膝の痛みが外側にある時の原因は何?ランナーに多い腸脛靱帯炎の原因と対策まとめ

足のしびれ
LINEで送る
Pocket

膝の痛み外側にあり、歩いたり走ったりするとだんだん痛くなってくる。

こういった痛みはランナーに多いのですが、一般的には腸脛靱帯炎になっていることが多いです。

では、この膝の外側が痛くなる腸脛靱帯炎とはどういう症状で原因や対策はどうすれば良いのでしょうか?

膝の痛みが外側にある方はご参考いただければと思います。

1 膝の外側が痛くなる腸脛靱帯炎とは?

腸脛靱帯炎

膝の外側に痛みが出る症状に腸脛靱帯炎というものがあります。

これは、膝の外側にある腸脛靱帯という長い靱帯が膝の関節に当たるため痛みが出ると言われています。

ですが、実際にはそうではなく膝の外側周囲にある筋肉やそして腸脛靱帯が固まってしまっていることで歩いたり走ったりすると痛みが出ているという状態です。

2 なぜ膝の外側周囲の筋肉や腸脛靱帯が固まってしまうのか?

筋肉や腸脛靱帯が固まる理由

腸脛靱帯炎の原因は、膝の外側周囲の筋肉や腸脛靱帯そのものが固まってしまうため痛みが出るということをお伝えしました。

では、そもそもなぜ筋肉や腸脛靱帯が固まって痛みが出るようになってしまうのでしょうか?

簡単に言うと疲労が溜って抜けきっていないからです。使いすぎているということも考えられます。

例えばランナーの方であれば、練習をしてその疲れが溜ったままの状態が続くとだんだん筋肉や腸脛靱帯は固まってきてしまいます。

そしてある時を境にその固まった状態が痛みになって出てくるのです。

3 膝の外側が痛む場合の原因になりやすいのはここ

膝の外側が痛む場合に原因になりやすい筋肉と腸脛靱帯を写真で説明します。

写真をご覧下さい。

腸脛靱帯炎

写真の膝の外側に赤い印を3カ所付けています。

一番膝の外側にある赤い印の部分に該当するのが腸脛靱帯です。そしてそれ以外の2カ所は筋肉です。

主にこれらが固まってしまうことで歩いたり走ったりする際に膝の痛みが外側に出るようになるということですね。

4 膝の外側が痛む腸脛靱帯炎の対策

膝の外側が痛む腸脛靱帯炎の対策をいくつか紹介します。

4-1 鍼の施術

筋肉や腸脛靱帯が固まってしまい痛みが出ている場合なら、筋肉を直接施術するトリガーポイント鍼療法という施術があります。

当院で行っている施術の方法ですが、ツボとは違い固まってしまい痛みの原因になっている部分に鍼をするという方法です。

4-2 マッサージやストレッチ

筋肉や靱帯が固まってしまったことで痛みが出ている状態なら、マッサージやストレッチは良いでしょう。

腰やお尻、そして太ももといった具合に広い範囲で行うのが良いです。ただし、強引に揉んだり伸ばすことは止めましょう。

また、長時間やり過ぎると後から痛みが出てくることもありますから気をつけて下さい。

4-3 温める

筋肉や腸脛靱帯が固まったことで痛みが出ている場合、温めることでそれらが緩むこともあります。

ですから、入浴時にシャワーを当ててみたり湯船につかって温めるということをしてみて下さい。

その後で適度なマッサージやストレッチをするとさらに良いでしょう。

4-4 テーピングやサポーター

ランナーの方なら特にですが、練習の際にテーピングやサポーターをするという方法もあります。

ただ、これらはあくまでも補助的な役割ですから大きな効果は期待出来ないかもしれません。

テーピングやサポーターをすることで少しでも楽に感じるようなら継続するということが良いですね。

5 膝の痛みが外側にある時に気をつけて欲しいこと

膝の痛みが外側に出る腸脛靱帯炎になってしまった場合に気をつけて欲しいことを挙げますのでご参考下さい。

5-1 無理に歩いたり走ったりしない

膝の外側が痛む時に、その痛みを我慢しながら無理に歩いたり走ったりは当然良くありません。

動いているとそのうち楽になるという方もいると思いますが、それは動くことで良くなったわけではなく固まった筋肉や腸脛靱帯が一時的に少し緩んだというだけです。

ですから、痛みを我慢しながら動きすぎると結局いつまでも痛いままということになります。

5-2 マッサージやストレッチをやり過ぎない

筋肉や腸脛靱帯が固まってしまったことで痛みが出ている状態に対してマッサージやストレッチをするのは良いことです。

ですが、やり過ぎはマイナスです。

痛みがあるというのは怪我をしているということと同じです。その状態に対して無理に揉んだり伸ばしたりし過ぎると症状が悪化することも考えられます。

5-3 痛みを放置してしまう

膝の外側が痛む時に、軽い痛みだからそのうち良くなるだろうという具合に放置してしまう方は意外と多いです。

病院に行くのが面倒だとか、時間がないということもあるでしょう。それはよく分かります。

ですが、やはり早めの対策が良いです。放っておくことで痛みが増したり、場合によっては水が溜ったりというようにどんどん症状が悪い方向へ行くこともありますから。

軽い痛みのうちに早めの対策をしましょう。

6 膝の外側が痛む時に練習はどうすればいい?

腸脛靱帯炎

膝の外側が腸脛靱帯炎で痛む場合、ランナーの方は練習をどうすれば良いのかと迷うかと思います。

この場合、まずは治療に専念することが大事です。そして、練習を休めるなら休む、大事な試合等があるのなら軽く痛みの増さないレベルの練習で体力を維持するということが良いです。

痛みがあるのに無理をすれば結局いつまでも痛いままです。

その時の状況に応じて練習を休むか、少しだけ取り組むかを判断してみて下さいね。

7 筋肉や靱帯の手入れが大事

膝の外側が痛くなる腸脛靱帯炎は、筋肉や靱帯が固まってしまった結果起こる症状です。

つまり、何らかの治療等を受けて良くなったとしてもまた疲労が溜り固まってしまうと同じような痛みが出る可能性は誰にでもあります。

ですから、日頃の手入れが大事ということです。

毎日好きなだけ好きなものを食べていると体重が増えたり健康診断で引っかかったりしますよね。筋肉の状態もこれと同じです。

好きなだけ練習をしてその後は何もしないということが続けば当然筋肉にも疲労が溜ります。年齢が重なれば重なるほど回復も時間がかかります。

だからこそ、日頃から練習をした後のケアが大事なのです。

まとめ

  • 膝の痛みが外側にある場合は腸脛靱帯炎という症状が考えられる
  • 腸脛靱帯炎の原因は筋肉や靱帯が固まってしまったことで痛みが出ている
  • 固まってしまった筋肉や腸脛靱帯が原因で膝の外側が痛む場合はそれらを緩めることを目的とした対策が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。