歩くと股関節周りから膝にかけて痛い!そんな症状の原因と対策まとめ

股関節
Pocket

歩くと股関節周りや足の付け根辺りが痛い。

痛みのため股関節が少し「くの字」になってしまうため、それに伴い膝まで痛くなる。

こういう股関節周囲の痛みの原因や対策についてまとめましたのでご参考下さい。

1 股関節や足の付け根の痛みの原因は?

股関節痛の原因

股関節周囲や足の付け根辺りが痛む原因として考えられるものを挙げてみます。

1-1 骨や関節の異常

股関節や足の付け根が痛む場合、股関節そのものが悪くなっている場合があります。

骨や関節自体の異常ということですね。

骨や関節が大きく変形していることで関節が動かしづらくなったり、それに伴い痛みが出ることがあります。

1-2 股関節周囲の筋肉が固まっている

股関節や足の付け根が痛む場合に、股関節周囲の筋肉が固まっていることが原因の場合があります。

筋肉が固まってしまうことで例えば歩く時に痛いとか、股関節を曲げると痛む、またはあぐらをかくことが出来ないという状況になる場合があります。

2 股関節が悪くなると膝まで影響する

股関節痛と膝の痛み

股関節や足の付け根が悪くなると膝周りに痛みが出てくることがあります。

理由は単純で、股関節や足の付け根の痛みをかばうために膝周りの筋肉にも影響が及び結果として痛みが出るということです。

足の付け根から膝周りまでつながっている長い筋肉がありますので、それらが痛みの原因になることも多いです。

3 股関節や足の付け根の痛みでこんな場合は筋肉が原因

股関節や足の付け根周囲が痛む場合で、筋肉が固まったことにより症状が出ていると考えられるものをいくつか挙げてみたいと思います。

  • 股関節を深く曲げることが出来ない
  • 股関節を曲げると詰まる感じがして痛い
  • 歩く時に痛むので股関節を「くの字」のように少し曲げないと歩けない
  • あぐらをかくことが出来ない
  • 仰向けで寝ると股関節が痛むため膝を立てたくなる
  • 股関節の痛みに伴いお尻も痛むことがある
  • 長く座った後で立ち上がる時に股関節が固まったようになり痛む

他にも考えられるものはありますが、上記のように動きに伴って痛みがあるとか、動かしづらいという状況の場合は筋肉が固まったことが原因と考えられます。

4 股関節や足の付け根の痛みの原因になりやすい筋肉

続いて、股関節や足の付け根の痛みの原因になりやすい筋肉を写真を使いながら紹介していきます。

4-1 股関節周囲の筋肉

股関節や足の付け根の痛みの原因になりやすい筋肉の1つ目は股関節周囲の筋肉です。

股関節痛の原因になる筋肉1

文字通り股関節周囲の筋肉が固まってしまうと歩く時に痛みの原因になります。

また、ここの筋肉が固まると体重を乗せたり、あぐらをかく動作で痛みが出ることが多くなります。

4-2 太ももの前の筋肉

股関節や足の付け根の痛みの原因になりやすい筋肉の2つ目は太ももの前の筋肉です。

股関節痛の原因になる筋肉2

太ももの前の筋肉は骨盤から膝までつながっています。

そのため、この筋肉が固まってしまうと歩きづらくなったり、股関節を深く曲げると痛みが出たりすることが多くなります。

4-3 そけい部の筋肉

股関節や足の付け根の痛みの原因になりやすい筋肉の3つ目はそけい部の筋肉です。

股関節痛の原因になる筋肉4

そけい部には腰から走行する筋肉があり、この筋肉が固まってしまうことで痛みの原因にもなります。

そけい部の筋肉が固まってしまうと股関節を深く曲げたり、歩く際にも股関節を常に「くの字」にしていないと痛くて歩きづらいという状況になりやすいです。

4-4 お尻の筋肉

股関節や足の付け根の痛みの原因になりやすい筋肉の4つ目はお尻の筋肉です。

股関節痛の原因になる筋肉3

お尻の筋肉が固まってしまった場合も股関節の動きに影響が出てきます。

あぐらをかく動作や、歩行の際に痛みの原因になりやすいです。

5 筋肉が原因で股関節周囲が痛む場合にやってはいけないこと

筋肉が固まってしまったことで股関節が痛む場合、やってはいけないことがありますのでいくつか挙げておきます。

5-1 痛みを我慢しながら歩く

股関節の痛みがある時に、歩けなくなるのではとか筋力が落ちるのではないかということを心配して痛みを我慢しながらでも歩こうとする方がおられます。

気持ちは本当によく分かりますが、やはり痛みを我慢しながら歩くというのはマイナスです。

日常生活で必要な範囲は仕方がありませんが、それ以上に積極的に歩くことは控えましょう。

5-2 運動や体操

筋肉が固まったことで股関節周りや足の付け根に痛みが出ている場合、運動や体操をすることは良くないです。

痛みが治まってから行うのであれば良いですが、痛みが強い時に無理矢理股関節を動かすような動作は後から痛みが増すことがあります。

ですから、無理な運動や体操は控えて下さい。

5-3 強引なマッサージやストレッチ

筋肉が固まったことで痛みが出ているのなら、マッサージやストレッチでほぐせば良いのでは?と思う方は多いです。

筋肉をほぐすということ自体は良いのですが、やはり強引なやり方はマイナスです。

グイグイと強く揉みすぎたり、長時間揉みすぎることや、思いっきりストレッチしたり、長時間のストレッチも良くありません。

適度な加減で、ちょっと物足りない位がちょうど良いですね。

6 股関節周囲や足の付け根が痛む場合のセルフケア

筋肉が固まったことで股関節周囲や足の付け根に痛みが出ている場合のセルフケアを紹介します。

6-1 湿布

筋肉が固まったことで痛みが出ているのなら湿布は良いでしょう。

ただし、かぶれやすい方は注意して下さいね。

6-2 温める

筋肉が固まって痛みが出ている場合に温めるというのは1つの方法として良いでしょう。

ただし、例えばお風呂に入った後少し楽になるというようなら良いですが、温めると逆に痛みが出るという場合は温めるのは控えて下さいね。

6-3 軽いマッサージ

筋肉が固まって痛みの原因になっている場合、軽いマッサージをするのなら構いません。

ご自身で行うのも良いですし、臀部ならテニスボールを使うという方法もあります。

ただし、やり過ぎには気をつけて下さいね。

7 股関節の痛みと手術

股関節の痛みに対して手術が行われることもあります。

何でもすぐに手術というわけではありませんが、骨や関節自体が手術以外に方法はないと医師が判断した場合は手術になります。

場合によっては人工関節を入れるという方法もあります。

8 筋肉が原因で股関節が痛む場合の対策

トリガーポイント鍼療法

筋肉が原因で股関節周囲や足の付け根が痛む場合の対策を紹介します。

筋肉が固まったことで痛みが出ている場合に対しての対策はいろいろありますが、その中の1つが筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術です。

一般的な鍼の施術で行われるツボに対しての刺激ではなく、筋肉を直接施術する方法です。

鍼の施術以外には、病院での電気治療やマッサージなどもあります。また、医師の判断にもよりますが投薬や注射という方法が行われることもあるでしょう。

股関節痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術についてなど8項目

9 股関節の痛みが良くなった後の予防

股関節や足の付け根の痛みが良くなった後、心配なのがいわゆる再発ということかと思います。

では、筋肉が原因で股関節が痛かった場合の再発を予防する方法として考えられることを挙げてみます。

9-1 筋肉に疲れを溜めすぎない

筋肉が固まって強い痛みや動作制限が出ていた場合から良くなったのなら、その後も筋肉に疲れを溜めすぎないことが大事です。

痛みが取れたと言っても、その後二度と痛みが出ないとは限りません。

特に筋肉が原因の場合はまた疲れが溜りすぎるとそこから筋肉は固まってしまいます。

ですから、定期的に筋肉に疲れを溜めないようにするためのケアを行うのが良いですね。

9-2 筋肉に疲れを溜めないためのマッサージやストレッチ

筋肉に疲れを溜めすぎないためにマッサージやストレッチをするのは良いです。

100%良くなったのであれば、無理はいけないですが多少強めのマッサージやストレッチでも良いでしょう。

9-3 筋力を付ける

筋力を付けることは痛みに対しての予防になります。

方法としては軽いものならウォーキングでも良いですし、しっかり鍛えたいのならジムに行くのも良いでしょう。

何らかのスポーツに取り組むのも構いません。

歩くと股関節から膝にかけて痛む状態でお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 股関節や足の付け根の痛みは骨や関節が原因の場合と筋肉が固まったことが原因の場合がある
  • 股関節周囲、太ももの前、お尻などの筋肉が固まってしまうと股関節や足の付け根の痛みの原因になりやすい
  • 筋肉が固まったことで痛みが出ていたのなら良くなった後も筋肉に疲れを溜めすぎないことが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加