肘の外側がズキンと痛むテニス肘の症状対策5つのポイント

肘の外側がズキンと痛むテニス肘の症状対策5つのポイント
Pocket

肘の外側がズキン!と痛むテニス肘の症状。嫌な痛みだと思います。

では、このテニス肘の症状は何が原因なのでしょうか?そしてどういった対策があるのでしょうか?

テニス肘の原因や症状、そして具体的な対策として知って欲しいポイントを5つにまとめましたのでご参考ください。

1 テニス肘の原因は骨や関節ではなくこれ

テニス肘の原因

まずはテニス肘の原因から説明します。

テニス肘で肘の外側が痛む場合、骨が痛むように感じると思うのですがいかがでしょうか?

物を持った時や、腕に力を入れた時、だんだんと痛くなってくる時などいろいろあると思いますが痛むのは肘の関節周囲の骨が痛むように感じると思います。

そのため、骨や関節が原因では?と思ってしまいがちです。しかし実際には骨や関節が悪くなっているわけではありません。

テニス肘の症状の原因は腕の筋肉にあるのです。筋肉が硬くなってしまった結果として肘の関節周囲に痛みが出ているという状態です。

腕の筋肉は肘の関節に周囲の骨に付着しているため、痛みが出るのも関節周囲が痛みます。そのため骨が悪いのではと感じてしまうということですね。

ですが、痛みの元は骨や関節ではなく腕の筋肉にあるのです。

2 テニス肘になるとよく見られる症状

テニス肘の症状

テニス肘になるとどういう症状が見られるかというのをいくつか挙げていきます。

2-1 痛みの出やすい部分

テニス肘の症状として痛みが出やすい部分は上記の写真にあるような肘の関節周囲です。

2-2 どういう時にテニス肘の症状としての痛みが出やすいのか?

具体的にどういう時に肘の痛みが出やすいのかを挙げてみます。

  • 肘を曲げ伸ばしする時
  • 鞄などの荷物を持とうとした時
  • 手首を返そうとした時
  • 腕に力を入れた時
  • パソコン作業が続いた時

他にも考えられますが、多いのはこういった時ではないでしょうか。

3 テニス肘の症状で原因になりやすい部分はここ

テニス肘で痛みの原因になるのは筋肉だということはすでにお伝えしました。

ではどの部分が悪くなるのかを写真で説明します。

テニス肘の原因になりやすい筋肉

腕に赤い印をつけています。この前腕の筋肉が硬くなってしまうと肘の関節周囲に痛みが出るようになるのです。

なぜ前腕の筋肉が硬くなってしまうのかというのは個人差がありますが、主によく使うことで硬くなってきます。

特に使いすぎたような覚えはないという場合でも、たとえばパソコン作業が多いとか、重くはなくても手を使う作業が多いというような場合はだんだん硬くなってしまうのです。

4 テニス肘の症状がある時に気をつけたいこと

テニス肘になり肘の外側が痛いという症状がある時に気をつけて欲しいことをいくつか挙げます。

4-1 痛みがある状態で無理をしない

当たり前のことかもしれませんが、痛みがある状態で無理をするとさらに痛くなったりいつまでも痛みが続いたりします。

仕事が関係する場合などは特に難しいかもしれませんが、痛みがある時は腕の負担を少なくするようにしてみて下さい。

4-2 鍛えれば良いわけではない

筋肉が原因なら鍛えれば良いのでは?と考える方は多いです。しかし、これは逆効果。

痛みが良くなったら再発予防のために鍛えるというのは良いでしょう。しかし、痛いから鍛えるというのはけがをしている時に鍛えるということになるのでマイナスです。

5 テニス肘の症状がある場合に自分で出来る対策

テニス肘の症状がある場合に、自分で出来る対策をいくつか挙げてみます。

5-1 腕の筋肉のマッサージやストレッチ

痛みがある側の腕の筋肉を優しくマッサージしたり伸ばしたりすることは良いです。

ただ、強引にやり過ぎないように注意して下さい。

5-2 保温

温めることで痛みが減少するようなら、腕の筋肉を保温して下さい。

お風呂で温めて、その後マッサージしたり伸ばしてあげるのが良いですね。

5-3 湿布やサポーター

湿布やサポーターをして症状が軽減するようなら継続してみることも良いでしょう。

ただ、注意点として湿布でかぶれやすい方はかぶれに気をつけて下さい。また、サポーターはすることで楽なら構いませんが何も変わらないのにサポーターをするのは良くありません。

テニス肘の症状とトリガーポイント鍼療法 ー当院での取り組みー

トリガーポイント鍼療法

当院ではテニス肘の症状に対してトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

筋肉に対して鍼の施術をする方法で、一般的に広く行われているツボに対して施術をする方法とは異なります。

トリガーポイント鍼療法でテニス肘の施術をする場合は、腕の筋肉や筋肉が骨に付着している部分などを中心に施術を行います。

まとめ

  • テニス肘の症状の原因は骨や関節ではなく腕の筋肉が硬くなってしまったことにある
  • テニス肘になると腕を使ったり力を入れる時に肘の外側に痛みが出るようになる
  • テニス肘の症状がある時に鍛えたり痛みを我慢しながら手を使うのはマイナス要因

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。