膝裏の痛みはなぜ起こる?原因と対策5つのポイント

膝裏の痛みはなぜ起こる?原因と対策5つのポイント
Pocket

膝裏が痛む場合の原因は何でしょうか?

ランニングなどで使い過ぎによる筋肉の疲労、リンパの流れが悪い、腫れているなどいろいろなことが考えられます。

膝裏が痛くなる原因や、その対策にはどういったものがあるのか?そしてどうすれば痛みの対策になるのでしょうか?

これらについてまとめました。

1 膝裏が痛くなる原因は何?

まずは膝裏が痛くなる原因から解説していきます。

1-1 マラソンのトレーニングや歩き過ぎ、長時間立ったままなどによる筋肉疲労

膝裏が痛む原因として比較的多いのがこの筋肉疲労です。

例えばマラソンのトレーニングで長距離を走るとか、登山で長時間いたことによる筋肉疲労。また、立ち仕事で長時間立ったままでいることによる筋肉疲労。

こういった筋肉の使い過ぎで疲労が溜まり、膝の裏側やその周囲の筋肉が膝裏の痛みの原因になるというケースです。

1-2 変形性膝関節症

中高年層に見られる症状です。

簡単に言うと、膝の骨が変形したり軟骨がすり減った状態のことです。そのため膝裏に痛みが出る症状です。

ただ、MRIやレントゲンなどの検査で明らかに変形や軟骨がすり減った状態が見つかったとしても、変形や軟骨の減少そのものが膝裏の原因になることは少ないです。

1-3 ベーカー嚢腫

聞き慣れない名前かと思いますが、簡単に言うと膝の裏に水が溜まった状態です。

関節の周囲には袋があり、通常誰でも必要量は水が入っています。この水の量が例えば筋肉疲労や変形性膝関節症などにより炎症が起こり膝裏の水の量が増えてしまった状態がベーカー嚢腫です。

1-4 反張膝

これもベーカー嚢腫同様に聞き慣れない名前かと思います。

簡単に言うと、膝が後ろに沿っている状態のことです。通常は後ろに反らない構造の膝が後ろに反ることで膝裏が痛む症状を言います。

1-5 その他

その他に考えられるものとしては、捻挫や腱の炎症などもあります。リンパの流れが影響している場合もある程度は考えられるでしょう。

2 膝裏にこんな症状を感じたら要注意

膝裏の痛みが起きる原因をいくつか挙げました。

続いて、膝裏にどういう症状を感じた場合に気を付けなければいけないのかについてお伝えしていきます。

2-1 膝裏が明らかに腫れて膨らんでいる

膝裏が明らかに腫れて、まるでボールでも入っているかのように膨らんでいるようになってしまった場合。

こういう場合は、水がかなり溜まってしまっている可能性が高いです。近隣の整形外科を受診して医師の指示に従って下さい。

水が溜まっている場合、膝の曲げ伸ばしで痛んだり曲げづらかったりします。そんな状態でも水を抜くことでかなり楽になります。

水を抜くと癖になるのでは?と抵抗があるかもしれませんが、水を抜いても癖になることはありませんので大丈夫です。

2-2 痛みのため曲げることがほとんどできない

強い痛みのため曲げることがほとんどできない。軽く曲げようとしただけで激痛。

こういう場合は水が溜まっているか、筋肉や腱がひどい炎症を起こしている可能性があります。

痛みのためほとんど曲げることが出来なくなってしまった場合も、まずは整形外科を受診してください。

3 膝裏が痛む場合の施術法

ここからは、膝裏が痛む場合の施術法についてお伝えしていきます。

ただし、筋疲労が原因で当院で行っているトリガーポイント鍼療法の対象になる症状の施術についてお伝えしていきますのであらかじめご了承ください。

下記のような場合は整形外科を受診して下さいね。

  • ベーカー嚢腫で明らかに膝裏に水が溜まって大きく腫れている
  • 膝がかなり大きく変形してしまっている

こういった場合は、病院で水を抜いてもらったり、変形がかなりひどい場合は人工関節の手術が必要な場合もあります。ですからまずは整形外科を受診してください。

水を抜いてもらった後、再度たまらない状態にするためにはトリガーポイント鍼療法という方法もあります。

3-1 こんな場合は筋疲労が原因で膝裏に痛みが出ていると考えられます

まずは、膝裏の痛みが筋疲労によるものかどうかをチェックしてみましょう。

下記に該当する場合は筋疲労が原因と思われますのでご参考下さい。

  • 膝を深く曲げると膝裏が痛む
  • 階段の昇り降りで膝裏が痛い
  • 前かがみになると膝裏が突っ張って痛い
  • 膝裏の痛みのためしゃがめない
  • 膝裏が常に重だるい感じがする
  • 正座をすると膝裏が痛む、もしくは詰まるような感じがする
  • 歩いている時、立っている時に膝裏が痛む

他にも考えられますが、こういう状態の場合は筋疲労が原因で膝裏に痛みが出ていると考えられます。

3-2 膝裏の痛みとトリガーポイント鍼療法

膝裏の痛みの原因が筋疲労の場合、治療法にはさまざまなものがあります。そのうちの1つが当院で行っているトリガーポイント鍼療法です。

では、実際にトリガーポイント鍼療法ではどのように膝裏の痛みに対して施術を行っていくのかについて説明します。

まずは写真をご覧ください。

膝裏の痛み

膝裏で痛みが出やすい部分

写真にバツ印を付けています。

膝裏の痛みが出やすいのはまさにこの辺りではないでしょうか。もちろん、人によってはもう少し広い範囲で痛むこともあるかと思います。

そして、この部分に痛みが出る元となるのは膝周りの筋肉です。

次の2枚の写真をご覧ください。

膝裏の痛みに対するトリガーポイント鍼療法

膝裏周囲の筋肉に対して施術を行います

膝裏の痛みに対するトリガーポイント鍼療法

膝裏だけではなく膝周囲に対して広く施術を行います

2枚の写真それぞれに丸印を付けています。

これらが、トリガーポイント鍼療法で施術を行う部分です。

膝裏が痛む場合でも、前側にも施術をするの?と思った方も多いかもしれません。膝裏が痛む場合、原因となるのは膝裏の筋肉が多いですが、膝裏が痛むからと言って、原因も膝裏にしかないとは限りません。

ですから、原因が前側にもあれば当然前側にも施術を行います。

原因になりやすい筋肉は、太ももの裏側の筋肉、ふくらはぎの筋肉などです。

施術対象となる筋肉や靭帯の名前も挙げておきます。

  • 大腿二頭筋
  • 腓腹筋
  • ヒラメ筋
  • 膝窩筋
  • 足底筋
  • 大腿四頭筋
  • 膝蓋靭帯

これらが膝裏の痛みの原因になる可能性がある筋肉や靭帯です。

こういった筋肉や靭帯が疲労し、固まってしまうことで痛みの原因になるわけです。そこで、トリガーポイント鍼療法で施術をしていきます。

4 膝裏が痛む場合のセルフケア

筋疲労が原因で膝裏に痛みが出ている場合のセルフケアについてお伝えします。

4-1 膝裏を伸ばす

いわゆるストレッチですね。グイグイと力任せに伸ばすのではなく、前屈もしくは長座の状態で太ももの裏を伸ばすようにします。

4-2 長時間走ったり歩いたりした後に痛む場合は患部に湿布を貼る

マラソンのトレーニングや、登山で長時間歩いたりした後に膝裏が痛む場合は患部に湿布を貼るのが良いですね。

4-3 ふくらはぎや太もものマッサージ

筋疲労が原因で膝裏に痛みが出ている場合は、ふくらはぎや太ももの筋肉をマッサージするのも良いです。マッサージをしてその後に優しく伸ばしてあげるとさらに効果的ですね。

5 その他膝裏が痛む場合に気をつけたいこと

その他に膝裏が痛む場合に気を付けると良いことを挙げておきます。

5-1 テーピングはどう?

スポーツをしている方で膝裏が痛む場合、テーピングをするというのも1つの方法です。

テーピングだけで完全に痛みが治まるわけではないかもしれませんが、テーピングをすることで動きやすくなるならば良いでしょう。

5-2 サポーターは効果あるのか?

反張膝の部分で少し触れましたが、反張膝ではないにしてもサポーターをすることで痛みが和らぐのならばしても構いません。

ただし、サポーターをしても全く変わらないのであれば締め付けているだけになりますので外しましょう。

5-3 休めることも大事

筋疲労が原因の場合や水が溜まっている場合、膝裏の痛みは使い過ぎたことで起きていることが多いです。

ですから、休める時は休むことも必要です。

ただ、安静にすれ良くなるわけではありません。安静にして痛くないのは使っていないから痛くないだけです。

ですから、動かす時と休む時のバランスが大事ですね。

まとめ

  • 膝裏が痛む原因には、筋疲労、変形性膝関節症、ベーカー嚢腫、反張膝などがある
  • 膝裏が腫れて痛む、または激痛で曲げることもできないような場合はまず整形外科を受診することが大事
  • 筋疲労が原因で膝裏が痛む場合は、筋肉に対しての施術としてトリガーポイント鍼療法がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。