膝蓋靱帯炎で膝が痛む時のトリガーポイント鍼療法

膝蓋靱帯炎
Pocket

膝蓋靱帯炎の痛みに対して、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

トリガーポイント鍼療法とは、筋肉に鍼をする施術方法のことです。この施術を、膝蓋靱帯炎の痛みに対して行うのにはちゃんと理由があります。

では、その理由は何か?また、膝蓋靱帯炎と言っても、どういう時ならこのトリガーポイント鍼療法という方法での施術が可能なのか?

これは、膝蓋靱帯炎の痛みの元が何かで判断することが可能です。

膝蓋靱帯炎の痛みの元は何か?そして、トリガーポイント鍼療法をするのはなぜか?などについて解説をしています。

膝蓋靱帯炎で膝が痛む方は続きをどうぞ。

1 膝蓋靱帯炎にトリガーポイント鍼療法をする理由

黒板

膝蓋靱帯炎に対してトリガーポイント鍼療法という施術をするのは、痛みの元が膝蓋靱帯や筋肉が固まってしまったことにあるからです。

膝蓋靱帯炎という名前が付いていますので、炎症が原因で痛みが出ることもあります。ですが、多くは靱帯や筋肉が固まったことが原因。その場合は、それらがゆるむことが必要なのです。

トリガーポイント鍼療法は、固まって痛みの元になってしまった靱帯や筋肉を施術する方法。そのため、膝蓋靱帯炎でも靱帯や筋肉が固まったことが原因なら施術ができるということになります。

2 膝蓋靱帯炎の痛みの元はここ

膝蓋靱帯炎の痛みは、靱帯や筋肉にあると解説をしました。では、具体的にどの辺りなのかをもう少し掘り下げて説明します。

まずは写真をご覧ください。

膝蓋靱帯炎

左の太ももに赤い印を付けています。そして、膝のお皿の下にも赤い印とさらにバツ印を付けています。赤い印の部分にあるのが筋肉や靱帯です。

この赤い印の部分の筋肉や靱帯が固まってしまうと、バツ印を付けた膝蓋靱帯に痛みが出るようになります。

立ち上がる、深くしゃがむ、正座をする。そういった動作などで膝のお皿の下に痛みが出るなら、筋肉や靱帯が原因と考えられます。

3 こんな状態なら炎症が原因

膝蓋靱帯炎

膝蓋靱帯炎の痛みは、靱帯や筋肉が固まってしまったこと以外に炎症による場合もあります。では、どういう状態なら炎症が原因なのか例を挙げてみます。

  • 腫れている
  • 熱感がある
  • 痛みがある
  • 発赤している

炎症が原因で痛む場合の特徴は、主に上記の4つです。発赤(赤くなること)はあまりないと思います。ですが、それ以外の3つは炎症が原因の場合によく見られます。

たくさん歩いた後に、膝が少し腫れて触ると熱感もある。そして、安静にしていてもズキズキ疼く。そんな状態なら、炎症による痛みが出ていると考えられます。

4 炎症が原因で痛む時に必要なことは?

膝蓋靱帯炎の痛みが炎症によって起きている。そんな状態に必要なことは、当然と言えば当然ですが炎症が治まることです。では、何をすれば良いかという例をここでも挙げてみます。

  • 冷やす
  • 湿布を貼る

すぐに取りかかれることは上記の2つでしょう。冷やすのは、市販の冷却シートなどが良いですね。もしくは、タオルを冷たい水で濡らして膝に当てるということでも良いでしょう。

冷やすことの目的は、上がった熱を下げること。ですから、冷やし過ぎないように気をつけてくださいね。また、冷やすことが良い状態の時は、当然温めないようにしてください。

ですから、お風呂に入るならシャワー程度でサッと済ますのが良いですね。

湿布に関しては、かぶれなければ使用してみてください。痛みがある部分に貼れば構いません。1日中貼るのが嫌なのであれば、夜寝る時だけでも良いでしょう。

5 靱帯・筋肉が原因の場合に見られる特徴

膝蓋靱帯炎

膝蓋靱帯炎で、筋肉や靱帯が固まったことが原因の痛みが出ている場合の特徴を挙げます。

  • 歩くと痛い
  • 深くしゃがむと痛い
  • 痛みのため正座ができない
  • ジャンプすると痛い
  • 走るとだんだん痛くなる

他にもありますが、こういった時に痛むなら筋肉や靱帯に原因があります。

ここに挙げた特徴に共通して言えることは、動きに伴って痛みが出るということ。炎症の場合は安静時にズキズキ疼きます。ですが、筋肉や靱帯の場合は、それらを使った時に痛みます。

つまり、悪くなっている筋肉や靱帯を動かしたから痛みが出るということですね。

6 筋肉・靱帯が原因ならゆるめることが必要

先ほど挙げたような状態で痛みが出るなら、筋肉や靱帯が原因の膝蓋靱帯炎です。この場合は、原因になっている筋肉や膝蓋靱帯がゆるむ必要があります。

そのためには、冒頭で解説したようにトリガーポイント鍼療法が対策の1つになります。

施術をする部分は主に次の写真のとおりです。

膝蓋靱帯炎の施術部位
  • 太ももの前の筋肉
  • 膝のお皿周囲
  • 膝蓋靱帯

主にこういった部分の中から原因となっている部分を探し出し、鍼の施術を進めていきます。

7 膝蓋靱帯炎でお困りの方へ

膝蓋靱帯炎になった場合の原因、そして、その痛みに対してなぜトリガーポイント鍼療法という施術をするのか?について解説をしました。

痛みの原因は「炎」という言葉から炎症と思いがち。ですが、炎症だけではなく、筋肉や靱帯が原因の場合が多いというのが実際です。

炎症なら炎症への対策が必要です。ですが、原因が筋肉や靱帯にあるのに、炎症への対策のみが行われていることも多いです。

そんな場合は、筋肉や靱帯への対策にも取り組んでみてください。動きに伴って痛みが出るなら、炎症ではなく筋肉や靱帯が原因です。

膝蓋靱帯炎の痛みの元、そして、その元に対しての対策はあるということを知ってもらえればと思います。

膝蓋靱帯炎の痛みでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 膝蓋靱帯炎にトリガーポイント鍼療法をする理由は、痛みの元が筋肉や靱帯が固まったことにある場合があるため
  • 膝蓋靱帯炎の痛みの元が炎症の場合もある。その時の特徴は、腫れ、熱感、痛みなどが見られることにある
  • 膝蓋靱帯炎の痛みが筋肉や靱帯が固まったことにある場合は、主に歩くとか深くしゃがむなど膝を動かす動作に伴って痛むのが特徴

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。