よく分かる!テニス肘の原因やよくある症状と対策まとめ

よく分かる!テニス肘の原因やよくある症状と対策まとめ
Pocket

テニス肘という症状があります。

名前を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。では、このテニス肘の原因は何でしょうか?またどういう症状がよく見られるのでしょうか?

今回は、テニス肘の原因やよくある症状と具体的な対策についてまとめました。

1 テニス肘とは?

外側上顆

テニス肘とは主に肘の外側が痛くなる症状のことで、テニスをする方に多く見られるためこのように呼ばれています。

正確には上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。

上腕骨というのは腕の骨のことですね。そしてその骨の上顆と呼ばれる部分で炎症を起こしているという状態から名前が付けられています。

※上の写真で赤い丸を付けている辺りが外側上顆と呼ばれる部分です。

2 テニス肘の原因は?

上腕骨外側上顆炎

テニス肘の原因についてです。

2-1 筋肉が原因の場合

一般的にはテニスのように腕をよく使うスポーツやパソコン作業の仕事などにより腕の筋肉が疲労し、その筋肉が付着している上腕骨外側上顆(肘の外側部分)が炎症を起こしたり筋肉や腱が傷んでしまうことと考えられています。

手の甲側には複数の筋肉があり、それらが束となって肘の外側までつながっています。

そのため、腕をよく使って疲労が溜りすぎてしまうと肘の外側、つまり外側上顆の部分に痛みが出るようになるということですね。

2-2 炎症が原因の場合

テニス肘のもう1つの原因として炎症があります。

上腕骨外側上顆炎というくらいですから、肘周りに炎症が起きることも十分あり得ます。

特にスポーツの後などで疼く場合は炎症によりズキズキとした痛みが出ていることが多いです。

3 テニス肘になるとこんな時に痛みが出やすくなる

テニス肘の症状

テニス肘になるとどういう時に症状が出やすいのかについてお伝えします。

3-1 肘を動かした時や腕に力が入った時に痛む

テニス肘の原因は、腕の筋肉が肘につながっているためその筋肉に疲労が溜ることで起こるということでしたね。

そのため、腕を使うとか力を入れた時などに痛みが出やすいです。具体的な例は次のような場合があります。

  • 肘を曲げ伸しする
  • タオルを絞る
  • パソコン作業を長時間する
  • 重い荷物を持つ
  • ものを掴むような動作をする

他にもいろいろありますが、このように肘を動かしたり腕に力が入った時に肘の外側にズキンと痛みがはしることが多くあります。

3-2 安静にしていてもズキズキと疼く

テニス肘になると先ほどのように肘を動かしたり、腕を使っていない場合でもズキズキと疼くことがあります。

こういった場合は筋肉ではなく炎症が原因で痛みが出ています。

4 自分で出来るテニス肘のチェック方法

肘の外側が痛む場合、テニス肘かどうかを簡単に判断出来る方法があります。

チェアテストという方法です。

チェアテスト

上の写真のように肘を伸ばした状態でイスを持ち上げます。

この時、肘の外側がで痛みがある部分から前腕にかけて痛みがあるようならテニス肘の可能性が高いです。

※肘の痛みが強い方はイスを持ち上げる時に痛みが強くはしる可能性が高いですから無理に行わないようにして下さい。

この他のテストもあります。

  • Thomsenテスト・・・拳を握った状態で手首を返すようした時に行います。
  • 中指伸展テスト・・・痛みがある方の中指を反対の手で軽く押さえて中指を反らすように行います。

5 テニス肘にはサポーターが有効か?

テニス肘になったことがある方や、病院を受診した方でサポーターを勧められたという経験はないでしょうか?

テニス肘用のサポーターがあるのですが、するべきなのかどうか迷うと思います。

そこで簡単な判断基準を紹介します。

サポーターを着けると楽かどうか?

要するに着けて楽なら着ける。着けても痛みが変わらないようならしなくても良いということです。

着けても変わらないならただ単に締め付けているだけになってしまいますので、無理にサポーターをする必要はありません。

6 テニス肘かなと思ったら何科を受診すればいい?

病院

肘の外側に痛みがあり、チェアテストなどを行ってもやっぱりテニス肘のような気がする。

そんな場合は何科を受診すれば良いか?というと整形外科が良いですね。

近隣の整形外科で構いませんので、早めに受診するのが良いですよ。

7 テニス肘の治療方法

注射

整形外科で主に行われているテニス肘に対しての治療方法を紹介します。

7-1 保存療法

よほど重症ではない限り、基本的には保存療法を行うことが多いです。

電気治療や温熱療法、マッサージなどで様子を見ることから始まる場合が多いです。

そして、痛みが強ければ痛み止めの注射をしたり、痛みみ止めの薬や湿布を処方されることも多いでしょう。

7-2 手術

プロのスポーツ選手などで、手術をしなければいけないくらい重症であるとか、手術をしなければ十分なパフォーマンスを発揮出来ないような時は手術になることもあります。

ただ、それ以外はよほど重症でなければ保存療法が主な方法になるでしょう。

8 テニス肘の痛みにはこんな方法もある

トリガーポイント鍼療法

テニス肘の原因は腕の筋肉が原因ということをテニス肘の原因の項目でお伝えしました。

筋肉が固まってしまうことで痛みが出るという状態でしたね。

そんな筋肉が固まったことで痛みが出ている場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という方法もあります。

鍼治療というとツボをイメージする方が多いと思います。ですが、トリガーポイント鍼療法では筋肉に対して行います。

硬くなってしまい痛みの元になっている筋肉を直接施術することが出来る方法なので、テニス肘のように腕の筋肉が固まって肘の外側に痛みが出ている場合には施術が可能です。

テニス肘の対策にはこういう鍼治療の方法もあるということを知ってもらえればと思います。

9 テニス肘のセルフケア

テニス肘のセルフケアについてお伝えしていきます。

9-1 腕のストレッチ

腕のストレッチ

テニス肘の原因になる筋肉は腕の筋肉です。

そのため、上の写真のように手首を曲げて腕の筋肉をストレッチで伸ばすという方法があります。

無理に痛みを我慢しながら伸ばす必要はありません。優しく丁寧に気持ち良く感じるようなやり方で行って下さい。

9-2 マッサージ

先ほどのストレッチと同様、筋肉をマッサージで緩めるというのも良いです。

ただし、グイグイと力任せに揉んだり、長時間揉みすぎると後から痛みが増すことが多いですから気をつけて下さい。

肘の周囲で指で押さえることで気持ち良く感じるような部分を優しく丁寧にマッサージしてあげて下さい。

ストレッチしてマッサージという組み合わせも良いですよ。

9-3 テニス肘用のサポーター

サポーターについては先ほども少しお伝えしました。

着けることで痛みが多少なりとも緩和するようなら着けることが良いですね。

特に仕事中とかスポーツをする時といった痛みが出やすい時に着けるのがお勧めです。

着けて楽な場合でも、就寝時は外すようにして下さいね。

9-4 アイシング

スポーツの後に肘の外側がズキズキと疼くように強く痛む場合は、スポーツ直後は一時的にアイシングをするのが良いですね。

長時間アイシングする必要はありません。あくまでも一時的に熱を下げることを目的として行ってみて下さい。

9-5 湿布

肘の外側で痛む部分に湿布を貼るという方法も良いでしょう。

一日中貼ったままでも構いませんが、それだと気になるという方は寝る時だけでも構いません。

基本的には冷湿布で良いでしょう。ただし、かぶれやすい方は注意して下さいね。

まとめ

  • テニス肘とは肘の外側が痛くなる症状のことで正確には上腕骨外側上顆炎と言う
  • テニス肘の原因は炎症と腕の筋肉が疲労したり使いすぎて傷んでいることにある
  • テニス肘の原因は腕の筋肉が固まったことにあるのでその状態に対してはトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。