走ると痛む腸脛靭帯炎の対策をするために知っておくべき5つのポイント

走ると痛む腸脛靭帯炎を解消するために知っておくべき5つのポイント
Pocket

ランナーに多い腸脛靭帯炎。走るとひざの外側が痛くなり、ひどい場合は走れなくなってしまう症状です。

この痛みの原因として、靭帯が関節に当たるからだということがよく言われます。ですが、実際には別の原因がたくさんあります。

では本当の原因は何か?腸脛靭帯炎の症状や原因についてポイントをまとめてみました。

1 腸脛靭帯炎の本当の原因はこれ

まずは腸脛靭帯炎の原因から。腸脛靭帯炎の原因

先ほど、腸脛靭帯炎の原因は靭帯が関節に当たること以外にたくさんあるとお伝えしました。

では、その原因は何か?というと、筋肉です。膝の外側周囲の筋肉が痛みを出していると思ってください。

筋肉は、疲労が溜まるとだんだん柔軟性を失って硬くなり、結果的に痛みの原因になります。その硬くなった筋肉のまま走るから痛みが出るということになるのです。

靭帯が関節に当たるということだけが原因なら走る時以外も痛みが頻繁にあることになります。

ですが、通常は例えば歩いている時は多少痛いけれど気にならない程度ということが多いのではないでしょうか。

この点からも、筋肉が原因の割合としては占める範囲が広いということが言えるのです。

2 腸脛靭帯炎で痛みを出しやすい筋肉

腸脛靭帯炎は、筋肉が原因ということをお伝えしました。

では、次に具体的な部分について解説を進めます。

写真をご覧ください。

腸脛靭帯炎 腸脛靭帯炎2

1枚目は膝の前、2枚目は膝の裏の写真です。

それぞれに赤丸を付けている部分があります。この赤丸の部分にある筋肉が痛みの原因になりやすい筋肉です。

走るとこれらの筋肉に負荷がかかるため、だんだん距離が長くなるにつれて痛くなり、ひどい場合は走れなくなるということになります。

3 腸脛靭帯炎にサポーターは有効か?

サポーターはどうだろうか?腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎でお困りの方で、このようにサポーターをすれば良いのでは?と思う方は多いと思います。

では実際どうなのでしょうか?

簡単に言うと、

  • サポーターをして楽ならする
  • サポーターをしても変わらないなら外す

ということになります。

サポーターが良い悪いではなく、着けても症状に変わりがないのならただ締め付けているだけになります。

ですから、有効かどうかは実際に着けて走ってみてからの判断で良いということになります。

4 痛む時に走っても良いのか?

腸脛靭帯炎で膝が痛む。腸脛靭帯炎

こういう場合、走っても良いのかどうか迷う所かと思います。

基本的にはやはり休んだほうが良いです。しかし、休めば良くなるというものでもないので適度な練習がお勧めです。

目安としては、時間や量を半分程度。体力が落ちすぎない程度に軽く走る。もちろん軽い練習でも痛みが強いならもっと落としたほうが良いですね。

大事な試合前なら少しハードでも構いませんが、そうでないなら軽めの膝の状態に合わせた軽い練習が良いです。

一番いけないのは、痛いのは筋力がないからだと考えて痛みがあるにも関わらず筋トレをガンガンすることです。

そもそも筋肉が原因で痛みが出ているのに、筋トレをするのはさらに悪くなっている筋肉を傷めつけているだけですから絶対にしないで下さい。

軽い練習と、その後に丁寧なストレッチをして、後はゆっくり休むのがベストです。

5 どうしても痛みが取れない場合は専門家に任せる

なかなか痛みが治まらない。

腸脛靭帯炎になり、いろいろ自分で試したり、練習量も調整してみた。でも、痛みが治まらない。こういう場合はキチンと専門家に任せるべきです。

まずは病院で検査等を受ける。そしてその後、普段かかりつけの治療院があるならそちらに通うというのが良いです。

放っておけばそのうち良くなるのでは…と考えてしまう気持ちは分かりますが、痛みが続くならまず病院を受診するのが良いですよ。

まとめ

  • 腸脛靭帯炎の原因は靭帯が関節に当たることではなく筋肉が固まってしまうことにある
  • 膝周囲の筋肉が硬くなると痛みの原因になりやすい
  • 痛みがある時は走る練習の量を調整すべき

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。