膝を曲げると痛い!膝の内側が痛む場合の原因は何?

LINEで送る
Pocket

膝を曲げると痛い。特に膝の内側が痛むので深くしゃがめない、正座が出来ない、階段も慎重になってしまう。

こういう状況になると困りますよね。

こんな膝を曲げると痛む症状の原因は何でしょうか?そしてどうすれば曲げても大丈夫になれるのでしょうか?

膝を曲げた時の痛みの原因などについてまとめました。

1 膝を曲げると痛いという場合の原因の多くはこれ

膝を曲げると膝の内側が痛いという場合、原因の多くは膝周囲の筋肉にあります。

膝周りの筋肉が硬くなってしまっているため、曲げると痛みが出るという状態なのです。

さらに筋肉が硬くなってしまっているため深く曲げきることが出来ないという状態にもなっているのです。

2 膝を曲げると痛みが出る時に考えられるその他の原因

膝を曲げると痛む場合、原因のほとんどは筋肉にあります。では、筋肉以外に考えられるものは何かということをいくつか挙げておきます。

  • 膝に水が溜まっている
  • 捻挫
  • 過度な変形
  • 過度な軟骨の減少
  • リウマチ

比較的考えられやすいのはこれらでしょうか。数は少ないとは思いますが骨折でも当然痛みは出ます。

過度な変形、過度な軟骨の減少と書きましたが、変形の程度や軟骨の減少の程度が少ない場合はそれらが痛みの原因になることはあまりありません。

3 筋肉が原因で膝を曲げると痛む場合はどうすれば良い?

筋肉が原因で膝を曲げると痛いという場合、筋肉が固まってしまっていることが痛みの理由ですから筋肉を緩める必要があります。

では、どうやって膝周りの筋肉を緩めれば良いのか?というと方法はいろいろあります。

当院ではこういった症状に対してトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。一般的なツボに対して施術をする鍼灸とは異なり、筋肉に出来たトリガーポイントという痛みの原因を直接施術します。

4 膝を曲げると痛い場合の原因になりやすい筋肉

膝を曲げると痛い場合に、原因になりやすい筋肉を写真で紹介します。

写真をご覧ください。

膝を曲げると痛む症状に対するトリガーポイント鍼療法

膝の内側、お皿の下、膝の外側の筋肉が原因になりやすい

膝を曲げると痛む症状に対するトリガーポイント鍼療法

太もも、ふくらはぎの筋肉も原因になりやすい

2枚の写真それぞれに印を付けています。

膝を曲げると内側が痛いという場合でも、原因は内側の筋肉だけとは限りません。外側や裏側にも原因が存在する可能性はあります。ですから、原因になっている部分すべてを探し出し施術することが必要です。

5 膝を曲げると痛い場合に気を付けて欲しいこと

膝を曲げると痛い場合、気を付けて欲しい事として鍛えるということがあります。

痛みがある=筋力がないからだ、と考えるのは間違いです。筋トレ自体が悪いわけではありません。痛みがある場合筋トレをすれば良いという考えが間違いということです。

筋肉が固まってしまっている状態で、そこからさらに鍛えるといつまでも固まった状態が続きます。動かすと楽だという方もいると思いますが、それは動かしたことにより一時的に緩んだだけです。

根本的に固まった状態が緩んだわけではありません。

筋トレに限らず、膝が痛いから早起きしてウォーキングしてみようとか、水泳なら負担が少ないから良いのでは?というのも同じです。

筋肉が固まって痛みが出ている場合は、必要以上に動かし過ぎない。これが重要です。

まとめ

  • 膝を曲げると痛いという場合原因の多くは筋肉が硬くなってしまったことにある
  • 膝を曲げると痛い場合に原因になる筋肉は膝の内側だけではなく外側や裏側も原因になる可能性が高い
  • 膝を曲げると痛いという場合必要以上に動きすぎないことが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。