鵞足炎は炎症の対策をすれば良い?痛みの原因とその他に考えられる対策

膝
Pocket

鵞足炎になると、膝の内側に痛みが出ます。この痛みですが、文字通り炎症が原因で起きていることがあります。

体の中で炎症が起きると痛みが出ます。その炎症が、膝の内側で起きたのが鵞足炎。では、そんな炎症が原因の痛みにはどういう対策をすれば良いのか?

この場合、必要な対策というのははっきりしています。

ただ、鵞足炎と言っても、実は炎症以外にも痛みの原因があります。そして、その場合は炎症への対策ではダメなのです。他の対策が必要ということですね。

鵞足炎で、炎症による痛みの対策は何をすれば良いのか?そして、炎症以外の痛みの原因と対策とは何なのか?について解説をしています。

鵞足炎でお困りの方は続きをどうぞ。

1 炎症による痛みの対策は何をすればいい?

黒板

鵞足炎で炎症による痛みが出ている。その場合に必要なことは、炎症を抑えるために冷やしたり消炎鎮痛作用のある湿布や薬を使うことです。

炎症による痛みがある場合、熱感や腫れが見られます。ですからそんな時に必要なのは、炎症を抑える作用を持った湿布や薬ということになるのです。

安静にしていても疼く、膝を使った後は腫れたり熱感がある。そんな場合は炎症による痛みが出ている可能性があります。ですから、こういった対策が良いですね。

※湿布や薬は整形外科等の病院で処方してもらってくださいね。

2 炎症による痛みが出ている時の注意点

注意点

鵞足炎で炎症による痛みが出ている場合、注意して欲しいことがあります。それは、温めたり痛い時に無理して動かないということです。

理由は単純で、炎症による痛みが出ている時に温めたり無理に動くと痛みが増すからです。ですから、できる範囲で安静にするのが良いですね。

お風呂もできればシャワー程度、そして、必要以上に動かないことが大切です。動けば楽になるということではありませんので気をつけてくださいね。

3 冷やしても湿布を貼っても痛む時は?

膝

鵞足炎で膝の内側が痛む状態に対して、冷やしたり湿布を貼っても全く痛みが変わらない。そんな場合は、炎症以外が痛みの元になっていると考えられます。

冒頭でも少し触れましたが、鵞足炎の痛みは炎症以外にもあります。それは何かというと、膝の内側にある筋肉や腱です。それらが固まってしまうことでも痛みの元になります。

冷やしたり湿布を貼っても痛い。そして、膝を曲げ伸ばししたり、歩く時に痛みが出る。そんな状態なら筋肉や腱が原因なので、別の対策が必要ということになります。

4 痛みの元になる筋肉や腱はここ

鵞足炎で、炎症以外の痛みの元は筋肉や腱ということを解説しました。では、具体的にどの辺りかを写真で解説します。

写真をご覧ください。

鵞足炎の施術部位1

膝の内側に赤い楕円形の印を付けています。ここにある筋肉や腱が固まってしまうと痛みの元になります。

膝を曲げ伸しする、深くしゃがむ、立ち上がる、こういう動作時に膝の内側が痛むなら炎症ではなく筋肉や腱が原因と考えられます。

5 筋肉や腱が原因の場合はどんな対策がある?

鵞足炎

鵞足炎による痛みの原因が、筋肉や腱にある場合にはそれらへの対策が必要。この場合、筋肉や腱が固まって痛みが出ています。ですから、その筋肉や腱を施術する方法が適しています。

その方法がトリガーポイント鍼療法という施術。固まって痛みの元になってしまった筋肉や腱を施術する方法です。そのため、炎症以外が原因の鵞足炎でも対応可能。

冷やしても湿布を貼っても痛みが変わらない。また、膝を動かすと痛い。そんな状態なら筋肉や腱が原因なので施術の対象になります。

鵞足炎で膝の内側が痛む時のトリガーポイント鍼療法

6 鵞足炎で膝の内側が痛む方へ

鵞足炎で膝の内側が痛む場合、炎症が原因ならどういう対策をすれば良いかについて解説をしてきました。

また、炎症以外にも痛みの原因があり、それが筋肉や腱ということも同じく解説をしました。そして、その場合の対策もあるということも紹介したとおりです。

鵞足炎という名前が付いていても、痛みの元は炎症とは限りません。むしろ、炎症の場合は少ないくらいです。

ですから、痛みがある時に冷やしたり湿布を貼ってもダメだからといって対策がないわけではないのです。

炎症が原因で痛みが出ることもある。また、筋肉や腱が原因で痛むこともある。そして、それぞれに適した対策があるということを知ってもらえればと知ってもらえればと思います。

鵞足炎で膝の内側が痛くてお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 鵞足炎で炎症が原因で痛みが出ている場合は、冷やしたり湿布、消炎鎮痛剤など炎症の対策になる方法が良い
  • 炎症以外で痛みの元になるのは、筋肉や腱が固まってしまった場合。この場合は、その筋肉や腱がゆるむことが必要なので、湿布や薬では効果がない
  • 筋肉がや腱が原因の場合、主に膝の内側周囲の筋肉が原因になる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。