鵞足炎で注射をしても痛む時はどうすればいい?原因と必要な対策まとめ

膝痛
Pocket

鵞足炎で注射をしてもらったけれど、膝の内側の痛みがなかなか治まらない。

湿布でも痛むため注射をしてもらったのに、痛みがほとんど変わらないとどうすれば良いのかなと思いますよね。

ただ、鵞足炎で注射をしても痛みが変わらない場合、注射が効かないのにはちゃんと理由があるのです。注射が良い・悪い、正しい・間違っているということではありません。

では、その理由は何か?そして、注射をしても膝の内側がまだ痛い場合はどうすれば良いのか?鵞足炎の原因や対策についても解説しています。

鵞足炎で注射をしても痛い方は続きをどうぞ。

1 鵞足炎で注射をしても痛む理由

黒板

鵞足炎の痛みに対して注射をしてもらっても痛い。その場合に考えられる理由は、痛みの原因が炎症ではなかったということです。

痛み止めの注射には、主に炎症を抑える作用があります。ですから、鵞足炎の痛みが炎症なら効果はあったと思います。ですが、効かなかったということは、それ以外が痛みの原因ということ。

つまり、注射には注射の作用があり、鵞足炎には鵞足炎の痛みの原因があります。この、注射の作用と痛みの原因が合っていなかった。だから注射をしても痛むということになります。

2 鵞足炎の痛みについて知って欲しいこと

膝

鵞足炎で膝の内側が痛い。そんな状態の方に知って欲しいことがあります。それは、鵞足炎の痛みの元は何か?ということ。

「炎」という文字から炎症が原因と思いがちですよね。ですが、実際には炎症だけが原因ではありません。他にも原因があります。それは、筋肉や腱が固まってしまうこと。

筋肉や腱に疲労がたまると、だんだん柔軟性がなくなり固まってしまいます。その状態が続くと、やがて痛みになってしまうのです。

鵞足炎の原因は、炎症と筋肉や腱という2つ。そして、それらが同時に起きていることもあるということを知ってもらえればと思います。

3 痛み止めの注射について

痛み止めの注射

鵞足炎に対して行われる痛み止めの注射は、炎症を抑えることを目的とした作用のある注射です。

体の中で炎症が起こると痛みが出ます。ですから、その炎症を抑えるために注射で薬剤を入れるということですね。この場合、ステロイドが使われることが多いです。

こういった注射自体が有効な場合ももちろんあります。ですが、痛みの元が炎症でなければ、どんなに良い注射であっても効果はないということになってしまうのです。

4 筋肉が腱が原因の痛みについて

鵞足炎の痛みは、炎症が原因の場合と筋肉や腱が原因の場合があります。この、筋肉や腱が原因の場合についてもう少し解説します。

筋肉や腱は、疲労がたまると徐々に固まってきます。固まってくるというのは、簡単に言うと強い肩こりのようなイメージ。そうなってしまうと、その筋肉や腱は痛みの元になります。

筋肉や腱が固まってしまった状態で運動をする。そんな場合に痛むのは、固まった状態の筋肉や腱を使っているからということなのです。

5 鵞足炎の痛みになるのはこの筋肉

鵞足炎の痛みは、筋肉や腱が原因の場合もあります。その場合、主にどの辺りが原因になるのかを紹介します。

写真をご覧ください。

鵞足炎

右太ももの内側から膝の内側にかけて、赤い印を2つ付けています。ここにあるのは、膝の内側で鵞足と呼ばれる部分につながる筋肉です。

この辺りの筋肉や腱が固まってしまうと、膝を曲げ伸ばししたり、しゃがんだりする時に膝の内側に痛みが出るようになります。

6 鵞足炎で注射が効かない場合の対策

鵞足炎

鵞足炎で注射をしても痛む。その理由は炎症が原因ではなく、筋肉や腱が固まったことが原因です。そんな場合には、筋肉や腱に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの元になってしまった筋肉や腱を施術する方法です。ですから、炎症が原因ではなく注射をしても痛みが続く場合なら施術が可能です。

注射をしても痛い。そして、膝を動かすと痛みが出る。そんな場合は炎症ではなく、筋肉や腱が原因なので施術の対象になります。

鵞足炎で膝の内側が痛む場合のトリガーポイント鍼療法

7 鵞足炎で注射をしても痛む方へ

鵞足炎で注射をしても痛む場合の理由、そして、その場合の対策などについて解説をしてきました。

鵞足炎だからといって、何でも炎症が原因ではありません。ですから、注射が効く場合や効かない場合があるのは当然です。注射が効くのは炎症が原因だからです。

そして、効かない場合は筋肉や腱に原因があることが大半。そんな場合、必要なことは原因になっている固まった部分がゆるむこと。

そのための対策もちゃんとあるということは紹介したとおりです。

注射をしても痛みが続くと、不安になったりガッカリしてしまうこともあると思います。ですが、注射が効かないのは、注射が悪いわけではなく単に原因が違うだけ。

そう考えれば安心ではないでしょうか。鵞足炎で注射が効かない理由、そして、その場合の対策について覚えておいていただければと思います。

鵞足炎で注射をしても膝の内側が痛むならこちらもどうぞ

まとめ

  • 鵞足炎で注射をしても痛みが取れないのは、痛みの原因が炎症ではなかったからと考えられる
  • 痛み止めの注射の役割は、炎症を抑えることにある。そのため、痛みの元が炎症でなければそもそも効果はない
  • 鵞足炎の痛みは、炎症と筋肉や腱が固まったことに原因がある。炎症なら痛み止めの注射の効果が期待できるが、筋肉や腱が原因なら他の対策が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。