肘を伸ばすと痛いのはなぜ?肘痛の原因や対策7つのポイント

テニス肘の症状
Pocket

肘を伸ばすとズキンとした痛みがある。

こういう肘の痛みの原因は何でしょうか?骨や関節、もしくは神経が原因でしょうか?

肘を伸ばした時の痛みの原因や、対策として大切な点を7つにまとめましたのでご参考下さい。

1 肘を伸ばした時に痛むのはなぜ?

肘を伸ばした時に痛む原因

肘を伸ばした時に肘がズキンと痛む。

こういう場合の原因は、明らかに骨折やけががなければ筋肉です。腕の筋肉が硬くなってしまっていることが痛みの元のことがほとんどですね。

筋肉というのは、硬くなってしまった状態で動かすと痛みを出します。

肘の場合で言うと、二の腕や、前腕の筋肉が硬くなっている状態で肘を伸ばすと痛みが出るという状態になっているのです。

2 肘を伸ばした時に痛むのはこの筋肉が原因

肘を伸ばした時に痛むのは筋肉に原因があるということをお伝えしました。

では、どこの筋肉が肘を伸ばした時の痛みの原因になりやすいのかを写真で紹介します。

写真をご覧下さい。

肘を伸ばすした時の痛み

写真の上腕と前腕に赤いマルを付けています。そして、肘にバツを付けています。

赤いマルの範囲にある筋肉が硬くなってしまうと、肘を伸ばした時にバツ印の部分にズキンとした痛みがはしるようになります。

3 肘を伸ばした時に痛みがある時に最初はどうすれば良い?

病院

肘を伸ばした時に痛みがある場合、最初にすべきことはまず整形外科で検査や診察を受けることです。

明らかなけがをした場合は特にですが、骨折や捻挫の可能性もあります。また、肘に水が溜っている可能性もあります。

また、肘部管症候群といって、肘の関節部分で神経が障害される病気もあります。よほどのことがない限りは筋肉が原因で痛みが出ていることが多いですが、やはり他の可能性も捨てきれません。

ですから大丈夫だろうと思っても、念のため早めに病院を受診しましょう。

4 肘を伸ばした時に痛む症状の対策は?

肘を伸ばした時の痛みの対策

肘を伸ばした時の痛みに対しての治療や施術について説明します。

病院では、筋肉が原因の場合電気治療や理学療法などいわゆるリハビリが多いでしょう。

そして、痛みが強ければ薬や湿布を処方されることが多いです。

病院以外で例えば当院のような鍼灸院でも肘の痛みに対する施術を行っている所は多くあります。

特に当院では筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術を行っているので、筋肉が硬くなったことで肘を伸ばした時の痛みが出る症状に対して施術をすることが可能です。

5 肘を伸ばした時に痛みがある場合のセルフケア

肘を伸ばした時に痛む場合のセルフケアをいくつか挙げてみます。

  • 腕の筋肉のマッサージ
  • 湿布
  • サポーター

簡単に取り組めることとしてはこういったことが良いでしょう。

ただし、マッサージはやり過ぎないように注意して下さい。また、サポーターは付けることで楽になるなら構わないのですが、付けても全く変わらないなら外す方が良いでしょう。

6 肘の痛みがある時にやってはいけないこと

肘の痛みがある場合、痛みを我慢してゴルフをしたり、仕事を休まなかったりしてしまうことが多いと思います。

軽い痛みならなおさらかと思います。ですが、痛みがあるということはけがをしている状態ですから、スポーツはしばらく休むとか仕事も肘の負担が少ないようにすることが大事ですね。

痛みを我慢して今まで通りの生活をしたり、放っておけばそのうち良くなると考えて何もしないということが最もやってはいけない選択なのです。

7 肘の痛みに対するトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

当院では筋肉が原因で肘を伸ばした時に出る痛みの症状に対して、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

硬くなった筋肉を直接施術することが出来る方法なので、腕の筋肉が硬くなり伸ばした時に痛みが出るという症状に対しては適しています。

湿布やサポーターなどでは治まらなかったという場合は一度トリガーポイント鍼療法を受けていただければと思います。

まとめ

  • 肘を伸ばした時に痛みが出るのは腕の筋肉が硬くなったことが原因のケースが多い
  • 骨折、捻挫、その他の症状の可能性もあるので肘の痛みがある場合は念のためまずは整形外科を受診することが大事
  • 筋肉が原因で肘を伸ばすと痛む症状にはトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。