野球肘で湿布を貼るならどこがいい?湿布の効果やその他の対策まとめ

悩む
Pocket

野球肘で肘の内側が痛む。そんな時、湿布を貼るならどこが良いのでしょうか?

肘の内側が痛むのだから、そこで良いのでは?と思いますよね。確かに肘の内側が痛む場合は、肘の内側に貼れば良いです。

ですが、そこ以外にも貼ると良い場所があります。では、それはどこなのか?またその理由は何なのか?について解説しています。

さらに、湿布の効果や肘の内側の痛みに対する湿布以外の対策についても紹介しています。

野球肘で湿布を貼ろうと思っている方は続きをどうぞ。

1 野球肘で湿布を貼るならどこ?

黒板

野球肘で肘の内側が痛む場合に、湿布を貼るならどこが良いのか?具体的には次の部分です。

  • 肘の内側の痛む部分
  • 腕の筋肉

基本的には、肘の内側の痛む部分に貼れば良いです。ですが、腕の筋肉も痛みの元になっていることがあります。その場合は、肘だけではなく腕にも貼るのが良いですね。

2 湿布を貼ると良い部分はここ

野球肘で湿布を貼ると良い部分について、もう少し細かく解説します。

写真をご覧ください。

野球肘で湿布を貼ると良い場所

肘の内側と、腕に印を付けています。湿布を貼るならこの辺りが良いですね。肘の内側と小指側の腕の筋肉。野球肘で痛みの元になりやすいのはこの辺りです。

個人差がありますが、肘の内側以外にも痛みが出ることがあります。その場合は、気になる部分に貼ってみてください。ただし、かぶれには注意してくださいね。

3 湿布が有効なのはこんな痛み

野球肘

野球肘になり、肘の内側が痛む。その時に湿布を貼るのは間違いではありません。ただ、湿布は全ての痛みに対して有効ではないのが実際です。

湿布が有効なのは、炎症が原因で起きている痛みの場合。そのため、炎症以外が原因で起きている痛みの場合には効果はほとんどないと言えます。

炎症が起きている場合というのは、例えば安静にしていてもズキズキするという場合です。また、スポーツで使った後に熱感と痛みがある場合などは炎症の痛みが考えられます。

4 湿布が効かないのはこんな痛み

野球肘の痛みで、湿布が効くのは炎症が原因の場合ということを解説しました。では、効かない場合は何が原因かというと、腕の筋肉が固まったことによる痛みの場合です。

筋肉に疲労がたまると徐々に柔軟性を失い、やがて痛みの元になってしまいます。そういった痛みに対しては、消炎鎮痛剤としての湿布は効果がないでしょう。

固まった筋肉が原因の場合、必要なことはその筋肉がゆるんで元の状態に戻ることなのです。そのため、湿布の効果は期待できないということなのです。

5 筋肉が原因で肘の内側が痛む場合について

野球肘で湿布を貼っても効果がないのは、炎症ではなく腕の筋肉が固まったことで痛みが出ているからだと説明をしました。

このことについてもう少し詳しく解説を続けます。写真をご覧ください。

野球肘の原因

腕に赤い印を付けています。この赤い印の部分には、指から肘の内側につながる筋肉が複数あります。この筋肉が固まってしまうと、肘の内側に痛みが出るようになります。

肘の内側にバツ印をつけています。この辺りが痛むことが多いですね。

6 湿布を貼っても痛む場合の対策

野球肘

湿布が有効な痛みは、炎症が原因の痛みということをお伝えしました。では、炎症ではなく筋肉が原因の場合はどうすれば良いか?というと、対策の1つにトリガーポイント鍼療法があります。

一般的な鍼の施術とは違い、筋肉へ施術をするという方法です。そのため、野球肘でも痛みの元が炎症ではなく筋肉にあるなら施術の対象になります。

湿布を貼っても痛い、肘を曲げたり腕に力を入れる時も痛い。そんな状態なら筋肉が原因なので、施術をすることが可能です。

野球肘で肘の内側が痛む時のトリガーポイント鍼療法

7 野球肘の痛みに湿布を貼ろうと思っている方へ

野球肘の痛みに対して、湿布を貼るならどこが良いかについて解説をしました。また、湿布が効く場合と効かない場合についてもお伝えしたとおりです。

痛みがある時はとりあえず湿布。そう考える方は多いです。これは、間違いではありませんが、常に正しい選択ということではありません。

炎症が原因のこともあれば、筋肉が原因で痛みが出ていることもあります。さらに言うと、2つの原因が同時に出ていることも珍しくありません。

ですから、痛みが続くならまずは病院を受診して、原因をしっかりと特定してもらうことが大切ですね。

そして、その上でいろいろな対策に取り組むのが良いと言えますね。

野球肘で湿布を貼っても痛む方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 野球肘で肘の内側が痛む場合、湿布を貼るなら肘の内側で痛みを感じる部分と腕が良い
  • 湿布が有効なのは、炎症が原因で痛みが出ている場合。炎症が原因の痛みでなければ、湿布は消炎鎮痛剤なので効果は期待できない
  • 炎症以外が原因の痛みは、腕の筋肉が固まったことに原因がある。筋肉が原因で痛みが出ている場合には、その筋肉がゆるむことが必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。