股関節の動きが悪い時に考えられる原因と対処法など7ポイント

股関節の動き
Pocket

股関節が痛い、または、階段を上る時に詰まるような感じがする。

こういった症状がある場合、原因を骨や関節が悪いと思ってしまいがちではないでしょうか。ですが、実際には骨や関節以外に原因がある場合がほとんどです。

股関節痛や動きの悪さの原因はどこにあるのでしょうか?そしてどうすればその症状の対策になるのでしょうか?

股関節の痛みでお困りの方はお読みいただければと思います。

1 股関節の痛みは多くの場合これが原因

股関節が痛む、深く曲げると詰まる感じがする、動きがあまり良くないなどの症状の原因は、股関節周囲の筋肉が固くなってしまっていることが原因です。

関節や太ももの骨、骨盤などが悪いのでは?と思う方も多いでしょう。

骨折や、過剰な変形がある場合は確かに関節や骨の影響があります。しかし、関節や骨に異常がないのに痛いという場合は筋肉が原因のことがほとんどです。

神経が圧迫されているため痛いということもありません。

2 股関節の痛みの原因になりやすい部分

では、具体的にどの部分が股関節の痛みなどの原因になるのか?写真を使って説明したいと思います。

写真をご覧ください。

股関節痛の原因になりやすい筋肉

腰や臀部の筋肉が痛みの原因になりやすい

股関節痛の原因になりやすい筋肉

股関節周囲の筋肉も痛みの原因になりやすい

2枚の写真それぞれにバツ印を付けています。

このバツ印の部分にある筋肉が固まると、股関節の動きが悪くなります。

さらに、歩く時に股関節が痛いとか、胡坐をかこうとすると痛くてできない、股関節を深く曲げると詰まる感じがするなどの原因にもなるのです。

3 股関節の痛みにはこう対処する

ここまで、股関節の痛みや詰まる感じ、動作制限などの原因は筋肉が固くなってしまったことにあるということをお伝えしてきました。

では、こういう症状にはどう対処すれば良いのかということが気になるかと思います。対処法としてはいろいろありますが、トリガーポイント鍼療法そのうちの1つです。

固まった筋肉に直接施術をする鍼の方法なので、筋肉が原因で股関節の動きが悪い状態に対して施術が可能。

実際に施術をする部分は先ほど写真で紹介したバツ印を付けた部分です。腰、お尻、股関節周り、こういった部分の筋肉にトリガーポイント鍼療法を行います。

4 股関節痛がある時に避けて欲しいこと

股関節の動きが悪くて、痛みや股関節が詰まる感じもある。こういう時に避けて欲しいことがいくつかあります。

それは、

  1. 痛みなどを我慢してでも運動をする
  2. 強引に股関節のストレッチをする(適度に行うのは構いません)
  3. 筋トレをして鍛える

この3つです。

そもそも、筋肉が原因で痛みなどが出ているわけですね。ですから、股関節の動きが悪いとか痛い時に必要以上の負荷を筋肉にかけてしまうことはさらに症状を悪化させる可能性があります。

運動、ストレッチ、筋トレ、どれも悪いことではありません。ですが、股関節痛がある時には控えてくださいね。

5 股関節の痛みに対するセルフケア

股関節の動きが悪くて痛みがある場合、セルフケアは筋肉をゆるめることです。

方法はいろいろありますが、適度なストレッチやマッサージは良いですね。また、お風呂で筋肉を温めるのも良いです。

マッサージの場合、自分の指で揉むと指も疲れますからテニスボールを使って行うのがおすすめ。この方法なら疲れませんし、適度な刺激を筋肉に与えることもできますから。

ただし、長時間やり過ぎないように気を付けてくださいね。

股関節周りの筋肉が固まってしまい動きが悪くてお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 股関節の動きの悪さや、痛みの原因は多くの場合骨や関節ではなく筋肉にある
  • 股関節の動きの悪さや痛みの原因が筋肉の場合は、固まった筋肉をゆるめることが必要
  • 股関節の痛みに対してはテニスボールを使ったマッサージなどのセルフケアが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。