膝に水がたまる症状でお困りの方に知って欲しい3つのポイント

鵞足炎の症状
Pocket

膝に水がたまる症状で歩く時に痛いとか、膝の曲げ伸ばしが痛い。

こういう時困りますよね。では、膝に水がたまった時はどうすれば良いのでしょうか?

膝に水がたまる原因や対策についてまとめました。

動画もご覧ください。

1 膝に水がたまる原因はこれ

膝に水がたまる原因は、簡単に言うと膝周囲に起きた炎症です。

例えて言うなら、風邪をひいて熱が出て鼻水も出ているという状態。

熱が炎症、鼻水が水と思ってもらえると良いです。

2 膝に水がたまったら抜いてもらうべきか?

膝に水がたまった時に抜いてもらうのが良いのか?それとも抜かないほうが良いのか?分かりませんよね。

また、膝の水を抜くと癖になるという話も聞いたことがあるかと思います。ではどうすれば良いのか?

膝に溜まった水を抜くかどうかはお医者さんの判断です。ですが、抜いたほうが良いくらいたくさん水がたまってしまいお医者さんも抜いたほうが良いと判断した場合は抜いてもらうのが良いです。

膝の水を病院で抜いてもらっても癖にはなりません。

何度か水を抜かないといけない状況の方もいるかと思います。しかし、必要があって何度か抜いても大丈夫です。

先ほど膝の水を風邪の時の鼻水に例えましたが、風邪を引いた時に鼻をかんでも癖にはなりませんよね。これと同じ。

癖にはなりませんので、お医者さんが水を抜いたほうが良いと診断された場合は従うのがベストです。

3 膝に水がたまらない状態にすることが大事

膝の水を抜いてもまた水がたまってしまうのは、簡単に言うと炎症がまだあるからです。

鼻をかんでも、そもそも風邪が治っていないと鼻水はまた出てきますよね。膝の水も同じです。

膝の水を抜いてもまたたまるのは、そもそも水がたまる原因になっている炎症が治まっていないからです。

また、膝周囲の筋肉の状態も良くないから再度溜まってしまうということですね。

膝の水を抜いて、その後再度たまらないようにするためには膝周囲の状態を元どおりにすることが大事ということになります。

まとめ

  • 膝の水がたまる原因は主に炎症
  • 膝の水を抜いても癖にはならない
  • 膝周囲の状態が元に戻れば水はたまらなくなる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。