腰痛になった時にやってはいけないことは?悪化する可能性があることまとめ

バツ
LINEで送る
Pocket

腰痛になってしまった場合、やってはいけないことがいろいろあります。

早く腰痛を何とかしたいとの思いから、良かれと思って取り組んでいることが実は悪化の原因のことも珍しくありません。

では、具体的に腰痛がある場合に、やってはいけないことは何なのか?そして、なぜやってはいけないのか?について解説をしています。

また、良いと思って取り組んだことで、逆に悪化してしまった場合はどうすれば良いのかについても解説をしています。

腰痛でやってはいけないことを知りたい方は続きをどうぞ。

1 腰痛でやってはいけないこと

黒板

腰痛でやってはいけないことは複数ありますが、その中でも多くの腰痛の方に該当することが必要以上に動くことです。

腰痛の原因には、考えられる要因がいくつかあります。特に多いのが、筋肉が固まってしまったことによる腰痛。この場合は、必要以上に動くといつまでも腰痛が治まりません。

良くなりたいとの思いから歩いたり、体操をしてみたりする。ですが、やり方を間違ったり、必要以上にやり過ぎると逆効果ということですね。

もう少し具体的に解説をしていきますので続きをどうぞ。

2 腰痛でウォーキングをしても良いか?

ウォーキング

腰痛でウォーキングをしても良いか?と迷うことはないでしょうか?どうすれば良いかというと、痛みが強い時は当然ダメですが、判断に迷うのは痛みが軽い場合ですよね。

ただ、いくら痛みが軽いといっても、歩けば治るというものではありません。ですから、治すために歩くというのはやってはいけないことです。

ですが、かなり腰痛は治まってきている。そのため、再発予防としてまずは簡単に取り組めるウォーキングからというなら良いでしょう。ただし、いきなり長く歩き過ぎないようにしてくださいね。

3 腰痛がある時に筋トレをしても良いか?

トレーニングマシン

腰痛がある時に、筋トレで鍛えれば良いのでは?と思う方もいるかもしれません。腹筋・背筋をして鍛えれば良いということも言われますが、これは間違いです。

ですから、腰痛を鍛えて治そうとすることは、やってはいけないことになります。固まった筋肉が原因の腰痛は、筋肉に疲労がたまってしまった結果です。

その状態でさらに筋肉に負荷をかけると、痛みが続いたり悪化の原因になります。ですから、鍛えて治すは間違い。良くなってから、再発予防として取り組むようにしてください。

4 腰痛に対してストレッチやマッサージをしても良いか?

マッサージ

腰痛がある時に、ストレッチやマッサージをしても良いのでしょうか?これに関しては、やり方が大切ということになります。

痛みが強い腰痛に対して、グイグイ伸ばしたり、強く揉むことはやってはいけないことです。ですが、適度な加減と時間でのストレッチやマッサージなら良いですね。

ですから、腰痛の程度が強ければ、優しく軽く。かなり腰痛が治まっているとしても、やり過ぎないように注意して行ってください。

5 腰痛になったら冷やすことは良いか?

アイシング

腰痛に対して、冷やすことはやっても良いかどうかというと、これはその時の状況によります。

ぎっくり腰や、その他炎症が起きて痛みが出ている場合なら一時的に冷やすことが良いです。ですが、腰痛と言っても、慢性的な腰痛なら冷やすより温める方が有効。

ですから、腰痛=冷やすは間違い。そして、逆の腰痛=温めるも間違いとなります。原因が何かによって冷やすか、温めるかを使い分ける必要があるというのが正解ですね。

腰痛は冷やす?温める?迷った時に知って欲しい8つのポイント

6 腰痛にコルセットをしても良いか?

コルセット

腰痛に対して、コルセットや腰痛ベルトは対策として良いように思えますよね。ですが、実際にそれらを使ってみて、楽になるなら良いですが変わらないなら着ける必要はありません。

ですから、やってはいけないとまでは言いませんが、着けても変わらないなら締め付けているだけになります。そんな場合は外してください。

着けて楽なら使う。しかし、着けても何も変わらないなら、むしろ外すほうが体にとっては良いということですね。

7 腰痛が悪化した場合はどうすれば良い?

腰痛

腰痛がある時に、良かれと思って取り組んだことが悪い結果につながってしまった。こんな風に、腰痛が悪化した場合はどうすれば良いのでしょうか?

原因別に考えられる対策を挙げてみます。

7-1 安静時でもうずく場合

腰痛が悪化してしまい、今までは安静にしていれば痛くなかった。でも、悪化してからは安静時でもズキズキうずく。夜も寝返りをしたわけでもないのに痛くて目が覚める。

そんな状況なら、炎症による痛みが強く出ていると考えられます。炎症というのは熱による痛みとお考えください。こういう場合は、消炎鎮痛剤が必要ですね。

整形外科を受診して、医師に腰痛の状況を伝えてください。そして、痛み止めが処方されたなら服用するのが良いですよ。

7-2 動作による痛みが増した場合

腰痛が悪化して、歩いたり、立ち上がるなどの動作時の痛みが増してしまった。この場合、考えられる原因は筋肉にあります。

固まって腰痛の原因になっていた筋肉が、さらに固まってしまったことで痛みが増してしまった状態ですね。こういう場合に必要なのは、その筋肉がゆるむこと。

方法の1つとしては、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。固まって痛みの原因になっている筋肉を施術する鍼の方法です。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

8 腰痛対策で何をすれば良いか迷う方へ

腰痛になった場合に、比較的多くの方が取り組む対策についてやって良いのか?やってはいけないのか解説をしてきました。

一般的に良いとされているようなことでも、誰にでも当てはまるわけではありません。その時の原因、状況、状態によって変わるということ。

その判断は難しいと思います。だからこそ、勝手な自己判断こそ、本当は一番やってはいけないことなのです。

かかりつけの医師や施術家など、あなたの体のことを知っている専門家に判断を仰ぐのが良いですね。迷ったら、悪化してしまう前にまず相談してみてください。

そして、もし悪化した場合でも、ちゃんと対策があるということを忘れずにいてもらえればと思います。

腰痛でお困りの方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰痛でやってはいけないことは、筋肉に負担のかかるようなこと。なぜなら、腰痛の原因として多いのが、固まった筋肉が原因の場合だから
  • 腰痛の原因が筋肉にある場合、ウォーキングや筋トレなどで治そうとするのはやってはいけないこと。良くなってから、再発予防として取り組むのが良い
  • 腰痛が悪化した場合は、炎症が原因なのか、筋肉が原因なのかで必要な対策が異なる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。