が原因です。

筋肉は固まってしまうと痛みの元になります。ですから、肘の内側が痛む場合も肘の内側につながっている筋肉が固まってしまった結果痛みが出ているということですね。

3 野球肘の原因になる筋肉はここ

野球肘で肘の内側が痛む。その原因が、骨や関節ではなく筋肉にある場合、どこが原因になるのかを解説します。

写真をご覧ください。

野球肘の原因

腕に赤い印、肘の内側にバツ印をつけています。赤い印の部分にある筋肉が固まってしまうと、肘の内側につけたバツ印の部分に痛みが出るようになります。

赤い印の部分にある腕の筋肉は、細かく言うと指までつながっています。そのため、腕に力を入れたり、顔を洗うという動作で痛みが出るのです。

4 野球肘の痛みがある時にやってはいけないことは?

注意点

野球肘になり、肘の内側が痛む。そんな時にやってはいけないことは何か?気になる方もいると思いますので、いくつか例を挙げてみます。

  • 痛みの出る動作くり返す
  • 痛みを我慢しながら腕を使う
  • 痛みをそのままにする

肘の内側が痛む場合、上記のようなことはやってはいけないです。痛みがある状態でも、仕事などで普段どおり使ってしまうこともあると思います。

ですが、できる限り痛みを我慢して無理に使わないようにしてくださいね。それと、痛みをそのままにしないことも当然ですが大切です。

痛みの原因が筋肉ではなく、骨(関節遊離体)の場合もあります。ですから、まずはちゃんと病院を受診しましょうね。

5 野球肘の痛みにはどんな対策がある?

野球肘になり、肘の内側が痛む。そんな場合、どういう対策があるのかについて解説を続けます。

5-1 骨・関節が原因の場合

野球肘の痛みで、肘の骨・軟骨が少し欠けてしまい痛みの原因になることがあります。こういった骨のことを関節遊離体(かんせつゆうりたい)と言います。

この場合は、状況にもよりますが手術が必要な場合もあります。

5-2 腕の筋肉が原因の場合

腕の筋肉が原因の場合は、固まってしまったことが痛みの元になっています。ですから、腕の筋肉がゆるむことが必要。

そのためには、ストレッチやマッサージが手軽にできて良いですね。ただし、力任せに行うことはしないでくださいね。

また、補助具としての役割になりますが、テーピングやサポーターという方法もあります。使ってみて楽ならしばらくの間は使うのが良いですね。

6 野球肘の痛みに湿布は効かないの?

湿布

野球肘の痛みがある場合、湿布で良いのでは?と思う方も多いのではないでしょうか?ただ、湿布には効く痛みと効かない痛みがあります。

湿布は消炎鎮痛剤です。そのため、炎症が肘の内側に起きていて痛むなら湿布が良いですね。ですが、炎症がなければ湿布を貼ってもほとんど意味はありません。

安静にしていてもズキズキ疼くなら炎症が起きている可能性があります。ですが、動かした時だけ痛むなら炎症はないと考えられます。

炎症があるかないかの区別は難しいですよね。ですから、一度貼ってみて痛みが軽くなるならしばらく貼る。全く変わらないなら貼る必要がない状態と判断してください。

7 野球肘の原因が筋肉にあるなら

野球肘

野球肘で肘の内側が痛む。その原因が骨や関節ではなく、腕の筋肉が固まったことにある。そんな場合なら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの元になってしまった筋肉に直接鍼の施術をする方法です。そのため、野球肘でも骨や関節ではなく筋肉が原因なら施術が可能です。

肘を曲げたり、腕に力を入れた時に内側が痛む。そんな状態なら筋肉が原因なので施術の対象になります。

野球肘で肘の内側が痛む時のトリガーポイント鍼療法

8 野球肘で肘の内側が痛む方へ

野球肘でよくある症状について解説をしてきました。また、痛みの原因や対策も紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

単に肘の内側が痛いと言っても、骨が原因のこともあれば筋肉が原因の場合もあります。ですから、まずは病院で診てもらうことが大切。

そして、骨や関節に異常がなければ、筋肉が原因なので筋肉への対策をすれば良いということになります。

野球肘でよくある症状、そして原因や対策についてご理解いただければと思います。

野球肘でお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 野球肘でよく見られる症状は、肘の内側の痛むこと。そして、肘を曲げたり顔を洗うなどの動作で痛むことが多い
  • 野球肘で肘の内側が痛む場合の原因は、関節遊離体の場合か腕の筋肉が固まってしまったことにある
  • 腕の筋肉が固まったことで痛む場合は、腕の筋肉をゆるめることを目的とした対策が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。