膝の水を抜いた後でもまた水は溜る?水が溜らない膝にするために大切なこと

膝の水を抜いた後でもまた水は溜る?水が溜らない膝にするために大切なこと
Pocket

膝に水が溜って病院で抜いてもらった。

でもしばらくするとまた溜って腫れてきてしまった。こういう方は多いかもしれません。

では、こんな風に水が溜ってしまった場合どうすれば良いのでしょうか?そして、水を抜いた後に再度溜らないようにするために必要なことは何でしょうか?

膝の水を抜いた後のことについてまとめました。

動画もご覧ください。

1 膝の水を抜いた後に大切なこと

注射

膝の水を抜いた後に大切なことは、再度水が溜らない膝の状態にすることです。

当たり前と言えば当たり前ですね。

でもそもそも一度水を抜いてもまた溜ることってあるのか?と思う方も多いかもしれません。

膝に水が溜って病院で抜いてもらった後、しばらくしてからまた溜るということは珍しいことではありません。

一度で終わる方ももちろんいますが、何度か抜いてもらったという方も多いです。

2 どうすれば水が溜りにくい膝の状態になるのか?

膝に水が溜る原因

膝の水を抜いた後でも溜ることがあるのは分かった。ではどうすれば水が溜りにくい状態になるのか?

このことについてですが、答えは膝周囲の筋肉の状態が良くなれば水は溜りにくくなります。

そもそもですが、膝の水が溜るのには主に2つの原因があります。

  1. 膝周囲が炎症を起こしている
  2. 膝周囲の筋肉が固まってしまっている

これらが原因で膝に水が溜ります。それぞれについて詳しく説明していきます。

3 膝周囲が炎症を起こしているとはどういう状態か?

膝周囲が炎症を起こしている

膝周囲が炎症を起こしていることが膝に水が溜る原因の1つとお伝えしました。

では、膝周囲が炎症を起こしているとはどういうことかについて説明していきます。

炎症を起こしているというのは、簡単に言うと熱を持っているという状態です。風邪を引いたときに熱が出ることがありますがあれと同じと思ってください。

理由はいろいろありますが、例えば普段運動をしない人がランニングを始めてしばらくしたら水が溜ってきたという場合などが該当します。

要するに、使いすぎた結果疲労が抜けきらず熱が出たということとお考えください。

4 膝周囲の筋肉が固まってしまうのはなぜか?

膝の水

膝に水が溜るもう1つの原因として膝周囲の筋肉が固まってしまうからということを挙げました。

では、なぜ膝周囲の筋肉が固まってしまうのかというと、これも理由はシンプルで筋肉に疲労が溜り膝周囲の筋肉が肩こりのような状態になってしまったからです。

筋肉が固まってしまうと簡単に言うと循環が悪くなります。

そのため、水が溜り腫れてしまうということになるのです。

5 膝の水を抜いた後に再度溜らないようにするためには?

膝に水が溜らないようにするためには?

膝の水を抜いた後に再度溜らないようにするために必要なことは膝周囲の筋肉の状態を良くすることです。

膝に水が溜る原因として炎症と筋肉が固まっていることを挙げました。

ですから、水を抜くということ自体は必要なことなのですが、せっかく水を抜いても肝心の膝の状態が悪ければまた溜ってしまうのは当然といえば当然なのです。

なので、膝周囲の筋肉の状態を良くすることが何度も水を抜かなくて良い状態になるために必要なことなのです。

6 膝周囲の筋肉の状態を良くするためには?

膝

膝の水を抜いた後に再度水が溜りにくい状態にするためには、そもそも膝周囲の筋肉が固まったことで水が溜るので膝周囲の筋肉の状態を良くすることが大事だとお伝えしました。

では、どうやって膝周囲の筋肉の状態を良くするのかについていくつか方法を挙げたいと思います。

ストレッチ

太ももの前や裏の筋肉を優しく丁寧に伸ばすのが良いですね。臀部の筋肉も一緒にケアしてあげるとさらに良いです。

ただし、力一杯やれば良いとかや長時間やれば良いということはありませんので気をつけて下さいね。

マッサージ

ストレッチと同様、太ももの前や裏の筋肉、そして臀部の筋肉や股関節周囲の筋肉をマッサージするのが良いですね。

こちらもストレッチと同じくやり過ぎないように気をつけて下さい。

アイシング

スポーツをしている方や、日常的に歩くことが多い方で膝に熱感があったり腫れているという場合はアイシングが良いですね。

ただし、冷しすぎないように気をつけて下さい。

湿布や塗り薬

病院で処方された湿布や塗り薬がある場合はそれらを使用するのが良いです。

もしくは、薬局で相談して膝の周囲の筋肉の疲労を取ることを目的とした湿布や薬を使うのが良いですね。

湿布はかぶれやすい方は気をつけて下さい。

専門的な施術

セルフケアとしていろいろ試してもダメな場合は専門的な施術や治療が必要です。

鍼治療や整体、カイロプラクティックなどの治療院や、整形外科のリハビリなどでも良いですね。

7 膝の水を抜いても良いのか心配な方へ

膝の水を抜く

膝の水というと昔からなぜか「水を抜くと癖になる」という意見が出てきます。

ですが、これは間違いですしそもそも水を抜いても癖にはなりません。

何度か水を抜かないといけない場合は確かにあります。そのことが間違って癖になると捉えられてしまったのかもしれませんね。

膝の水は必要ならば抜いた方が良いです。そして、再度溜らないようにするためには膝周囲の筋肉の状態を良くすることが大事なのです。

お医者さんが水を抜いた方が良いと診断された場合は抜いてもらうのが良いですよ。

そして、膝周囲の筋肉の状態を良くなるようなケアをしていけば水が溜らないようになりますから。

まとめ

  • 膝の水を抜いた後に溜らないようにするためには膝の状態を良くすることが大事
  • 膝周囲の筋肉が固まると水が溜る原因になるので膝周囲の筋肉の状態を良くすれば水は溜りにくくなる
  • 膝の水を抜いても癖にはならないので必要な時は抜いてもらうのが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。