上腕骨内側上顆炎とは?肘の内側が痛む原因と対策

上腕骨内側上顆炎とは?原因と肘の内側の痛みを解消する方法
Pocket

上腕骨内側上顆炎という症状があります。

専門用語なので初めて聞くという方もおられるかもしれませんね。簡単に言うと肘の内側の痛みのことです。

では、この上腕骨内側上顆炎の原因は何か?そして対策はどうすれば良いのか?といったことについてまとめましたのでご参考下さい。

1 まずは上腕骨内側上顆炎の症状について知ろう

上腕骨内側上顆炎という言葉は専門用語なのでちょっと難しいですよね。

ですから、まずは上腕骨内側上顆炎について基本的なことを説明していきます。

1-1 上腕骨内側上顆ってどこのことを言うの?

上腕骨内側上顆とはどの部分のことを言うのか?写真で紹介します。

上腕骨内側上顆

写真をご覧ください。

肘の内側にバツ印を付けています。この辺りが上腕骨内側上顆と呼ばれる部分です。

実際に上腕骨内側上顆炎になると、肘の内側の骨が痛むように感じます。

1-2 上腕骨内側上顆炎になるとどんな症状が見られるのか?

続いて、上腕骨内側上顆炎でよく見られる症状をいくつか挙げてみたいと思います。

  • 肘の内側の痛み
  • 腕に力を入れると痛みが出る
  • ゴルフをする時や野球でボールを投げる時に肘の内側が痛む
  • 顔を洗う時に手のひらが顔に当たると肘が痛む
  • テニスのフォアハンドでボールを打つ時に痛む
  • 肘の内側を押すとズキン!と強い痛みがはしる
  • 朝起きた時に肘の内側がこわばったように痛む

他にも症状はありますが、よく見られるものを挙げています。

2 上腕骨内側上顆炎の原因は何?

上腕骨内側上顆炎の基本的なことについてお伝えしましたがいかがでしょうか?

では、上腕骨内側上顆炎で肘の内側が痛くなる原因は何か?ということについて続けていきたいと思います。

2-1 最も多い原因は腕の筋肉にある

上腕骨内側上顆炎になると出やすい症状は先ほどお伝えしました。

では、お伝えしたような肘の内側の原因になるのは何かというと、最も多いのは腕の筋肉です。

骨折や脱臼、リウマチと言った明らかな症状がない場合は、腕の筋肉が固まってしまって肘の内側の痛みになっていると言えます。

写真をご覧ください。

上腕骨内側上顆炎の原因になる筋肉

腕の手のひら側に赤い楕円形の印を付けています。

この部分には筋肉が複数あり、その多くが肘の内側に束のようになり集まっています。

ですから、腕の手のひら側の筋肉が固まってしまうと、その筋肉がまとまって付着している骨の部分、つまり上腕骨内側上顆と呼ばれる部分に痛みを感じるということですね。

実際に痛みの経験のある方ならお分かりかと思いますが、上腕骨内側上顆炎の痛みは肘の内側の骨が痛むように感じます。

ですが、実際には骨が悪いわけではなく筋肉が骨に付着している部分が炎症を起こしたり、筋肉そのものが硬くなり痛みの原因になっているということですね。

3 上腕骨内側上顆炎の痛みとトリガーポイント鍼療法

ここからは、上腕骨内側上顆炎の対策についてお伝えしていきます。

痛みの対策はいろいろありますが、当院ではトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

なぜ、トリガーポイント鍼療法が上腕骨内側上顆炎の施術をすることが出来るのかという理由を2つ挙げます。

  1. 筋肉に直接鍼をする方法なので筋肉が原因の症状には施術が出来るから
  2. 鍼の施術なら原因部分が広範囲でもすべてを施術出来るから

主な理由は上記になります。

すでにお伝えしましたが、上腕骨内側上顆炎は骨折や脱臼といった明らかに骨や関節の症状がない限り、大半の原因は筋肉にあります。

実際に施術をする部分は先ほど写真で紹介した手のひら側の腕の筋肉や、肘の内側で痛みを感じる部分そのものです。

上腕骨内側上顆炎の施術部位

肘の内側や腕の筋肉に対して施術を行います

肘の内側と、腕に赤い印を付けています。こういった部分が上腕骨内側上顆炎で痛みの原因になりやすい筋肉です。

この部分の中から悪くなっている筋肉を探し出し、そこに対してトリガーポイント鍼療法で施術を進めていきます。

4 自分でできる上腕骨内側上顆炎の対策

上腕骨内側上顆炎で肘の内側に痛みがある場合、自分でも対策をしたいと考える方は多いのではないでしょうか。

そこで、簡単に出来るいわゆるセルフケアの方法を紹介します。

  • 腕の筋肉を伸ばす
  • 腕の筋肉のマッサージ
  • 肘の内側周囲や腕に湿布を貼る

こういったことなら、簡単に取り組めるかと思いますので試してみてください。ただし、やり過ぎには注意してくださいね。

5 その他上腕骨内側上顆炎になった場合に気をつけたいこと

上腕骨内側上顆炎による肘の内側の痛みの原因が骨折や脱臼などがなく筋肉の場合、以下のことについて気を付けて頂ければと思います。

  • 無理に使わない
  • 鍛えると楽になるは違う

筋肉が原因ということは、腕を使え使うほどいつまでも痛みます。ですが、手を使わずに生活することは困難。ですから、必要な範囲に関して使うのは構いません。

ですが、例えば鍛えれば良くなるのではないかと考えてしまい、筋トレなどをするのは逆効果です。

筋トレが間違っているのではなく、痛みがある時は避けましょということです。

筋肉が硬くなり痛みが出ている場合は、筋肉が怪我をしているというイメージでいると分かりやすいかと思います。

必要な時は使い、安静に出来る時は休ませる。

これが大事ですね。

まとめ

  • 上腕骨内側上顆炎というのは、肘の内側に痛みが出る症状のことを言う
  • 上腕骨内側上顆炎の原因は、骨折や脱臼などがない場合は筋肉が硬くなっている場合が多い
  • 上腕骨内側上顆炎による肘の内側の痛みには筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。