腰痛は冷やす?温める?迷った時に知って欲しい8つのポイント

迷う
Pocket

腰痛がある場合、冷やすのが良いのか?温めるのが良いのか?どちらか迷うことはないでしょうか。

冷やすか温めるかについては、その腰痛の原因や状況によって変わります。ですから、単純にどちらかにすれば良いということではありません。

冷やすことが良い時、温めることが良い時があるということです。そうは言っても、どうやって使い分ければ良いのかとなってしまいますよね。

そこで今回は、腰痛になった場合に冷やす方が良い時と、温める方が良い時の違いやその他知って欲しいポイントを解説します。

腰痛で冷やすか温めるかで迷っている方は続きをどうぞ。

1 腰痛は冷やすのか?温めるのか?

黒板

腰痛は冷やすのか?温めるのか?どちらが良いのかと言うと、これは腰痛の原因や状況によって異なります。

腰痛と言っても、実は原因は複数あります。比較的多い原因を挙げると、炎症による腰痛や筋肉が原因のこともあります。また、どういう状況で腰痛になったかにより、冷やすか温めるかが変わります。

ですから、単純に冷やせば良いとか温めれば良いということではありません。何が原因で腰痛になっているか、そして、状況はどうなのか?ここで判断することが大切ですね。

2 冷やすと良いのは炎症が原因の腰痛

腰痛

腰痛で冷やすと良いのは、炎症が原因で痛みが出ている場合です。炎症とは、簡単に言うと熱が出ている状態。そのため冷やすのが良いということですね。

炎症による痛みはどんな時に出るかというと、安静にしていてもズキズキうずくような場合のことが多いです。

夜、痛みで目が覚めてしまうとか、ぎっくり腰になり腰が痛い。こういう場合は炎症が起きている可能性が高いです。ですから、冷やすのが良いということになります。

3 温めると良いのは筋肉が原因の腰痛

腰痛

腰痛で温めると良いのは、筋肉が固まってしまったことで痛みが出ている場合です。筋肉に疲労が重なると、固まって柔軟性を失います。

筋肉が固まったことによる痛みには特徴があります。それは、動きや特定の姿勢に伴って痛むということ。固まった筋肉を使うため、痛みが出るという状態ですね。

歩くと痛い、立ったままでいると痛くなる。そんな時は筋肉が原因。また、お風呂上がりは楽に感じるなら、温めるのが良いということになります。

4 炎症と筋肉の2つが原因のこともある

腰痛

腰痛の原因が、炎症によるものと固まった筋肉によるものの2つが同時に起きていることもあります。

こういう時は、どうすれば良いのかというと、まずは冷やすことを優先するのが良いですね。なぜなら、炎症に伴う痛みの方が比較的早く引くことが多いからです。

たとえばぎっくり腰になり、炎症による痛みと、筋肉が原因の痛みの両方が原因と思われるならまず冷やしましょう。そして、痛みが落ち着いてから温めるのが良いですね。

5 冷やすための方法と注意点

湿布

炎症が原因で腰痛になっている場合、冷やすための方法としては冷湿布が良いですね。触って明らかに熱感があるなら、市販の冷却シートなどを使うという方法もあります。

冷やす際の注意点としては、過剰に冷やし過ぎないということ。ですから、氷で冷やすということまでをしなくても良いです。湿布は消炎鎮痛剤ですから、それくらいで十分です。

湿布を貼る位置は、痛みを感じる部分で構いません。やや広い範囲で貼ると良いですね。ただし、かぶれやすい方は気をつけてください。かぶれやすい方は、塗り薬でも良いでしょう。

6 温めるための方法と注意点

シャワー

固まった筋肉が原因で腰痛になっている場合、温めるための方法としては入浴が一番簡単。もしくは、冬場なら貼るカイロを使うということでも良いですね。

温める際の注意点としては、冷やすことと同様に温め過ぎないようにするということ。温まると楽な場合でも、長湯をしたり、熱いお風呂に入るというのはやり過ぎです。

普段どおりに入浴してください。また、貼るカイロも低温やけどしないよう気をつけて使うようにしてくださいね。

7 冷やしても温めても痛む時は?

腰痛

腰痛のセルフケアとして、冷やしたり温めたりしても痛みが続く。こういう場合はどうすれば良いのかについて解説します。

7-1 炎症による痛みが続く場合

冷やしても痛みが取れず、夜も痛みで目が覚める日が続く。そんな場合は、痛み止めが良い場合があります。

炎症が原因の痛みに対しては、消炎鎮痛剤としての痛み止めが良いですね。整形外科や薬局で、医師か薬剤師さんに相談してみてください。

7-2 固まった筋肉による痛みが続く場合

温めても痛みが取れず、日常の動作や姿勢で腰が痛くなる。そんな場合は、固まった筋肉をゆるめる必要があります。

そのための方法の1つが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法。固まって痛みの原因になっている筋肉を鍼で施術する方法です。

入浴したり、カイロを貼る。その他ストレッチやマッサージなどでも治まらないなら、こういう鍼の施術もあることを知ってもらえればと思います。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

8 腰痛を冷やすか温めるかで迷っている方へ

腰痛になった場合、冷やすか温めるかというのは意外と迷ってしまうことだと思います。

腰痛と言えば、温める方が良いようなイメージがある方が多いかもしれません。ですが、今回紹介したように、炎症が原因の時に温めるのは逆効果。

そして、筋肉に原因がある場合なら、冷やすことはほとんど意味がありません。

実際に、どちらが原因かを判断するのは難しいかもしれません。ですが、冷やす方が良い時、温める方が良い時があるということを知っておくだけでも対応が変わります。

さらに、セルフケアでは治まらない場合でも、専門的な対策もあるということは忘れずにいてもらえればと思います。

腰痛で冷やしたり温めたりしても治まらないという方はこちらもご参考ください

まとめ

  • 腰痛を冷やすのか温めるのかは、その腰痛の原因が何かによって決まる
  • 腰痛の主な原因は、炎症と固まった筋肉。炎症の場合は冷やし、固まった筋肉の場合は温める。2つの原因が同時の場合は、冷やすことを優先するのが良い
  • 冷やす方法としては、冷湿布や冷却シートがある。温める方法としては、入浴や貼るカイロがある。どちらも過剰にならないようにすることが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。