膝の水を抜くと癖になるって本当?その疑問にお答えします

膝の水
Pocket

膝に水がたまった時に、抜くと癖になるという話を聞いたことありませんか?

結構昔から言われていると思うので、一度くらいは聞いたことがあるという方は多いと思います。また、実際に水がたまったことがある方ならなおさら。

では、実際に膝に水がたまって腫れてしまった場合、整形外科などの病院で水を抜いてもらうと癖になるのでしょうか?もしくは癖にはならないのでしょうか?

実はこの答えははっきりしています。そして、なぜ癖になるという話が昔からあるのか?また、水がたまる理由などについても解説しています。

癖になるのかどうか気になる方は続きをどうぞ。

1 膝の水を抜くと癖になるのか?

黒板

膝に水がたまって腫れている。その時に、病院で膝の水を抜いてもらっても癖にはなりません。癖になるというのは、単なる噂話のようなものです。

膝の水がたまった場合、病院で抜いてもらってもまたたまることがあります。おそらくですが、このことが理由で抜いたら癖になるという間違った解釈が広がったのだと思われます。

実際には癖になるのではなく、水を抜いたら抜いただけなので膝の状態によってはまたたまります。ですから、水を抜いて、膝の状態も良くなればたまらなくなります。

癖になるという解釈になってしまったのは分からなくはないです。ですが、根本的に意味合いが違うのです。

癖にはなりませんから、病院の先生が抜いたほうが良いと判断した場合は抜いてもらうのが良いですよ。

2 膝の水はなぜたまるの?

膝に水がたまって腫れてしまう。では、そもそもなぜ水がたまるのかというと、膝の関節で炎症が起きているからです。

膝には元々ある程度の水があり循環しています。ですが、炎症が起きると水の量が増え、さらに膝の状態が悪いため循環しなくなってしまうのです。

そのため、水がたまって腫れてしまうのです。

3 膝の水を抜いてもまたすぐたまるのはなぜ?

膝の水を抜いても、数日もしくは1週間ほどでまたたまってしまう。その時に考えられる理由は2つです。

  • 炎症が治まっていない
  • 膝の状態がまだ良くない

水がたまる理由は炎症が起きているからということはすでにお伝えしました。さらに、膝の状態が悪いと、水が循環しないのでたまる一方です。

そのため、水を抜いても炎症も治まっていないし膝の状態も悪いと、単に水を抜いただけということになってしまいます。そのため、時間の経過に伴ってまたすぐたまるのです。

4 膝に水がたまって腫れたらどうすればいい?

医師

膝に水がたまって腫れている。さらに動かしたり歩く時に痛みもある。そんな場合、最初にすべきことは整形外科を受診することです。

整形外科で診察してもらい、担当の先生が水がたまっているので抜いた方が良いと診断された場合は抜いてもらいましょう。

たまっている量が少なければ、抜かずに様子を見るということもあるかもしれません。この辺りは、膝の状態と担当の先生の診断次第です。

どちらにしても、まず必要なことは整形外科を受診するということです。放っておけばそのうち良くなるということはありませんので、早めに受診してくださいね。

5 膝に水がたまった時に自分でできること

膝に水がたまって腫れや痛みがある場合、まずは病院を受診することが大事です。そして、その後自分でできることは何があるかを挙げてみます。

  • 冷やす
  • 温めない
  • 無理に動かさない

それぞれについて説明します。

5-1 冷やす

炎症が起きて水がたまっている状態なので、膝周囲を冷やすことは良いことです。方法としては、湿布が最も手軽で簡単。

気になる部分に貼ればそれで構いません。ただ、あえて言うなら少し広い範囲で膝を覆うように貼ると良いですね。

また、必要があってたくさん歩いてしまい、腫れが強くなった場合は一時的に冷却シートなどで冷やすことも良いでしょう。

5-2 温めない

膝に水がたまって腫れている場合は、お風呂で温めないようにしてください。冬場は寒いかもしれませんが、できるだけシャワー程度で済ませましょう。

湯船につかって温まってしまうと、後から膝がズキズキと疼いて痛むかもしれません。温めることで炎症が増してしまうので気をつけてくださいね。

5-3 無理に動かさない

膝に水がたまって腫れている場合、無理に膝を動かさないことも大切です。日常生活や仕事で動かなければいけない分には構いません。

ですが、腫れや痛みがあるのにウォーキングや筋トレは間違いです。必要以上に動かすとさらに腫れたり痛みが増します。ですから、安静にできる時は膝を休ませてください。

6 膝に水がたまった状態への施術

膝蓋靱帯炎

膝に水がたまっている場合、抜いてもまたすぐたまるのは膝の状態が良くないからということを説明しました。では、その状態を良くするためにはどうすれば良いのかについてです。

まず、炎症に関しては、冷やしたり消炎鎮痛剤の湿布や薬などがあります。これらに関しては、病院を受診すれば適切な処方をしてもらえます。

残るは膝周囲の筋肉の状態を良くする必要があります。筋肉の状態が良くなれば、膝の水を抜いた後もたまりにくくなります。そのための方法の1つが、トリガーポイント鍼療法。

固まって痛みの元になっている筋肉を施術する鍼の方法です。そのため、膝に水がたまっている場合でも、膝周囲の筋肉が固まっているなら施術が可能です。

膝の水による腫れと痛みがある時のトリガーポイント鍼療法

7 膝に水がたまり抜いてもらうことを迷っている方へ

膝に水がたまった場合に、整形外科でその水を抜いてもらうことは癖にならないということをお伝えしてきました。

実際に水を抜くかどうかは、その時どれくらいたまっているかや担当の先生の診断次第です。ですが、先生が抜いた方が良いと診断された場合は、抜いてもらうのが良いです。

そして、再度たまりにくい状態にするために、膝周りの筋肉の状態を良くすれば膝の水は大丈夫です。

膝の水は必要なら抜いてもらう。そして、水がたまらない状態にするためには、膝周囲の筋肉の状態を良くすることが必要。そのための対策はちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

膝に水がたまり腫れと痛みでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 膝に水がたまって腫れている場合、病院でその水を抜いてもらっても癖にならないので必要なら抜いてもらうのが良い
  • 一度水を抜いてもすぐにまたたまってしまう。その理由は、単に水を抜いただけで膝の状態自体は悪いままだから
  • 水が再度たまらないような状態にするためには、膝周囲の筋肉の状態を良くする必要がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。