膝の水による腫れと痛みがある時のトリガーポイント鍼療法

膝蓋靱帯炎
Pocket

膝の水によって腫れや痛みがある。その時にトリガーポイント鍼療法という施術をすることがあります。

水がたまっている場合、整形外科で水を抜いてもらうというイメージがあると思います。水がたまっている時は、整形外科を受診して医師が必要と判断したなら抜いてもらうのが良いです。

では、なぜトリガーポイント鍼療法という施術をするのか?それにはちゃんとした理由があります。たとえ、病院で水を抜いてもらっていても、施術をする意味はあります。

その理由は何か?また、そもそも膝に水がたまるのはなぜか?さらに、水を抜いてもらうことについての是非などについて解説をしています。

膝の水による腫れや痛みでお困りならご参考ください。

1 膝の水による腫れや痛みにトリガーポイント鍼療法をする理由

黒板

膝に水がたまって、腫れと痛みがある。その時にトリガーポイント鍼療法をする理由は、膝周りの筋肉が膝の水に影響しているからです。

膝に水がたまるのは、膝で炎症が起きているからです。ですがこの場合、炎症だけ抑えれば良いわけではありません。膝周囲の筋肉の状態も良くしないと、水がたまる状態が続くからです。

病院で水を抜いてもらっても、またすぐたまってしまう。そんな場合は、膝周囲の筋肉の状態が良くないためまた水がたまって痛みが出るのです。

そのため、必要なら水を抜いてもらうことに加え、膝周囲の筋肉の状態を良くするために鍼の施術をするのが良いということになります。

2 膝に水がたまる理由

先ほども少し触れましたが、膝に水がたまる理由をもう少し解説します。膝に水がたまるのは、炎症が起きたために水がたまります。

炎症はなぜ起きるかというと、たとえば膝を使い過ぎた場合も考えられます。膝への負担が増え、疲労が抜けない状態が続くと炎症が起きて水がたまってしまうということですね。

たとえば、普段あまり歩かない人が旅行でたくさん歩いた。その結果、最初は膝が重い程度だったけれど、そのままにしておいたらだんだん腫れて痛みが出てきてしまった。

これはあくまでも一例です。他にも考えられる例はありますが、膝への負担が増えて炎症が起きると、水がたまってしまうということですね。

3 水がたまった時の痛みは何が原因?

膝に水がたまると、腫れたり痛みが出ます。この腫れの原因は、水がたまったことにあります。では、痛みは何が原因かというと次の2つ。

  • 炎症
  • 筋肉が固まったこと

それぞれについて説明します。

3-1 炎症による痛み

炎症による痛みは、先ほども触れましたが膝への負担がかかり続けた場合に起きます。膝に限らずですが、炎症が起きると痛みが出ます。

炎症による痛みで分かりやすい例は捻挫や打撲。捻挫したり打撲すると、患部が腫れて熱感を持ち、さらに痛みますよね。あれが炎症による痛みです。

膝に炎症が起きる場合も、捻挫や打撲をしていなくても使い過ぎて疲労がたまると炎症を起こすことがあります。

3-2 筋肉が固まったことによる痛み

膝に水がたまって痛みがある場合、炎症以外の原因には筋肉が固まったことがあります。膝周囲の筋肉に疲労がたまり、その結果痛みが出ている状態。

筋肉は疲労がたまるとだんだん柔軟性を失い固まります。そして、その状態が続くと痛みが出るようになります。

歩くと痛い、膝を曲げ伸ばしすると痛い。また、腫れに伴い痛みもあるため曲げづらい。こんな場合は筋肉が原因の痛みと考えられます。

4 膝の痛みはここが原因になりやすい

膝に水がたまって痛みがある場合、原因は炎症と筋肉ということをお伝えしました。

では、筋肉が原因の場合は主にどこが元になりやすいのかを写真で解説します。写真をご覧ください。

膝の水による痛みの原因

左の太もも前面に赤い印を付けています。この太ももの前にある筋肉(内側・正面・外側)が固まってしまうと、痛みの元になりやすいです。

水がたまって腫れていて、さらに歩いたり膝を曲げ伸ばしすると痛い。そんな場合は、この太ももの前にある筋肉が原因のことが大半です。

原因になる部分が太ももの前の筋肉ですから、トリガーポイント鍼療法で施術をする部分もこの辺りが中心になります。

5 膝の水がたまっている時の注意点

注意点

膝の水がたまっていることで腫れや痛みがある。そんな時に注意して欲しいことがありますので解説します。

5-1 医師が必要と判断した場合は水を抜いてもらう

膝に水がたまって腫れと痛みがある。その状態に対して、医師が水を抜いた方が良いと診断した場合は抜いてもらうのが良いです。

癖になるのでは?と思う方も多いですが、水を抜いて癖になることなんてありません。一度抜いてもまたたまってしまうのは、水を抜いただけだからです。

水を抜いても膝周りの筋肉の状態が良くなければまたたまります。ですから、抜く必要があるほどたまっている場合は、医師の指示に従うのが良いですね。

5-2 腫れがある時は温めない

膝に水がたまって腫れている。そんな時は、温めないようにしてください。腫れの原因は炎症によって水がたまっていることにあります。

ですから、その状態で温めると炎症が増して痛みが強くなることも考えられます。ですから温めることは控えてください。

お風呂はできればシャワーで済ませるのが良いですね。また、サポーターは楽なら良いですが、変わらないなら外すようにしてください。

5-3 無理に膝を動かさない

膝の水による腫れと痛みがある場合、できるかぎり膝を使わないようにしてください。

日常生活で動かなければいけない分には構いません。ですが、ウォーキングをして治そうとか、痛みを我慢してでもスポーツをするというのは止めましょう。

膝の使い過ぎで腫れと痛みが出ています。ですから、できる限りで良いので膝を休ませるようにしてください。

6 膝の水による腫れと痛みでお困りの方へ

膝に水がたまって腫れと痛みがある。そんな時に、トリガーポイント鍼療法という施術をする理由などについて解説をしてきました。

鍼の施術の役割は、痛みの元になっている筋肉を施術することでしたね。ですから、たまった水に関しては、整形外科等の病院を受診してください。

そして、医師が水を抜いた方が良いと判断した場合は抜いてもらってください。癖になることはありませんから大丈夫ですよ。

病院で水を抜いてもらい、そして、鍼で筋肉の施術をする。そうすることで、水がたまりにくくなっていきます。

水を抜くだけではなく、たまらない状態を作るために鍼の施術をするということをご理解いただければと思います。

膝の水による腫れと痛みでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 膝の水による腫れと痛みがある状態にトリガーポイント鍼療法をするのは、痛みの原因や水がたまる原因の1つが膝周囲の筋肉にあるから
  • 膝の水は膝の状態が良くない時に炎症が起きることでたまる。そして、膝周囲の筋肉の状態が良くないと、痛みの元になるし水がたまる状態の原因にもなる
  • 膝に水がたまっている場合、医師が必要と判断した場合は癖になることはないので水を抜いてもらうのが良い。その上で、膝周囲の筋肉を鍼で施術するとさらに良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。