野球肘の痛みにロキソニンが効かないのはなぜ?理由とその他の対策について

薬
Pocket

野球肘で肘の内側が痛む。そんな時に、ロキソニンを飲んだけれど痛みが引かない。

こういう経験がある方はいるのではないでしょうか?痛みが強いから飲んだのに、効かないとガッカリするかもしれません。

ただ、痛み止めのロキソニンを飲んだのに、なぜ痛みが引かないのか?ということが気になった方もいるのではないでしょうか?

実はロキソニンを飲んでも痛みが引かないことはあります。そして、その時に考えられる理由もちゃんとあるのです。

では、肘の内側が痛む野球肘に対してロキソニンを飲んでも効かないことがあるのはなぜか?そして、ロキソニンが効かない場合、痛みはどうすれば良いのか?などについて解説をしています。

野球肘にロキソニンが効かなかった方は続きをどうぞ。

1 野球肘にロキソニンが効かない時の理由

黒板

野球肘で肘の内側が痛む。そんな時にロキソニンを飲んでも効かないのは、痛みの元が炎症ではなかったからです。

ロキソニンは痛みの万能薬ではありません。ですから、ロキソニンが効く痛みもあれば、効かない痛みもあるということ。ロキソニンが効くのは、炎症が原因の痛みの場合なのです。

ですから、ロキソニンを飲んでも肘の内側の痛みが引かない。その場合は、炎症以外が原因で痛みが出ているということが言えるのです。

2 ロキソニンってどういう薬なの?

薬

ロキソニンという薬はそもそもどういう薬なのか?について解説したいと思います。

ロキソニンは消炎鎮痛剤と言って、炎症が原因で痛みが出ている際に効く薬です。腫れや熱感、そしてそれらに伴って痛みがあるような時には有効な薬ということ。

ですから、炎症による痛みには有効ですが、それ以外が原因の痛みにはそもそも作用がないということも言えますね。

スポーツの後に肘がズキズキ疼くように痛む。熱感も少しあって痛い。そんな場合に効くのがロキソニンという薬です。

3 野球肘の痛みで考えられる原因は?

野球肘で肘の内側が痛む場合、考えられる痛みの原因は3つあります。

  1. 炎症
  2. 関節遊離体
  3. 筋肉

2の関節遊離体とは、簡単に言うと肘の骨が少し欠けてしまい痛みの原因になっている状態のことです。俗に関節鼠と呼ばれる症状ですね。

関節遊離体に関しては、状態にもよりますが手術が必要なこともあります。

炎症に関しては、腕を使い過ぎたことなどで起きることがあります。筋肉による痛みも、腕の筋肉を使い過ぎた結果として筋肉が固まり痛みの元になることがあります。

4 ロキソニンが効かない場合は何が原因?

野球肘の痛みで、ロキソニンを飲んでも効かない。そんな場合の原因は、先ほど挙げた原因の中にある筋肉の場合がほとんどです。

関節遊離体の場合は、骨が原因なのでこちらも効かないです。ただ、実際には筋肉が原因で痛みが出ている方が多いので、筋肉が原因の場合について解説をします。

筋肉は固まると痛みの元になります。この場合に必要なのは、その筋肉がゆるむこと。ですから、この場合に消炎鎮痛剤としてのロキソニンは作用がないため効かないということなのです。

5 ロキソニンが効かない痛みの原因はこの筋肉

ロキソニンを飲んでも肘の内側の痛みが続く。そんな場合は、炎症ではなく筋肉が原因ということをお伝えしました。

では、具体的にどこの筋肉が原因になるのか解説を続けます。写真をご覧ください。

野球肘の原因

左腕に赤い印をつけています。赤い印の部分にある筋肉が固まると、肘の内側に付けたバツ印の部分に痛みが出るようになります。

赤い印の部分にある筋肉は、指から肘の内側までつながっています。そのため、手を使ったり、肘を曲げ伸ばしした時に肘の内側に痛みが出るのです。

6 ロキソニンが効かない時に湿布ならどうか?

湿布

肘の内側が痛む時に、ロキソニンを飲んでも効かなかった。そんな場合、湿布ならどうかと思う方もいるでしょう。ですが、ロキソニンがダメなら湿布もダメでしょう。

なぜなら、湿布もロキソニンと同様に消炎鎮痛剤だからです。ロキソニンが飲む消炎鎮痛剤なら、湿布は貼る消炎鎮痛剤。ですから、ロキソニンがダメなら湿布もダメということになります。

ロキソニンや湿布が良い・悪いではなく、そもそも痛みの原因が炎症ではないなら効果も期待できないということですね。

7 ロキソニンがダメな筋肉の痛みはどうすればいい?

野球肘

ロキソニンを飲んでも肘の内側が痛い。その場合、原因は炎症ではなく固まった筋肉にあります。ですから、その筋肉がゆるむことが必要。

そんな場合の対策の1つに、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。固まって痛みの元になってしまった筋肉を施術する方法です。

ロキソニンを飲んでも痛い。そして、肘を曲げ伸ばししたり、腕を使っていると痛くなる。そんな場合は筋肉が原因なので、トリガーポイント鍼療法の施術対象になります。

野球肘で肘の内側が痛む時のトリガーポイント鍼療法

8 ロキソニンを飲んでも効かなかった方へ

ロキソニンを飲んでも野球肘による肘の内側の痛みが治まらない。そんな時の原因について解説をしてきました。

痛み止めなのになぜ効かないのか?と思う方も多いでしょう。ですが、痛み止め=万能ではないのです。痛み止めにも種類があり、それぞれ作用も異なります。

ですから、良い・悪いではなく、痛みの原因と作用が合っているかどうかが大切。ロキソニンについてもこのことが言えます。

ですから、炎症があれば効果が期待できます。逆になければ効果はないでしょう。そのため、効く人もいれば効かない人もいるということですね。

ロキソニンの作用、そして、効かなかった場合の原因や対策について知ってもらえればと思います。

ロキソニンを飲んでも野球肘の痛みが治まらない方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 野球肘で肘の内側が痛む時に、ロキソニンを飲んでも効かなかった。その理由は、痛みの原因が炎症ではなかったからということが考えられる
  • ロキソニンは痛みに対しての万能薬ではない。消炎鎮痛剤なので、炎症が原因の痛みなら効果を期待できるが、それ以外外原因なら効果は期待できない
  • ロキソニンを飲んでも痛む場合、腕の筋肉が固まってしまったことで痛みが出ていることが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。