腸脛靱帯炎で膝の外側が痛む時のトリガーポイント鍼療法

腸脛靱帯炎
Pocket

腸脛靱帯炎の痛みに対して、トリガーポイント鍼療法という方法があります。

トリガーポイント鍼療法は、筋肉に対して鍼の施術をするという方法のことです。ではなぜ、腸脛靱帯炎に対してトリガーポイント鍼療法をするのかというとちゃんと理由があります。

その理由は何か?そして、実際に腸脛靱帯炎と言ってもどういう状態なら施術が可能なのか?などについて解説をしています。

歩いたり、膝を曲げ伸ばしすると膝の外側が痛くなる。そんな方はご参考ください。

1 腸脛靱帯炎にトリガーポイント鍼療法をする理由

黒板

腸脛靱帯炎の痛みに対してトリガーポイント鍼療法をする理由は、痛みの原因が筋肉にあることが多いからです。

腸脛靱帯炎という名前からして、靱帯が原因では?と思うかもしれません。確かに靱帯も原因の1つになっていることは多いです。ですが、筋肉も原因になっているということ。

腸脛靱帯炎は、靱帯が膝の関節に当たるため痛むと言われます。ですが、実際にはそうではなく、腸脛靱帯や筋肉が固まっているため痛みが出ているのです。

固まった靱帯や筋肉が原因なら、それらへの対策をすれば良いということになります。その方法の1つが、トリガーポイント鍼療法ということですね。

2 腸脛靱帯炎で痛みの元になるのはここ

腸脛靱帯炎で痛みの元になりやすいのは、太ももやふくらはぎの筋肉、そして腸脛靱帯そのもの。では、具体的にどの辺りかを続けて解説します。

写真をご覧ください。

腸脛靱帯炎

左足の太もも外側、ふくらはぎの外側に赤い印を付けています。この赤い印の部分にある筋肉が固まってしまうと、膝の外側の痛みが出るようになります。

3 筋肉や靱帯が痛みの元になるとはどういうことか?

腸脛靱帯炎は靱帯が膝の関節に当たるからではなく、筋肉や靱帯そのものが固まってしまうため痛みが出ます。

筋肉や靱帯という体の組織は、疲労がたまると柔軟性を失い固まってしまいます。何となく足が重い、だるいというのは疲労がたまり始めている状態。そこからさらに疲労がたまると固まってしまいます。

そして、固まってしまうとその筋肉を使った時、つまり動いたり体重を乗せたりすると痛みが出るようになるのです。こういう症状を筋膜性疼痛症候群と言います。

腸脛靱帯が膝の外側で関節に当たるから痛い。これは一見正しいように思えますが、そうではなく原因は筋肉や靱帯にあるということですね。

4 炎症による痛みについて

腸脛靱帯炎は「炎」という字がつくくらいですから、炎症による痛みが出ていることもあります。ただし、すべての場合ではありません。

炎症による痛みとは膝の外側で炎症が起きてしまい、その結果として痛みが出るという状態ですね。例えば、たくさん歩いた後に、膝の外側に熱感があり痛みもある。

そんな状態なら、炎症が起きていることも考えられます。

5 腸脛靱帯炎に対する施術について

腸脛靱帯炎で膝の外側が痛む。その原因が筋肉や靱帯にある場合は、どのように施術をしていくのかについて解説をします。

腸脛靱帯炎

太ももやふくらはぎの外側に施術

腸脛靱帯炎

太ももの裏、ふくらはぎの外側に施術

2枚の写真に赤い印を付けています。この印の部分が主な施術部分ということになります。つまり、腸脛靱帯炎の痛みの元になりやすい部分ということですね。

膝の外側が痛む場合でも、原因は膝の外側以外にも多くあるということがポイントです。

6 腸脛靱帯炎で膝の外側が痛む方へ

腸脛靱帯炎の原因、そして、トリガーポイント鍼療法という施術をする理由について解説をしてきました。

痛みの元は腸脛靱帯が膝に当たるからではなく、腸脛靱帯や筋肉が固まったことで痛みが出ているということがご理解いただけたでしょうか。

痛みの元が固まった筋肉にある場合、それらをゆるめることが必要です。そのため、湿布では効果を期待できません。湿布が良いのは炎症が原因の場合です。

そのため、筋肉に原因がある場合は、筋肉に対して直接施術などの対策をする必要があるということなのです。

腸脛靱帯炎の痛みの原因、そして、その対策について知ってもらえればと思います。

腸脛靱帯炎で膝の外側が痛む方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 腸脛靱帯炎にトリガーポイント鍼療法という施術をする理由は、痛みの元が腸脛靱帯や筋肉が固まったことにあるから
  • 腸脛靱帯炎は、膝の関節に靱帯が当たるため痛みが出ると言われる。しかし、実際にはそうではなく、靱帯や筋肉が固まったことに原因がある
  • トリガーポイント鍼療法は、固まって痛みの元になってしまった靱帯や筋肉を直接鍼で施術できる方法

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。