肘の痛みがつらい!痛みの原因と曲げ伸ばしがしやすくなる方法

肘の痛みがつらい!楽に曲げ伸ばしが出来るようになる方法
Pocket

肘を曲げたり伸ばしたりすると痛みがある。

こういう状態って困りますよね。日常生活や仕事において何かと面倒なことが出てきますから。

では、そんな肘の痛みの対策どうすれば良いのでしょうか?原因や対処法についてまとめました。

1 肘の痛みはほとんどの場合これが原因

肘の痛みの原因は、骨折や捻挫などがない場合はほとんど筋肉が原因です。

特に前腕の筋肉ですね。腕には筋肉がたくさんあるのですが、そのうちのいくつかが硬くなってしまっている。だから肘を曲げ伸ばしする時にズキン!と痛みがはしる。

これが肘の痛みの正体です。

2 筋肉が原因の肘の痛み対策

筋肉が固くなったことが原因で肘の痛みが出ているという症状は、硬くなった筋肉がやわらかくなれば良いということが言えます。

シンプルですよね。

では、どういう対策があるのか?というと方法はいろいろあります。マッサージ、ストレッチ、その他筋肉に対しての手段が良いですね。

その中の1つにトリガーポイント鍼療法という施術があります。

鍼というとツボにするものというイメージがあるかと思います。ですが、このトリガーポイント鍼療法はツボではなく筋肉に対して施術をする方法です。

3 肘の痛みがある場合に施術をすると良い筋肉

肘の痛みは筋肉が固くなったことが原因。なので、その筋肉をやわらかくするのが肘の痛みの対策につながるということはお伝えしました。

では、具体的にどの筋肉をトリガーポイント鍼療法で施術するのが良いのか?ということを写真を使って説明したいと思います。

写真をご覧ください。

肘の痛みに対する施術部位

バツ印の辺りが痛みの出やすい部分

肘から腕にかけてバツ印を2か所付けています。この2か所が特に痛みの出やすい部分です。

もう1枚写真をご覧ください。

肘の痛みに対する施術部位

赤い印の部分にある筋肉が肘の痛みの原因になりやすい

前腕に赤い印を付けています。

この印の部分にある筋肉が、肘の痛みの原因になりやすい筋肉です。

仕事や日常生活で腕をよく使うという方は、この前腕の筋肉が疲労しやすいです。そして、その疲労が溜まり抜けきらなくなると肘の痛みになってしまい、肘を曲げ伸ばしする際に痛みが出るという状況になります。

ですから、この前腕の赤い印の部分にあり硬くなってしまった筋肉に対してトリガーポイント鍼療法を行い肘の痛みの対策につなげるということですね。

4 肘の痛みがある場合にサポーターはしたほうが良いの?

肘の痛みがある場合に、サポーターはどうかな?と思った方は多いのではないでしょうか。

したほうが良いのか?しなくても良いのか?どちらか迷うのではないかと思います。

この場合の判断基準は簡単です。

サポーターを着けて楽なら着ける。着けても変わらないならむしろ着けない。

これだけです。シンプルですよね。

着けて楽ならサポーターは良いですが、着けても正直な所変わらないというようなら着けないほうが良いです。なぜなら、効果もないのにサポーターをしているというのは、ただ単に腕を締め付けているだけだからです。

楽かどうか?判断基準はそれだけで大丈夫ですよ。

5 肘の痛みがある場合のセルフケア

肘の痛みがある場合のセルフケアをいくつか紹介したいと思います。

  • 前腕のマッサージ
  • 肘の痛みがある部分や前腕に湿布を貼る
  • 家庭用の電気治療器具

こういったことなら簡単に取り組めるかと思います。

家庭用の電気治療器具に関しては、改めて購入する必要はありませんが、もしお持ちなら前腕や肘の痛みがある部分に当てるのが良いですね。

ただし、マッサージも家庭用電気治療器具もやり過ぎは禁物ですのでご注意くださいね。

まとめ

  • 肘の痛みの原因は、骨折や捻挫がなければほとんどの場合硬くなった前腕の筋肉が原因
  • 硬くなった筋肉の対策としてはトリガーポイント鍼療法という施術がある
  • 肘の痛みに対してサポーターは、着けることで楽になるかどうかで判断すれば良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。