股関節痛があるのにレントゲンは異常なしと言われた方に知って欲しいこと

考える女性
LINEで送る
Pocket

股関節痛があり、病院でレントゲンを撮ってもらったけれど異常なし。

異常なしと言われ、痛み止めを飲んではいるけれど、股関節の痛み自体はほとんど変わらない。歩いても痛いし、立っていても痛くなる。

こうなると、ちょっと不安ですよね。ですがなぜ、レントゲンで異常なしなのに、股関節の痛みが続くのでしょうか?

実は、こういったレントゲンで異常はないけれど痛むという場合、考えられる原因はいろいろとあるのです。ですから、原因不明ということではありません。

では、股関節痛があるけれど、レントゲンは異常なしの場合は何が原因で痛むのか?そして、その場合はどうすれば良いのか?について解説をしています。

股関節痛があり、レントゲンで異常なしだった方は続きをどうぞ。

1 股関節痛でレントゲンは異常なしでも痛む時の原因

黒板

股関節痛があるのに、レントゲンでは異常がない。こういう痛みは何が原因か?というと、多くの場合で考えられるケースは2つです。

  • 炎症
  • 固まった筋肉

レントゲンでは、骨や関節に異常がない状態。それでも痛むということは、レントゲンでは分からないことに原因があるわけです。それが、この2つ。

それぞれについて詳しく説明しますので続けてどうぞ。

2 炎症が原因の痛みについて

股関節痛

股関節痛があり、レントゲンでは異常がない。この場合、炎症が痛みの原因の1つとして考えられます。

炎症による痛みとは、簡単に言うと熱による痛みです。イメージとしては、風邪を引いて熱がある時に関節が痛くなることがありますよね。あの痛みと思ってください。

例えば、たくさん歩いた日の夜、安静にしていてもズキズキとうずいて痛む。そんな場合は、炎症による痛みのことがあります。また、転倒して打撲したために痛む場合でも同様です。

3 固まった筋肉が原因の痛みについて

股関節痛があるのにレントゲンは異常なし。この場合に考えられるもう1つの原因が、固まった筋肉による痛みです。

筋肉は固まってしまうと痛みの原因になります。筋肉に疲労が重なると、縮んで柔軟性を失います。その結果、固まってしまうということ。

歩くと痛い、立ったままでいると痛い。こういう動作や姿勢に伴う痛みは、筋肉に原因があることが多いです。

4 筋肉が原因の痛みはレントゲンには写らない

股関節が痛くてレントゲンを撮ったら異常なし。この場合の原因は、先ほど挙げた炎症や筋肉にあることが多いです。

炎症はもちろんですが、固まった筋肉が原因の痛みはレントゲンでは分かりません。固まっているかどうかは触診をすれば簡単に分かりますが、レントゲンでは当然判断できないのです。

ですから、歩いたり、立ったままでいると痛い状態でレントゲンを撮っても、骨や関節が綺麗なら異常なしということになってしまうのです。

5 炎症が原因の痛みはどうすればいい?

痛み止め

股関節痛があり、レントゲンでは異常なし。その場合で、原因が炎症にあるのなら、消炎鎮痛剤としての痛み止めや冷やすことが必要になります。

実際に炎症があるかどうかは医師の診察を受けてください。そして、炎症による痛みと診断されれば、必要な薬や湿布などが処方されるでしょう。

飲み薬としてのロキソニンや、貼るロキソニンテープは、どちらも消炎鎮痛剤です。これらが処方された場合は、医師が炎症による痛みがあると診断したためです。

6 筋肉が原因の痛みはどうすればいい?

股関節痛の原因が、レントゲンでは異常がない場合は固まった筋肉のことも考えられます。固まった筋肉が原因で痛む場合は、その固まった部分がゆるむことが必要です。

固まった筋肉をゆるめるための方法はいろいろあります。薬、保温、ストレッチ、マッサージなどなど。こういった積極的にゆるめることも大切ですが、同じくらい大切なことがあります。

それは、必要以上に筋肉に負荷をかけないということ。痛みがあるのにウォーキングや筋トレで治そうとしてはいけないということですね。

7 筋肉が原因の痛みに対してはこういう方法もある

股関節痛

股関節痛があるのにレントゲンは異常なし。この場合、固まった筋肉が原因で痛むことがあります。そんな痛みには、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

一般的な鍼で行われるツボへの施術ではありません。固まって痛みの原因になっている筋肉を直接施術する方法。ですから、レントゲンで異常なしでも、筋肉に原因があるなら施術の対象になります。

股関節が歩くと痛い、立ったままが続くと痛くなる。また、あぐらをかく動作が痛くてできない。そんな場合は、筋肉が原因の可能性が高いと言えます。

股関節痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術についてなど8項目

8 股関節痛があるのにレントゲンは異常なしだった方へ

股関節の痛みはあるのに、レントゲンでは異常なし。こういう場合、ちょっと不安になってしまうかもしれません。

ですが、レントゲンで異常がないからといって、問題ないということではありません。実際に痛みがあるということは、何かが原因で痛むのですから。

レントゲンで異常がない場合、原因にされることが多いのが神経。ですが、神経が圧迫されているとか、骨に触れているからと痛むということはほとんどありません。

では何が原因かというと、今回解説したように炎症や固まった筋肉と考えられるのです。どちらもレントゲンでは分からない痛みの原因です。

ですから、たとえレントゲンで異常なしの状態でも、原因不明ではありません。動きや特定の姿勢に伴って痛むなら、筋肉に原因があります。

そして、固まった筋肉が原因の痛みなら、ちゃんと対策もあるということを知ってもらえればと思います。

股関節痛があるのにレントゲンは異常なしでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 股関節痛があるのにレントゲンは異常なしの場合、原因不明ということではなく、レントゲンでは分からない筋肉などに原因があることが多い
  • 炎症が原因で痛みが出ることも多くあり、この場合は医師の診断により必要な薬や湿布を処方してもらう必要がある
  • 固まった筋肉が原因の痛みは、動作や特定の姿勢が続いた時に出るという特徴がある。そしてこの痛みは、原因となっている筋肉がゆるむ必要がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。